2014年02月28日

HgdmC


タイトルは保護魂の略語です。ほごだましい。
犬の保護活動とはいかなるものであるべきか、
そんな感じのことを表す言葉ですね。
レスキューソウルとか言っちゃってもいいかもしれません。
ちなみにさっき作った言葉です。ヨソで言っても通じないでしょう(すまん
いくつかにわけて保護魂を語る予定です。

・HgdmC 量か質か
・HgdmC 味方は誰
・HgdmC 主点は犬か人か
・HgdmC 保護予備軍
・HgdmC 強くなれ
・HgdmC 賢くあれ
・HgdmC ハードルの下げ方
・HgdmC それならなんとか

予定は未定ですのでタイトルの変更などあるかもしれません。
(あんまり深く考えないで突っ走ろうとする証拠)
いつでも変わりなくダラダラしてますがよろしくお付き合いくださいませ。




***********************************
***********************************
2014年2月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************


そらくんがんばれ月間再開 オダ君のバナーはまだできてません 
banner (2).gif
にんきブログランキング


「ツイート」の右となりの「ブックマーク」をクリックするとmixiやその他ソーシャルボタンが出ます。


posted by あきこ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物愛護論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

【終了】飼い主さん募集中


パピヨンとトイプードル、どちらもオスで保護後に去勢済み

無責任などこかの誰かのずさんな繁殖でこの世に送り出されました。
繁殖者が生産責任をまるっきり放棄してもイイヨな人間社会に生み出され、
不要犬の立場に置かれ、あわやのところで殺処分を免れて。

多くの方の善意によってただいま良き家庭犬に生まれ変わるべく修行中の身で、
新しい飼い主さんと出会える日を絶賛待機中です。犬ですから全裸で待機かもしれませんね。
犬たちの居場所は関東です。

t02200194_0800070612858921008.jpg

基本情報

犬種:パピヨン
年齢:推定3〜6歳
性別:オス 去勢手術済み
フィラリア陰性
検便検査・:異常無し
狂犬病ワクチン:実施済み
混合ワクチン:8種混合接種済み
体重:4.8キロ 
色 :白・茶・黒 (ただしトライではなく白茶)
仮名:そら
愛護センターから引き受け


oda-2-20-3.jpg

基本情報

犬種:トイプードル
年齢:6歳(確定)
性別:オス 去勢手術済み
フィラリア陰性
狂犬病ワクチン:本日現在未接種 (接種予定あります)
混合ワクチン:8種混合接種済み
体重:4.8キロ 
色 :黒
仮名:オダ君
(飼い主によるセンター持込→処分です)

※そらくんオダ君とも詳細は情報発信元のhttp://ameblo.jp/lmt-one/をご覧ください。
※お手数をおかけしますが飼い主になってくださる方はこちらにも必ず目を通されてください。
http://ameblo.jp/lmt-one/entry-11517141769.html
http://oogataken.web.fc2.com/ 
全て熟読した後アンケートに記入し上記からメールでご連絡ください


-----

この犬たちに関することも含め、犬の保護活動へのご助言、ご意見、ご質問、ご不安な点、
などがありましたらどんなことでもどちら様もご遠慮なくお聞かせください。
それから、この情報の拡散は大歓迎です。
どこからどんな縁がつながるか、誰にもわからないものですからね。(ウインクしながら書いてます





***********************************
***********************************
2014年2月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************


そらくんはセンター出身保護パピヨンです。うまいこといきませんでした。次は良いご縁がありますように。
banner (2).gif
にんきブログランキング


「ブックマーク」をクリックするとmixiやその他ソーシャルボタンが出ます。

posted by あきこ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 供血、保護、お知らせなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

獣医療費が高い


最近の検索ワードより
・動物病院 ○○○病 治療費 いくら
・犬 手術 分割払い
・獣医 割引
・○○○市 安い獣医

高いですよねー獣医療費は。
たいしたことない症状でもお薬が3日分出たら1万円くらいで普通ですもんね。
我が家の犬猫たちは平均して病気知らずで過ごせていますが、
ちょっとしたことで動物病院に行く時は最低でも現金2万円とクレジットカードを確認します。心配で。

