2006年07月31日

きょうのお散歩風景

 りーちゃん編です 
すごいベロっていわれるのよー


 ふわふわで丸っこくなってきました
りーちゃん走るの好きなのよー


 黙ってればずーっと走り続ける子なので
 時々、強制的に止まらせたり
オスワリもできるのよー


 そろそろからだの成長は止まります
 体型はビッケとほぼ同じ
 子犬の頃の予想通りです。
りーちゃんおうちに帰るのよー


 あとは頭の中身が育ってくれれば。
 顔見ておわかりかと思いますが
 けっこうノーテンキです。


 り : りーちゃんのマイブームは持って来い遊びなのよー

 ・・・すっごくしつこいんですよ・・・
ランキング・りー 作@みきさん

2006年07月30日

ビッケの幸せは?

 ボク、ビッケです。
 公園に来たです
 よつばのクローバーを見つけたいです
 しあわせは足元にあるです


 そう簡単には見つからないですよ
よっこいしょです


 むつかしいです
 真剣に探してみるとするです
探すです


 えへへ
 ちょっと休憩です
疲れちゃったです


 よつばは見つからないです
 でも
 おにいたんがいるから楽しいです

 小 : てれるぜ、おり。
おにいたん、お空が青いですねー

 

 り : りーちゃん、こーゆーのって付き合ってらんないのよー


 どーしてあたしが写ってないのよっ!
ランキング・ミッシュ・作@みきさん

2006年07月28日

ななちゃんりーちゃん

 ゴロゴロぬくぬくと全員がお昼寝をしてたと思ったら
 パワーのありあまる8ヵ月児がむくっと目覚めました。
 リーゼルン、元気な女の子です

ななはお昼寝してたのに

りーちゃんたらお誘いが上手ニャ

ていっ

おにいたんに言いつけてやるんだからー

おまえらすばしっこすぎて・・


 小太郎はこの後、
 ななとりーが闘いの場を隣の部屋に移したのを見送って
 ふううううぅぅぅぅと大きな溜息をついて
 もう一度コテンと寝っ転がりました。


 ぽちっとニャしてほしいニャ
ランキング・なな・作@みきさん
posted by あきこ at 23:05| Comment(4) | TrackBack(1) | うちのネコさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

初公開

 
 お待たせいたしました。
 ( 誰が待っててくれたでしょうか? )
 数少ないプリント写真を、
 ようやくスキャナーで取り込みました。

 2002年5月
 我が家に舞い降りた天使


寝顔は天使


 うちのポメたちは誰も知らない
 おにいたんが子犬だったころ



かじっていいのかな


 生後55日で連れ帰ってすぐ、の写真です。
 画像が荒いのはお許しくださいませ


ここはどこでちょうか


 特筆すべきはバックのクロゼットでしょう。
 ひとっつも傷がついていませんから (笑
 ペンキも剥げていないしね。

 見てほら。


ほーら。壁が傷だらけ 泣


 人間のモデルは同一人物です
 まあ、息子も成長期の少年ですから
 それなりにぐぐーんと大きくなってはいますが
 小太郎の成長に比べたら屁でもありませんわい。


おりは抱っこが嫌いなんだーっ


 でもね
 言い訳してもいいですか?


はじめまちて


 こーんなあどけないお顔だったんです。
 壁を垂直にかじったとしても
 誰が叱れるというのでしょうか (笑


 そして誰が20キロにもなると予想できたでしょうか
 そんな小太郎にぽちっとな プリーズ♪
ランキング・小太郎・足 作@みきさん

2006年07月26日

真夜中にパン

 ガサゴソガサ
 みなさん、こんばんは。おりですよ。
 草木も眠る丑三つ時に、一大事がぼっ発です。


さんじゅうえん引きかー


 さんじゅうえんびき・・
 ( そこは見んでいい )
 ママがいきなりパンを出しました。


み、見ないもん


 ひぇー。
 おりは、いま、ぎゃくたいを受けてるんじゃないかと思います。
 どーしておりとパンを並べるのさー??


ひとくち、でかいよ


 うわ。
 ママったらがぶりといきましたよ。
 でもおりは見ないもんねー。
 だって、いいビーグルだし。
 夜中だし。


やべ。見ちゃった


 ほほー
 バニラあずきパンですか。
 そりゃまた美味そうな・・ じゅるっ。おっといけない。

 
 え?
 いいビーグルだったから最後のひとかけらがあたるの?
 やったー♪


ほ、ほんとにいいのー?


