2006年06月29日

犬と一緒に寝る

 きのうの記事、犬の寝床 で
 犬と一緒の布団で寝起きすることについてのデメリットを
 あげてみました。

 
 ネット徘徊していると目にする多くのかたは、
 本当は一緒に寝てみたいけど
 癖になったら困るし、とか
 犬が上位と思うらしい、とか
 入院やホテルに預けたりする時に困るから・・
 なんてな理由で止めていらっしゃるようで。


 癖にはなります。
 犬用ケージより寝心地が良ければ布団で眠りたがるし
 より飼い主のそばにいたがるのが犬です。
 一緒に寝てても、別にハウストレーニングは出来ます。

 上位、下位って
 とても省略した言い方です。
 寝る所、食べるもの、運動と外の空気、適度な刺激
 犬を飼ううえで当たり前のことを充分与えていて
 それでも足りないと犬が「言う」のなら
 調子に乗るな、と突っぱねればいいだけなのに。

 突っぱね加減がわからなくて
 うちの犬は人間と順位が逆転してると思い込んでるかた
 多いみたいですよ。

 たいていの犬は人間より地位が上だなんて思ってやしません。
 どこまでもワガママを聞いてくれるので
 甘えっ子してるだけなんです。


 ところで、一緒に寝ることのメリットでしたね。
 絆が深まります。
 可愛いし。
 暖かい。
 幸せです。

 ただし人それぞれのライフスタイルがありますから
 もちろん犬専用のスペースで寝かせるのも大正解です。
 きょうの記事は、
 ダメって言われてるんだけど一緒に寝てます・・
 本当は良くないことなんですよね?

 というかたにお送りしました。


 読み終わったらぽちっとな! 願う!
ランキングバナー・作@みきさん
2006年06月28日

犬の寝床

 先日バラしました通り、
 マイスィート小太郎と仲良く一つの布団にくるまって
 毎日幸せな夢を見るワタクシです。皆さんこんばんは。

 よく聞く言葉に、
 上下関係が乱れるから
 犬と一緒に寝てはいけない! なんてのがありますね。

 とても表現が難しいのですが・・
 きょうはそんなことをネタに記事を書いてみます。


 犬と一緒に寝ることのデメリット

 @ 寝心地の良い場所を覚えさせると飼い主に逆らうようになる
 A 見た目はどんなに清潔でもズーノーシスの心配
 B 分離不安を助長する
 C 誤飲・誤食・感電などの心配


 どれも、当たらずとも遠からず・・ではあります。

 @ は、唸られたりしたら怯むから敵はますますつけあがります。
 どんな時でも飼い主に唸ることは断固として許せません。
 とは言っても、誰だって気持ち良くぐっすり眠っているところを
 あまり心を許してない相手に邪魔されるとムッとしますね。
 犬も同じってだけです。

 A は、ズーノーシスとは犬から人にうつる人と動物の共通感染症のことで
 代表的なものは狂犬病、もっと身近なものではダニ・カビ等が原因の
 皮膚疾患、犬の糞から感染するキャンピロバクター、
 犬の回虫の幼虫移行症、など
 世界保健機関(WHO)で確認されているだけでも150種類余りあります。
 
 が、恐れすぎる必要もないよな・・
 ってのがモットーのワタクシですので自分と犬の健康管理で防げます。
 ( 単にズボラなので気にならない・・ )

 B は、四六時中ベタベタしてればそりゃーそうなります。
 深く愛するほど (笑)、犬は飼い主を大好きになってくれますから。

 これは普段の対応で「マテ」と言われたら待つこと、
 留守番をしなければならない時は黙って待つこと、
 イイコにしてたら飼い主が戻ってきて褒められるという
 躾の基本を大切にすることで犬の精神を安定させます。

 C は、危ないものは置かない、収納する。
 感電事故につながることは早い段階でビシッと教える、
 さえ守れるなら別段問題もないってもんです。


 @とBはいわゆる信頼関係がどうか・・って問題で
 AとBとCは管理・躾の領域でしょうか。

 メリットについて は、続く・・。


 寒い季節はこの2匹が布団の中に! 狭っ!
ランキング犬猫・作@みきさん
2006年06月26日

猫、散歩(?)してます

 ポメたちがお散歩に出かけます。
 猫の七は、毎日抱っこで外の空気を吸ってます。

ポメ発進だニャ


 うちの 雑草だらけの庭 ナチュラルガーデンの中だけなら
 リードをつけたまま、草の匂いを嗅いだりして
 戸外を楽しむ七ちゃんです。


ななも行ってみるニャ

ニャ?