飼い犬にどれだけ惜しみなくお金を使えるか、みたいな考えは好きじゃないんですが、
治療費が高いから治療しないって飼い主さんを見かけるとやるせない気持ちになることもあり。
高額すぎて支払えないだけじゃなく、犬にそこまで予算を割かない考えの人もいますね。
人それぞれと言ってしまえばそれまででしょうが、やっぱり見聞きするとやるせないことこの上ないです。

最近ではペット保険が一般的になってきているので、加入済みの人も多いかと思います。
が、ワタクシは申し訳ないけれどペット保険の制度がどうも腑に落ちなくてしかたありません。
アニコムさんの充実した資料を当ブログでも活用させていただいておきながらアレですけどね。
でも、犬の繁殖の観点では、飼い主だけが飼い犬の責任を負うことで、
繁殖者の無責任さを加入者みんなで応援している状態がまったくないわけではないので。
おっとそんな話ではなくて。

公益社団法人日本獣医師会では「小動物診療料金」についてこのように説明しています。引用はじめ
http://nichiju.lin.gr.jp/small/ryokin.html

獣医師の診療料金
獣医師の診療料金は、独占禁止法により、獣医師団体(獣医師会等)が基準料金を決めたり、獣医師同士が協定して料金を設定したりすることが禁じられています。  
つまり、現行法のもとでは獣医師は各自が料金を設定し、競争できる体制を維持しなければならないことになっております。したがって動物病院によって料金に格差があるのはやむを得ない状況と言えます。この点についてどうかご理解ください。
こうした中、日本獣医師会では関係する皆様の参考に資するため、平成11年に全国規模の小動物診療料金の実態調査を行いましたので、その結果をご紹介します。

平成11年に実施した実態調査により、全国1,631名の小動物臨床獣医師から得られた回答をもとに集計

例:不妊手術料金(犬・メスの場合)
手術料(技術料)        24,176円(平均値)
麻酔料(吸入)         9,374円(平均値)
入院料(大型・中型犬、3日間) 9,501円(平均値)
薬剤料、その他
合  計            約45,000円前後

この他の診療料金も、通常はいくつかの診療項目を合算した場合がほとんどです。
具体的にどのような診療を受けた(または受ける)のか、主治医にご確認下さい。

引用おわり
今は平成26年ですが料金はおそらくほとんど変化していないんじゃないでしょうかね。
当ブログの避妊去勢アンケートに日本は不妊手術の料金が高いというコメントがありましたが、
アメリカやイギリスでは市民団体?などの寄付で運営される不妊手術専門動物病院なんかがあって、
「約45,000円前後」に比べたら桁がひとつ少ないくらい(もしくは無料)でおこなわれるそうです。
5千円ほどで不妊手術できるなら子犬子ネコの殺処分数が激減するだろうなと夢見ますが、
あちこちに寄付をするという習慣も、寄付の授受を適切に監査する習慣もないので、
夢は夢で終わらせて現実を見たほうが早そうですね。
いやいやそんな話でもないのでした。

4万5千円が高くて払えない人には、この程度の金額ならば貯金しなさいというほかありませんが、
10万円が高くて分割したい人には、分割で受け取ってくれる人に相談しなさいよと思います。
ネットで検索してる場合じゃなくて。
あと、毎年の狂犬病予防接種と、混合ワクチンやフィラリア・ノミダニ予防を
毎回そこの動物病院で受けていれば分割に応じてくれる確率が上がりそうかなっと思います。
ってゆーかもしワタクシならば、犬の命がかかってるのなんの言われても、
信用できる材料がない人間相手に分割払いや後日払いに応じようとは思わないです。
慈善事業じゃないんだよ!って血も涙もないのはワタクシだけで、そんな獣医師は少ないでしょうが。

割引は、ワタクシはわかりません。
安い獣医調べは、地域の口コミが一番でしょう。





***********************************
***********************************
2014年2月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************


そらくんはセンター出身保護パピヨンです。新しい飼い主さんに出会えそうです。うまくいきますように。
banner (2).gif
にんきブログランキング


「ブックマーク」をクリックするとmixiやその他ソーシャルボタンが出ます。

posted by あきこ at 00:42| Comment(5) | TrackBack(0) | 犬系Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

マックスのラブレター


時間が経ってもいいものはいいね。
いつか自力で納得の翻訳をしたいです。

A Message from Max

コピーライトマークJ.D.Ellis 2001
rottweilerdriver@aol.com


My name is Max and I have a little something I'd like to whisper in your ear.
I know that you humans lead busy lives. Some have to work, some have
children to raise.
It always seems like you are running here and there, often much to fast,
often never noticing the truly grand things in life.
Look down at me now, while you sit there at your computer. See the way my
dark brown eyes look at yours? They are slightly cloudy now, that comes with
age. The grey hairs are beginning to ring my soft muzzle. You smile at me;
I see love in your eyes. What do you see in mine?
Do you see a spirit, a soul inside who loves you as no other could in the
world? A spirit that would forgive all trespasses of prior wrong doing for
just a simple moment of your time?

That is all I ask. To slow down if even for a few minutes to be with me.
So many times you have been saddened by the words you read on that screen,
of others of my kind passing. Sometimes we die young and oh so quickly,
sometimes so suddenly it wrenches your heart out of your throat. Sometimes
we age so slowly before your eyes that you do not even seem to know, until
they very end, when we look at you with grizzled muzzles and cataract
clouded eyes. Still the love is always there, even when we take that long
sleep, to run free in distant lands.

I may not be here tomorrow; I may not be here next week. Someday you will
shed the waters from your eyes, that humans' have when deep grief fills
their souls, and you will be angry at yourself that you did not have just
"One more day" with me.

Because I love you so, your sorrow touches my spirit and grieves me. We
have Now, together. So come, sit down here next to me on the floor. And look
deep into my eyes. What do you see? If you look hard and deep enough we will
talk you and I, heart to heart. Come to me not as "alpha" or as a "trainer"
or even a "Mom or Dad", come to me as a living soul and stroke my fur and
let us look deep into one another's eyes, and talk. I may tell you something
about the fun of chasing a tennis ball, the scent of a cool spring breeze or
I may tell you something profound about myself, or even life in general. You
decided to have me in your life (I hope) because you wanted a soul to share
just such things with. Someone very different from you but yet a kindred
non-judgmental soul, and here I am. I am a dog, but I am alive. I feel
emotion, I feel physical senses, and I can revel in the differences of our
spirits and souls. I do not think of you as a "Dog on two feet" I know what
you are. You are human, in all your quirkiness, and I love you still.
Now, come sit with me, on the floor. Enter my world, and let time slow down
if even for only 15 minutes. Look deep in my eyes, and whisper to my ears.
Speak with your heart, with your joy and I will know your true self and you
will know mine. We may not have tomorrow, and life is oh so very short.

Love,

Max, (on behalf of all canines everywhere)


-------------------------------------------------------------------------

May be reposted and shared freely as long as this credit appears with the
post given to J.D.Ellis 2001, rottweilerdriver@aol.com

おしまい




***********************************
***********************************
2014年2月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************


そらくんはセンター出身保護パピヨンです。新しい飼い主さんに出会えそうです。うまくいきますように。
banner (2).gif
にんきブログランキング


「ブックマーク」をクリックするとmixiやその他ソーシャルボタンが出ます。

posted by あきこ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物愛護論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

「センターに行ってきた」


たいていの人が良い気分になることのない話題です。
でも、愛犬家なら勇気を出してセンター見学レッツゴー。
行けない人のために行った人から話を聞いてみよう。

ツイッター経由で「さいごのごはん」というブログタイトルを拝見し、
のぞいてみましたらあちこちのブログを紹介したくなりました。
全国各地の動物愛護・管理センター訪問記をつづっておられる方々です。
サイト名等敬称略させてくださいませ。


熊本県 今日もさんぽ日和
http://ameblo.jp/saratorody/entry-11727560959.html

地域不明 1Click Animals
http://www.1click-animals.net/exp03.htm

札幌市 ねこたまご
http://ameblo.jp/may1119/entry-11733124619.html

新潟県 icoro
http://www.icoro.com/200910124269.html

千葉県と東京都 ?サイト名わかりませんし2002年頃のものですがオススメ。これぞレポート
http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/7717/

千葉県(たぶん) marico's family
http://marico247.seesaa.net/article/12158871.html

川崎市 犬と猫と仲間達
http://dog-lady.blog.so-net.ne.jp/2012-08-19

兵庫県 長瀬たけし活動報告
http://blogs.yahoo.co.jp/nagase_takeshi/24307776.html

神戸市 安倍昭恵のスマイルトーク  
http://www.akie-abe.jp/index.php?ID=498

広島市 動物保護団体パウズハートの活動日誌  ★写真がキレイ
http://pawstoday.exblog.jp/19737040/

岡山県 そうにゃんだ!  ★超オススメ
http://animalhearts0.blog.fc2.com/blog-entry-33.html


いくつか覗かれた方、クリックしなかった方、どちらさまもお疲れ様です。
収容室にいる犬たちを一度でも見てしまうと、あまりの辛さに何かを呪わずにいられなくなります。
多くの人は真っ先に放棄した張本人である元飼い主に怒りを向けるようです。
元の飼い主が悪くないとは言いませんが、放棄と殺処分のおおもとは繁殖の問題に行き着きます。

犬の繁殖をして子犬を「優しい里親さん」に譲った人は、
飼い犬を放棄した心無い飼い主よりずっと罪が重いことがままあります。
それは手元から離す子犬の生殖面になんの注意も払わなかった時ですから、
犬の繁殖をしたことがあるなら誰にでも当てはまるってこと。
業者登録しているブリーダーも、一般家庭の素人繁殖も。


子犬を生ませてばら撒く際にその子犬の去勢避妊について、
「人それぞれ」「飼い主が決めること」なんて言ってるうちは、
センターに犬を持ち込む人間とどっこいどっこいです。





***********************************
***********************************
2014年2月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************


そらくんはセンター出身保護パピヨンです。新しい飼い主さんに出会えそうです。うまくいきますように。
banner (2).gif
にんきブログランキング


「ブックマーク」をクリックするとmixiやその他ソーシャルボタンが出ます。

posted by あきこ at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 殺処分・保護問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

ベルクマンの法則


にゃーにゃーにゃー。2月22日もネコの日なんだにゃー。

ベルクマンの法則にしたがう種、クーガ
file000978589137.jpg


先日世界一大きなネコとしてライガーを紹介しましたが、やつらはネコ目ネコ亜目ネコ科ヒョウ亜科ヒョウ属、
イエネコはネコ目ネコ亜目ネコ科ネコ亜科ネコ属、
クーガはネコ目ネコ亜目ネコ科ネコ亜科ピューマ属だそうで、よりネコさんに近そうです。
主食はネズミでたまにバッタも食べちゃうそう。
体はオスがメスよりやや大きくて、どちらも人間の成人男性・女性と似たような体格。
そのサイズの大型ネコのわりにはあんまり人間を襲わないらしい。

ベルクマンの法則というのは、寒い地方に暮らす動物ほど体が大きいというアレです。
今のワタクシたちは簡単に確認できるので当たり前のことですが、この法則が発表されたのは1847年。
我が国では弘化3年(弘化は天保の次)、11代徳川家慶将軍の時代です。
日米修好通商条約(鎖国の終焉)が結ばれる10年位前という見方をすると驚き倍増です。
すいません、「驚いた」と書きたかっただけなんで、法則のうんちくは控えます(笑





***********************************
***********************************
2014年2月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************


そらくんはセンター出身保護パピヨンです。新しい飼い主さんに出会えそうです。うまくいきますように。
banner (2).gif
にんきブログランキング


「ツイート」の右となりの「ブックマーク」をクリックするとmixiやその他ソーシャルボタンが出ます。

posted by あきこ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

避妊去勢の弊害???


この記事の一つ前のものにいただいたコメントが大変興味深い話題なので別立てします。
どちらさまもお気軽にご意見ご感想をお寄せください。

-----
10月9日の記事を消した方が良いですよ。
下記の論文を検索して読んでみてください
犬の避妊・去勢による健康上のリスクと利点 ・・長期観点から統計調査・・
Laura J. Sanborn, M.S. 理学修士    May 14, 2007
ニュージャージー州立ラトガーズ大学 准教授 獣医学Chair(部門総括教授)
Larry S. Katz PhD(博士)

この論文は有名で勉強熱心な獣医は読んでいます。
避妊去勢手術による甲状腺の機能低下、アレルギー、特定のガンの発生、症状の重い認知症などetc…
Posted by 正しい情報 at 2014年02月21日 22:28
-----

10月9日の記事とは→ 2013年10月09日「犬の不妊手術 手術はしないのご意見 第2弾の2」


●正しい情報さん●

はじめまして、コメントありがとうございます。

>10月9日の記事を消した方が良いですよ。

いくらネットとはいえそんな卑怯な真似を他人に勧めちゃダメですよ。
まあ勧められても私は間違ったら謝罪と訂正をしたい派なので削除は極力避けていますが。

その論文は仰るとおり有名なので勉強嫌いな一般飼い主の私も当然目を通しています。
タイトルはLong-Term Health Risks and Benefits Associated with Spay / Neuter in Dogs
この論文がどこに出されたものなのか私はわかりませんが、全文が載っていそうなサイトを紹介します。
pdfです。
http://www.naiaonline.org/pdfs/LongTermHealthEffectsOfSpayNeuterInDogs.pdf

甲状腺機能低下症(Hypothyroidism)については6ページに記載がありますね。
「去勢犬は未去勢犬に比べて甲状腺機能低下症の発症リスクが3倍高い」の部分ですね。
この箇所の参考文献は「26」で、この話題はもともとNCBIに概要があるのでたまたま私は確認済みでしたが、
「87年から92年の間にアメリカのとある動物病院に甲状腺機能低下症の治療に来た犬」の内訳なんです。
つまりローラさんの論文のこの部分は、アメリカのどこかの地域の獣医師が6年間で3万頭くらいの犬を診察しました。
いろんな理由で受診した3万頭の犬のうち66頭が甲状腺機能低下症でした。
その66頭のうち不妊済み犬(オスメスの記述見当たらず)が40頭くらいでした。
と読めますね。

病気ごとに個別の断りがないため誤解しやすいのかもですが、
イントロダクションにあるとおりretrospective study=後ろ向き研究=過去の症例結果のまとめです。
未不妊オスメスに比べて甲状腺機能低下症発症不妊済みオスメスがここでは多かったのは事実でしょう。
ただ、この病気は犬では遺伝子検査対象の犬種がいて遺伝形式もほとんど解明されている遺伝性疾患なので、
去勢をしたかどうかではなく発症犬の血縁犬の情報が重要になってくると思われます。
発症の引き金の一つになるケースはあるかもしれない、しかし甲状腺機能低下因子の有無は不妊手術に直接関わらない、です。
少なくともローラさんの論文に年齢と犬種の詳細があれば記事にしたいと考えたことがあるので。

なぜなら、結論部分でも触れていますが、アメリカでは地域によって(?)早期不妊手術が一般的だそうです。
早期とは生後7週前後あたりを指すようで、この論文の他の項目には「生後5ヶ月より前の避妊」「伝統的な6ヶ月での去勢」「1歳前の不妊と1歳以降の不妊」など、
時期についての記述がいくつか見られ、さまざまな理由で犬の避妊去勢は勧めるが、
幼すぎる子犬ほどリスクが高まるのでより注意すべき、が主流なので。

犬の不妊処置に反対したくて高リスクであることを証明するナニカを探すのは自由ですが、
避妊去勢の弊害を手放しに褒め称える先進諸外国の学術論文は、探し損になっちゃいそうですね。





***********************************
***********************************
2014年2月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************


そらくんはセンター出身保護パピヨンです。新しい飼い主さんに出会えそうです。うまくいきますように。
banner (2).gif
にんきブログランキング


「ツイート」の右となりの「ブックマーク」をクリックするとmixiやその他ソーシャルボタンが出ます。

posted by あきこ at 00:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 不妊処置−避妊と去勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

毛色遺伝子の優先度 2


犬の毛色の遺伝の話の取っ付き難さについて。
Aシリーズがアグーチで劣性でBシリーズはチョコ(レバー)か優性の非チョコで、
といきなり記号込みで優劣を語られてもなんのこっちゃと思う場合、
なんかわかりやすい図解があればいいのにと嘆いたことはワタクシもありました。
なのでウインドウズのペイントで作ってみました。(お手軽ー)
2014年01月22日の記事 毛色遺伝子の優先度などと合わせてご覧ください。

※※すべての記述において省略していますが「基本的に」「だいたいそんな感じみたい」
を頭にもお尻にもくっつけてお読みくださいますよう。
また、実際にこの順番で胚の発生が進むわけではありません(んなこたそもそも知らんがな)。
あくまでも理解の一方法としての提案でございます。


毛色遺伝子影響順.JPG


1番。まずAシリーズでユーメラニン(黒)とフェオメラニン(茶)の分布域を決めます。
4種類の対立遺伝子はどれも劣性の因子ですが、その劣性因子に優先度が決まってます。
ay ほとんどフェオメラニン
aw 1本の毛がしましま。根元(肌に近いほう)がフェオメラニン、毛先がユーメラニン
at タンポイント部分がユーメラニンで残りはフェオメラニン
a  最劣性で全身ユーメラニン、黒い犬になる(外見上のKシリーズとの区別は誰にもつかない)