 じゃあママ、ななちゃんにもあげて


・・・


 あり?ななちゃん、パンはお嫌いですか。


いらないニャ


 こうして
 いいビーグルのおり様は
 真夜中にふたかけらのパンをゲットしましたとさ。


 めでたしめでたし
 ぽちっとなで応援もよろしくパン
 間違った。よろしくワン
ランキング犬猫・作@みきさん

2006年07月24日

子犬が噛みつくんです

 飼い始めて1ヶ月が経過した生後3ヵ月のショコラちゃん。
 プードルさんです。(トイプーかな?)
 飼い主さんのお悩みは


 甘噛みが酷く、手や足をとにかく噛んできます。
 目をひん剥いて、う〜って。
 めちゃくちゃ痛いし、なんで〜?って、思わず涙が出ちゃいました。



 ふむふむ。
 ごく正常な発達をしている子犬です。
 子犬が目をひん剥いて何かにかぶりつき、
 頭を左右に振って食いちぎろうとすることは犬が犬として生きていく上で
 最も重要な本能によるものです。

 これはお察しの通り、獲物をやっつけて捕食する行為に繋がります。
 「飼い主さんの手を食べたい」ということではなくて、
 どれが食べ物かどうかがまだわかっていないんですね。
 もっと言うとその行為が自分が食べたい時に起こるのかどうかも
 全然わかってないんです。

 
 では誰がどうやって教えればいいのでしょうか。
 子犬はすでに飼い主さん家族の中で人間と暮らすことを決められた
 家庭犬ですから、飼い主さんが教えなくてはなりません。
 本やネットなどで広く出回っている子犬のしつけ方では
 
 ・大きな声と怖い顔でイケナイ≠ネどと言う
 ・噛み付いたら無視をする、ケージに閉じ込める
 ・子犬の口の中にゲンコツを入れる
 ・鼻面を強く指で弾いて瞬間的に痛い思いをさせる

 などがありますか。

 たくさんの情報を集めれば集めるほど
 両極端の意見もあったりしてどれが一番良い方法なのか
 わかりにくいことがあったり、
 さっきはイケナイ≠ナ止めなかったので
 次はケージに閉じ込めて
 閉じ込めたらますます暴れだしたのでゲンコツで立ち向かうと
 もっとひどく噛み付いてくる、など。

 飼い主さんも混乱するでしょうが
 実は子犬はもっともっと困ってしまってるんです。

 
 人に聞いて、最初はきつく叱っていて、
 直らないから、次は無視して・・。結局ヒートアップしていく一方で。
 身体触っても、すごい嫌がるし、ましてや、目やになんて取れない。


 
 子犬を叱り付ける場合は
 馬乗りになって体の自由を完全に奪い
 目にメラメラと怒りの炎を燃やし
 窓ガラスが震えるほどの怒号で
 眼力と怒鳴り声だけでぶっ殺す・・くらいの気迫が必要なんです。
 一声やふた声、悲鳴をあげても許しません。
 おしっこをちびってしまって、抵抗する力が弱まり
 子犬が目を逸らして観念するまで。
 ここまでしなければ「叱った」ことにはならないのです。

 
 ただしこれをやると慣れていない子犬は近寄って来なくなります。
 それから最も大切なことは叱られる状態を理解してもらうには
 褒められることを理解してなければなりません。
 褒めたら子犬は尻尾を振って耳をたたんで喜びますか?

 その後のフォローが不適切ですと卑屈になってもしまいます。
 案外と難しい、上級者向けの技なので
 多くのしつけ本には「叱らずに褒めて育てましょう」と書いてあるんですね。


 自分の恐怖心を表している・・どうすれば、改善されますか?


 まずは穏やかな時間を作ることです。
 お腹が一杯で、満ち足りている時に
 そっとそばに引き寄せて静かに背中など無理にならないところを撫でます。
 子犬がうっとりと目をつぶって眠りに落ちるくらいの
 静かな、優しい声で、「ショコラちゃ〜ん。。イイコね〜。。」
 ってな感じです。
 飼い主さんも床に座るか、寝転んでしまってください。
 3ヶ月の子犬は、こんな時でも何かを齧りたがりますので
 噛んでも良いおもちゃをそっと差し出してそれをあぐあぐと噛ませて
 片方の手で時々静かに背中を撫でたり足の先を触ったりします。


 飼い主さんの手に噛み付いて来だしたら、
 歯を立てる前にサッと噛んで良いおもちゃを目の前に出します。
 一緒に、「ガウー、ガルルルー」とか言っちゃってください。
 たまにそれでも手を狙ってくる子もいるようですが
 おもちゃを楽しげにちらつかせておもちゃに興味をひいてください。
 飼い主さんの声と、ちらつきおもちゃで「ノセル」んです。
 こんな興奮している時に、子犬の目の前に手は出さない。
 楽しく遊ぶ時間はおもちゃがヒラヒラで
 眠たくなってきたら手で静かに撫でる。これで充分しつけが出来ますよ。


 もしもコクシが完治していないのであれば
 完全に健康になるまで無理はできません。
 体のどこかに不調があると、子犬本人もわけがわからず
 痛かったり苦しかったりしてイライラします。

 普段の生活では極力抱っこをしないようにしたほうがいいです。
 (数ヵ月後に赤ちゃんが産まれるので)
 飼い主さんがソファーに座って、子犬が膝に乗るなども禁止をお薦めします。
 犬は隣や足元に座らせることで充分満足できます。
 お散歩だけは毎日欠かさず行ってくださいね。
 伝染病がご心配でしたらキャリーに入れて、でもOKです。
 あと1ヶ月間のうちに出来るだけ多くの人に会わせて、
 可愛い可愛いと撫でてもらってくださいね。
 そうすることで、11月に産まれる赤ちゃんの良い先輩に育ちますから。
posted by あきこ at 11:20| Comment(4) | TrackBack(0) | こいぬのしつけを楽しんで♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