いま忙しいニャ


 ミッシュが遊びに誘っても、まったく眼中に無く、
 夢見るような顔をして地面を歩いて進みます。


ななちゃん、まーだー?


 ミッシュがもう一度呼びかけます。


緑の葉っぱは自然の匂いがするニャ


 あらら、ミッシュ残念ね。
 ななちゃんすっかり自分の世界よ。


チッ。ポエマーめ。


 七ったら最近、
 玄関で犬たちの散歩の用意をしようとしたら
 犬たちより先に玄関扉のまん前にオスワリしてたりします。


 ぽちっとなでここをクリックしてほしいニャ
ランキング・なな・作@みきさん
posted by あきこ at 22:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | うちのネコさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年06月25日

?型犬

 ワタクシの犬飼い歴が始まった27年前は
 『犬図鑑』のような本では
 いまとは少し、違う部分があったように思います。
 とくに中型・大型・・の分類が。


スイートタイム


 ジャーマンシェパード(体高55〜65体重22〜40)は中型犬でした。
 ラブラドールレトリーバー(体高54〜57体重25〜35?)も
 イングリッシュポインター(体高61〜69体重20〜25?)も
 シベリアンハスキー(体高50.5〜60体重15.5〜28)も
 たしかボクサー(体高53〜63体重25以上)も。

 大型犬ってのは
 セントバーナード(体高65〜90体重54〜91?)
 ピレニアンマウンテンドッグ(体高65〜80体重41〜50?) などのふっくら犬や
 グレートデン(体高牝72以上牡80以上体重牝45以上牡54以上)
 アイリッシュウルフハウンド(体高牝71以上牡79以上体重牝40.5以上牡54.5以上)
 などの背高犬。


 最初に覚えたことって
 刷り込みってわけじゃないんですけど
 なかなか頭の中で、新しい情報に書き換えるのが難しいです。

 だから

 「うちは大型犬を飼っています。犬種はゴールデンです」
 なんて言われると
 ( ふ、太ってるのかっ??? それとも規格外か??? ) と、
 とても失礼なことを一瞬考えてから、
 ああ。今はゴルさんは大型犬なんだ・・と思い直して
 話の続きを聞くことにしています。
 
 
でかいですか?でもビーグルなんですよ


 今も昔も小型犬
 の、ビーグルですが。 (たまに中型と書いてるサイトも見かけます)
 ビーグルは獣猟犬の中でも鼻が利くタイプに多いように
 スピード重視の猟犬に比べると足がやや短めです。

 つまり体高45センチ、体重20キロのマイスィート小太郎は
 短足だけど、もう大型犬に手が届きそうです。
 (足は届かないの。短いからね)

 ちなみにこの写真はワタクシ。164センチです。
 大型犬もどきを抱き枕に、
 寝相悪く布団を蹴飛ばしたシーンを 激写されました。


見〜た〜にゃ〜

 その時ななちゃんは ワタクシの布団の足元で
 どこからか引っ張り出したスーパーの袋をかじって遊んでいたそうです。
 激写っ。
 

 うーん。楽しい犬系のためになる話しを書きたかったのに
 どうしてこんなレポート調になってしまったんだろ。
 とりあえず応援ありがとうございますー。
ランキング・小太郎・め 作@みきさん
2006年06月24日

犬 遺伝 警鐘3

 NHK様様です。
 6月20日のクローズアップ現代の
 増える障害犬 という番組について記事を書いてから
 アクセス数が急増してますよ。面白くなってまいりました。

 もう、こうなったら行っちゃいましょー 

 06年1月 8日の記事  犬 遺伝 警鐘1

 06年1月17日の記事 犬 遺伝 警鐘2

 に続く第3弾です。


 遺伝性疾患(遺伝病)とは一体何なんでしょうか?
 それはね、
 遺伝にもとづく原因によって発症する疾患。
 つまり遺伝子上に発症原因がプログラムされている疾患なんですよ。

 上書きした、とかじゃなくて
 最初っからプログラムされてるんですよー。怖いですねー。

 前にも書いたけど犬では450以上の遺伝性疾患が確認されてます。
 しかも素因をも含めればきわめて多くの疾患が遺伝性。 
 どんなに親犬をはじめとする祖先の情報と
 生み出した子犬の健全性に責任を持つことが大切か
 わかるっちゅーもんです。


 原因遺伝子が明らかにされているものでは
 日本ではボーダーコリーに多く発症したCL病
 若いうちに失明してしまう進行性網膜萎縮症
 軽い運動後の失神を伴う悪性高熱
 数種類の腎臓疾患
 人とは違いメスにも現れる偽血友病は乳歯が1本抜けても命の危険が

 ああああ。恐ろしげな病名が並んでおります。
 しかしこれらの単一遺伝子疾患よりも
 複数の遺伝子と環境要因が合わさって発症すると考えられている
 多因子疾患は、もっと怖いのであります。


 言わずと知れた股関節形成不全ですね
 食事制限がつらく合併症も多い糖尿病ですね
 予後が悪ければ下半身不随の椎間板ヘルニアですね
 多くの各種アレルギーなんかもそうみたいですね。

 可愛い子犬を迎えて、
 これから15年、20年仲良く暮らしていこうと
 夢見る家族の生活をボロボロにしてくれちゃいます。
 苦しむ愛犬に、何もしてやれないと
 涙を流す人をワタクシは何人見てきたでしょうか。

 このまま治療を続けては
 飼い主自身の生活が立ち行かないと
 泣き叫ぶ愛犬に背を向けて保健所に命の終わりを託したと
 ワタクシは何度聞いたか・・。


 遺伝子レベルの健全性を知ろうとせずに「良血統」の子を作り出す
 自称ブリーダーに聞いて欲しい。

 先祖の犬たちが、いつどのように亡くなったのか
 生み出して里子に出した子犬たちがどれだけ健康でいるか
 とりあえずは たったそれだけでいいんです。
 それを気にして下さい。ずっと。

 あなたの繁殖した犬が遺伝性を疑う疾患を発症しても
 逆ギレする必要は無いんです。
 その血統の繁殖を、そこで止めればいいだけです。

 後天的環境要因が原因かもしれないから、
 治療費を払いたくないから?
 病気が出たとバレると次の収入が減るから?
 あなたを信頼して顔を覗き込む繁殖犬の目は、
 お金よりも重みがないですか?
posted by あきこ at 00:42 | Comment(3) | TrackBack(0) | 遺伝性疾患を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年06月21日

増える障害犬について

 2006年6月20日
 NHKクローズアップ現代という番組で
 増える障害犬 〜ペットブームの陰で〜
 が放送されました。

 人間が、何千年も前から
 主に食用目的ではない家畜として
 都合に合わせた目的のために繁殖をコントロールしてきた
 
  という動物の遺伝子に警鐘が鳴っているという内容でした。


 目的とは人の能力では手が届かない獲物の狩猟であったり
 他の家畜の管理の手助けであったり
 人の力では困難な重い荷物の運搬であったり
 懐かせて愛でて心の平穏を求めるものだったり、などです。

 長い間
 強く健康で粗食に耐え、人に馴れやすい習性を愛されて
 21世紀のこの世でも世界中に繁栄している犬。


 生まれつき目や耳などの感覚器が不自由な犬
 口の中が裂けていて栄養補給が出来ない犬
 外見だけではわからない、内蔵に奇形を抱えた犬
 成長とともに骨が外れて動けなくなる犬
 どんな躾をしても人間に攻撃することを止められない犬


 この犬たちを作り出したのは私たちです。
 乱繁殖業者だけではないんです。
 安易な素人繁殖で、元気そうな子犬を送り出したかたも
 ペットショップに子犬が並んでいることを喜ぶだけのかたも
 珍しい色や標準より小さい犬が欲しいと思うかたも
 買った後に異常を見つけて泣き寝入りしたかたも
 残念ながらみなさん同罪です。 もちろんワタクシもです。


 番組では、とくに日本で乱繁殖が合法的にまかり通り
 遺伝性疾患や、好ましくない性質を持って生まれる犬が氾濫していることに対し
 ほかの先進諸国に比べ日本の取組みが遅れた理由として
 「遺伝性疾患が発症しても繁殖業者に
  その親犬の繁殖の危険を伝える方法が確立されていない」
 ことを指摘していました。

 確かに、ペットショップで買う犬のほとんどは親元が不明です。
 病気が出たので・・と申し出ても生き物だからしょうがない、
 初めから長期の保障はしていない、などと言われるものです。
 また、大多数の自称ブリーダーはもっとひどいかもしれません。
 たいてい最後には逆ギレします。お宅の飼い方が悪かったとかなんとか。
 
 さらに血統書の発行団体であるJKCに相談しても
 その後のその業者からの手数料の収入減を恐れているのか
 個人情報がなんたらかんたらと
 そこまでサービスする責任は無いと、取り合ってもくれないものです。


 犬を手に入れて家族同然に可愛がって育てている飼い主が
 時間とお金をかけて疾患の有無を調べ
 親元に情報をあげることが必要だとも番組では言ってました。


 バカ言ってんじゃないわよ。
 責任はまず、繁殖者でしょ。

 

 子犬が欲しいと思えばペットショップに行けばゴロゴロいます。
 犬種名を検索にかけるとネット上でいくらでも見つかります。

 これから犬を探すかたは
 今月施行された動物取扱業の表記とともに、
 遺伝性疾患の検査は○○と○○をしています・・
 が当たり前。そんなブリーダーを探しましょ。
 表記が無ければ遠慮なく尋ねてみましょうね。

 ( はっきり言うけど『CH犬』なんて2の次よ! )
 
 

 ブログランキングに参加しています
 ぽちっと応援よろしくお願いいたします
 ranking-green.gif
 
posted by あきこ at 18:01 | Comment(15) | TrackBack(2) | 遺伝性疾患を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年06月20日

増える障害犬

 
 今晩のNHK総合、クローズアップ現代
 乱繁殖の実態に迫ってくれるそうですよー。


 放送は19時30分からです
 お見逃しなく〜


 後ほど追記する予定♪



       追記


 翌日の記事としてUPしました。

   〜 それからね、番組を見た方へ 〜

 問題は近親繁殖ではありません。
 疾患の遺伝子の有無です。
 そして犬種基準の無視です。

 番組の中では、わざわざ血の濃い近親での交配を
 必要以上に説明していたし、
 近親繁殖の弊害でトリプルダップルとして生まれた
 あちこちに障害のあるワンコの飼い主さんから
 「人間だったらイヤでしょ、親や祖父母と子を作るなんて」
 のような発言がありましたが


 厳重な管理の下多大な責任を持って、
 必要に応じて その交配が行われることもあります。
 純血種の向上と発展を望む以上は、
 過去にこの交配方法がなければ犬種は存在しませんでした。

 人間界に置き換えたモラルではなく、
 知識の豊富なブリーダーのモラルと管理の問題です。
 心情的には家族同然であっても
 犬とは人間が交配をコントロールする管理動物だからです。


 ダックスのダップル (コリーやシェルティーやポメのマールも)は
 近親でも近親じゃなくても無関係です。

 ダップル(マール)はあくまでも柄を発現するマール遺伝子を
 片親もしくは両親が持っているかいないかだけの問題で
 隠れダップルを含むダップル同士の交配は
 高い確率で、最初から障害があるとわかっていることです。
 血が繋がっていなくても、です。
 遺伝の法則により両親のどちらかがシングルダップルであれば
 健康なシングルダップルが産まれる確率ももちろんあります。
 
posted by あきこ at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遺伝性疾患を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年06月19日

お出かけりーちゃん

 昨日の予告とタイトルが違いますがささいなことです。
 初めての長距離ドライブと
 初めての「犬1匹だけ状態」を経験したりーの冒険。


りーちゃん遠くに行きたいの


 高速のパーキングで休憩した時
 作り物のひつじさんと仲良しになりました。
 というのはワタクシの感想で、

 実際はひつじさんの首にリードを縛りつけられて
 身動きが取れません。


バー・ラム・ユー

 お母さんひつじに、
 こひつじから解放されるようにお願いしてるりーちゃん。


 ドッグカフェにも行ってみましたよ

お店に入ったのははじめてなの


 生まれて初めての、よそのワンコがたくさんいるカフェの中で
 騒いだり怯えたりすることなく
 ワタクシの足元でおりこうに丸まってた、りーですが
 帰り際にちびっちゃいました。
 ( いいえ、ほんとはどばっと・・ )


内緒にしてね

 建物に入る前にはトイレを済ませましょう m_ _m


 あーあ。ボクもおでかけにご一緒したかったですー
ランキング・ビッケ5 作@みきさん
2006年06月18日

明日の予告


 今朝、早起きしました。
 そしていま。
 ブログを書こうと思ったら
 ちょっとだけトリップしてしまったワタクシです。

 普通に、机の前に座って、
 キーボードに両手を置いたままで軽く1分が経過した模様。

 眠くってしゃーないので
 続きは明日・・・。

どちらさまですか?

 予定されているタイトルは「りーちゃんの冒険」です。
posted by あきこ at 22:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | チョコっと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年06月17日

育ってます

 育ち盛りのりーちゃん
 生まれてから6ヶ月と3週間経ちました。


左:りーちゃんです。右:ビッケです。


 だんだんビッケ色に近づいてきています


上から見た図


 あら。ミッシュも一緒に写りたいの?


仲間に入ってみました


 背景も黒いからよけい顔がわかんないわね〜


ケッ


 ケッ って・・。

 ま、いーや。

 ななは相変わらず
 トイレの猫砂取替え大作戦に取り組んでます


悪戦苦闘中


 おりの出番がないなんてっっっ
ランキング・小太郎・☆作@みきさん