横道:Aシリーズで決定された分布域のうち、フェオメラニンの明るさをどうするかCシリーズが関与。
C もともとのフェオメラニンのまま、茶色のまま(例 ダックスのブラタン)
cch フェオメラニンを薄くする、クリーム色  (例 ダックスのブラクリ)

2番。Aシリーズで決定された分布域のうち、そのまま従うか黒さを増すかKシリーズが関与。
KB  優性の黒、ドミナンブラック。Aシリーズで決められたフェオメラニン分布域さえも黒くする
kbr  ブリンドル。Aシリーズで決められたフェオメラニン部分に黒を増やす。増やし方は基本しましま
ky  Aシリーズに逆らわない、KとしてはAに何もしない

3番。Aシリーズで決定された分布域のうち、ユーメラニンの色調をどうするかBシリーズが関与。
B 黒い
b チョコ(レバー)色

横道:Aシリーズで分布が決まったユーメラニンのBシリーズの明るさをどうするかDシリーズが関与。
D  なにもしない
d  ユーメラニンを薄ーくする。ダイリュート、ダイリューション。
   黒のダイリュートはブルー、チョコのダイリュートはワイマラナーの毛色(イザベラとかライラックとか)

4番。Eシリーズは「拡張と制限」を担当していて、今までに決まったことを拡張したり制限したりの働き。
EM  ブラックマスク。Aシリーズで「顔面はだいたいフェオメラニン」と決めたのに、「いいや顔は黒くする」
   と言って(言わない)主に口元と耳にユーメラニンの分布域を勝手に増やす
EG  グリズル。この因子の持ち主は今のところアフガンとサルーキのみ
   (日本は別。ダックスやちわわにもある。ポメにもたぶんある。)
   EGはKシリーズがky/kyでAシリーズがat/atの時のみ富士額
E  今までにいろいろ決まったものにあまり手出しをしない(拡張するそうだがそんなにでしゃばらない)
e  最強。
  Aシリーズが黒と茶の分量を決めたりKシリーズがそれを覆して真っ黒にしたりがんばってるのに、
  Eシリーズの劣性因子 e がホモ接合するだけで( e/e )ユーメラニンを封じ込めてフェオメラニンのみにする。
  黒ラブ同士から黄ラブが生まれる、黒い犬同士から茶色やクリーム色が生まれる不思議はここ。

横道:Sシリーズはユーメラニンもフェオメラニンも分布も分量も無関係。
S  無関係じゃないね、やっぱ関係あるよねーごめんーと言う(言わない)因子。なにもしない。
si  どこが黒かろうが茶色かろうが襟首周りなどを白くする。絶対する。白毛は全身の2〜3割程度
sp  siと同じく絶対白くする。spが決めた部分を白くする。全身の4〜6割程度を白くする
sw  や、いっそのことほぼ白にしちゃうよボクはね、と言う(言わないってば)奴。全身の9割以上が白い

横道:Mシリーズは「メラニン」に対抗して勝つ因子。
最近発行された「よくわかる犬の遺伝学」/誠文堂新光社では「ユーメラニンの毛色だけを薄くする」と書かれてありますが毛色だけではなく、メラニンが関係する部分ならどこでも斑模様が出ちゃいます。わかりやすいのがM由来のブルーアイですね。
M  マール
m  非マール(マール柄毛色の無い犬種は基本的にみんな代々劣性m/mで遺伝してるんですねぇ)


さあ、いかがでしょうか。
こういう説明の仕方を他の人もしてくだされば、犬の毛色のマニアックさが薄まるのではと期待されま・・(笑

ワタクシなんて図をさらにわかりやすくするため色をつけてみましたよ。
毛色遺伝子影響順.JPG


え?もっとわかんない?おっかしいなぁぁあ。
だれかこの図を進化させてくんないかなぁ(涙





***********************************
***********************************
2014年2月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************


そらくんはセンター出身保護パピヨンです。新しい飼い主さんを探しています。
banner (2).gif
にんきブログランキング


「ツイート」の右となりの「ブックマーク」をクリックするとmixiやその他ソーシャルボタンが出ます。

posted by あきこ at 17:59| Comment(7) | TrackBack(0) | 毛色の遺伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

Plu pulled …ソチ冬季五輪





頭がスケートでいっぱいだぁぁーー。

posted by あきこ at 03:44| Comment(2) | TrackBack(0) | チョコっと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

捨てられやすい犬種


机の周りがあまりにも散らかっていて部分的ゴミ屋敷状態になっておりました。
写真は自粛します。ワタクシの見栄名誉のために。
それで昔々5年半ほど前のAERAが発掘されまして、思わず読み返してしまいました。
(注!5年半の間一度も片付けなかったわけではない。たまたま最下層から発掘されたのだ!)
(残念なことに先日から探しているゴールデンの良書は見つからなかった・・)
AERA 08.12.8号---(編集部太田匡彦 写真小暮誠)『犬ビジネスの「闇」』の記事です。

この記事では、犬の繁殖販売をおこなういわゆる「ブリーダー」が、
使いものにならなくなった犬を一度に複数頭捨てる事例をメインに取り上げており、
あちこちの愛誤おっと失礼愛護さんたちが鬼の首でも獲ったかのように、
ネット上でさかんに嘆き悲しみ怒りくるっていたお話し合いを2008年当時よく目にしたものです。
「ブリーダーなんて嫌い」みたいな。「ブリーダーは愛護活動家の敵」とかも。
お気持ちがわからないでもないですけど、ブリーダー=犬を殖やして売る業者、ではないので、
せめてそこらへんを理解する努力くらいしたらどうですかってちょっと思いました。
この話題はそのうち別に書きますね。予定されているタイトルは「HgdmC 味方は誰」。

まあそれはそれでいいんですが、ワタクシが非常に素晴らしい価値のある調査と感じたのはこちら。
1016179993_49.jpg

我が国のいくつかの主要都市の保健所に飼い主が持ち込んだ犬の種類と頭数が調べられているのです。
それはそれは見事にハッキリと。
この記事に関わられたすべての方に敬意と感謝を込めて一部引用させていただきます。

-----
2007(平成19)年度(2007年4月から2008年3月)に政令指定都市など28の自治体の保健所に、
不要犬として飼い主に持ち込まれた犬の内訳

雑種7,885 (純血種同士の一代ミックス犬なども含む)

犬種ごとでは

1位 柴犬 701
2位 ダックスフント 481
3位 シーズー 380
4位 ラブラドールレトリバー 203
5位 ゴールデンレトリバー 175
6位 ビーグル 170
7位 マルチーズ 152
8位 土佐犬 145
9位 チワワ 142
10位 ヨークシャーテリア 135
11位 コーギー 130
12位 秋田犬 121
13位 プードル 109
これ以下は2ケタで、ポメ99、ハスキー67、パピヨン66、紀州63、シェルティ59、
Eセッター56、シュナ53、Gシェパ52、パグ52、Aコッカー37、キャバ36、
甲斐35、ポインター(多分いろいろ)34、ミニピン31、ピレ30などと続き、
雑種からのその総数は12,141頭。
-----

まる6年経った今はどうでしょうか。個人が自力で調べるには手間がかかりすぎるため印象のみですが、
放棄上位にさほど変動は見られない、チワワとプードルはおそらく順位が上がっている、
持ち込み迷子ともに最近目立つのはミニチュアシュナウザー、ミックス犬と称される小型F1雑種、
上記に入っていない犬種ではジャックラッセルテリア、フレンチブルドッグ、ボーダーコリー、
そしてこれら系の雑種がどこの自治体の収容所でもゴロゴロしてます。

捨てられる犬も殺処分される犬も総数だけなら年々減ってはいるんですけどね。
動物愛護・管理センター(保健所)にいる犬は、ペットショップで売られているのと比例しちゃうんです。
生体の陳列展示を見なくてもネットでわざわざ調べなくても人気犬種が一目で把握できます。
うそだと思ったらお住まいの自治体のセンターを見学してみてください。
そしてぜひ感想をお聞かせください。
愛犬家なら勇気を出して。レッツゴー。





***********************************
***********************************
2014年2月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************


そらくんはセンター出身保護パピヨンです。新しい飼い主さんを探しています。
banner (2).gif
にんきブログランキング


「ツイート」の右となりの「ブックマーク」をクリックするとmixiやその他ソーシャルボタンが出ます。

posted by あきこ at 04:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 殺処分・保護問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。