走る

 その、幸せな時間は突然やってきます。
 日曜日はいつもよりさらにお寝坊なワタクシですが
 ようやく目覚めて顔を洗い、
 着替えを済ませると犬たちの目がキラキラしてきます。

 トイレに行ったり、部屋を移動するたびに
 ちょろちょろと足元にまとわりつくものがちらほら。
 くるっと振り向いてカメラを構えてみました。


わくわく顔ふたつ


 振り向いただけで
 すでにこの笑顔。
 そーかそーか、そんなに楽しみか。よしよし可愛いやつらじゃ。
 というわけで
 きょうもお散歩レッツゴー♪


 てくてく歩いていつもの公園に着いたら
 ランニングタイムのはじまりはじまり。
 さーみんなー!
 おいでー


スタート!


 各馬一斉にスタートを切りました。
 ここでスピードアップの呪文を唱えてみましょうか


 おやつー


おり一番〜!


 おおっ。ものすごい瞬発力です。
 あっという間に後続馬を引き離しました。
 なぜその能力をほかに向けないのでしょうか。
 まあ、ビーグルですからね。多くは望みませんが。


戻るぞービッケー!


 ひとかけらのおやつをいただいたら
 またもや目にも止まらぬ速さでスタート地点に帰ります。
 これを10回繰り返すと、ようやく息が上がり始めます。
 ただし10回繰り返せるメンバーは限られておりまして


ビッケがいないー


 ノロマな一匹は最初の1回以降は脱落するんですよ。
 ビッケたん、しっかり!


 体育会系じゃないですから
ランキング・ビッケ5 作@みきさん 

2006年07月22日

アラブの人のヒゲのようだ

 ほんの8ヶ月前に生まれて
 ちょっと前までこんなふうだったりー。


りー生後69日


 こんなお顔になりました


ハクション大魔王って言われるのよー


 お口の周りの黒い色が少なくなってきて
 アラジンの世界に出てきそうな
 くるりんヒゲを生やしている人に見えないこともない

 ちなみに生まれたての時はこんなんでしたよ


えー。りーちゃんなのー?

 
 ブレーズは消失です (笑



 りーちゃん、なかなか貫禄があるかもねー
ランキング・小太郎・作@みきさん
posted by あきこ at 17:00| Comment(2) | TrackBack(0) | うちの犬たち06年春夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

ポメ型ホコリ取り

 とくに意味はないんですが


黒いわよ


 顔が黒いんです。

 ミッシュはやや汚ギャルです。やや、ね。
 顔の周りや尻尾の先に、いっつも何かがくっついてる子です。
 毛質が弱いのでゴミがつきやすいのかな。
 歩くだけでお掃除をしてくれている、
 お得なポメなんですよ。 (笑
 
posted by あきこ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | うちの犬たち06年春夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

飼い犬に手を噛まれる


噛みついたことって、ある?


 ワタクシが噛まれたワケではないのですが、
 チャーチャさんち
 飼い主に噛み付く癖のあるワンコが
 いとも簡単に噛まなくなったという
 お話しを聞きました。

 魔法をかけたのは、かのムツゴロウ氏。
 私はそのテレビを見ていないので
 チャーチャさんの文章を一部引用させていただきます。


 ★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:* ・

 シャンプー後身体を拭く時、散歩後足を拭く時、
 ご飯を食べてる時、寛いでいる時身体を撫でる時等
 に、飼い主に噛み付く
 9歳オスのイングリッシュスプリンガースパニエル。

 ムツさんがリードを持ち、
 散歩をしただけでイイコに変身。
 散歩を終え、飼い主さんの目の前で口に手を入れ
 “ほらぁ〜〜大丈夫でしょ〜〜”
 身体中を触り捲くり、飼い主さんを驚かせてます。

 最後の画面は、フードを手渡しで与え、
 飼い主さんは嬉し涙を流さんばかりの驚き様でした
 フード容器にも手を入れフードを摘んでも平気、
 容器を取り上げても異常なし・・・
 顔をクチャクチャにしてもゼ〜〜ンゼン平気

 ★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:* ・


 で、飼い主さん感激だったそうです。

 んんん〜
 そのワンコは「気付いた」んでしょうねー。
 自分のワガママが通用しない人間がいることに。
 ってワタクシは思いました。
 ついでに、飼い主さんが自信の無い態度に立ち戻れば
 そのワンコの噛みつきも
 いとも簡単に再発するでしょう。

 一部の、よほどの犬以外は、
 人間に牙を立てることが「出来ない」犬だらけです。犬って。
 歯を立てて、拒否してもいいんだよ〜と
 教えてしまっている場合がほとんどなんですよね。
 とも思ったお話でした。
posted by あきこ at 23:58| Comment(7) | TrackBack(0) | うちの犬たち06年春夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする