2006年08月30日

テディベア

 ちょっと前に murmure mon journalさんの記事で拝見し、
 ぜひぜひうちもやってみたかった
 「テディベアが肉球に住む」

 ビーグルのももちゃんも持ってます

 これがフツーの状態
ボクですよ


 わかりにくいかとお洋服を着せてみたりして
2テディベアーず


 服のセンスがまるでなってないです。
ぽちっとクリックお願いします

2006年08月28日

ボーダーコリーCL病について

※※※2011年1月11日、CL発症チワワのニュースを受け追記します。

2011年1月現在の、国内または日本語でのCL病の遺伝子検査が可能な機関と対象犬種について
株式会社バイオス医科学研究所 http://www.bioslab.co.jp/research/8/index.html
ボーダーコリー、イングリッシュセター、ミニチュアダックスフンド、アメリカンブルドッグ
有限会社カホテクノ http://www.kahotechno.co.jp/clinic/testitem.html
ボーダー・コリー、イングリッシュ・セッター
GTG http://www.gtg.ne.jp/koumoku.php
アメリカン・ブルドッグ、ボーダー・コリー 
株式会社ダーウィン http://www.darwin-co.com/genetic/genetic.html
ボーダーコリー、イングリッシュセター
三菱化学メディエンス株式会社 http://www.medience.co.jp/animal/animal_04.html
アメリカン・ブルドッグ、イングリッシュ・セッター

犬種表記はリンク先に準じる***ちわわはまだ無いんです・・・・・・*** 追記終わり

アッシュ〜アルサシアン犬舎出身〜
 *写真はごえママ様の日記06/7/29よりお借りしています*
 
 これはアッシュという名前のボーダーコリーです。

 2004/7/18 生まれ

 2006/7/2 CL病により死亡

 亡くなる数日前の写真とのことです。



 ボーダーコリー CL病
 アルサシアン犬舎
 CL DNAテスト
 セロイドリポフスチン

 こんなワードで当ブログにお越しくださるかたが
 1日に何件もありますので、ご説明とご案内をと思い記事にしてみました。
 平成14年、日本のボーダーコリーで最初にCL病と診断された
 (犬全体ではチワワが国内第1例目の診断で、ごえもん君は2例目)
 ごえもん君の飼い主さん、ごえママさんの8/8の日記をご覧下さい

 いままでは海外でしか受けられなかった CL病のDNAテストが
 国内の機関で実施される準備が整ったというお知らせです。
 現段階でのキャリアの報告は コチラ
 これをご覧になっていただくとわかるように、

 ドッグショーのチャンピオン(CH)犬と

 遺伝性疾患ナシ、は

 イコールではありません
 


 この、当たり前のことに気がついていない繁殖者が多すぎるんです。
 (責任が無さすぎなのよね。
 子犬を売ることが「ブリーダー」だと思ってる・・。アホかって)
 それから、ごえママさんのHPにはこんなページもあります

 遺伝性疾患を発症した犬の繁殖者に対する損害賠償請求
 (左側のコンテンツの◎損害賠償請求 をご参照ください)

 明らかな遺伝病の場合は泣き寝入りなんてする必要はありません。
 慰謝料を求めるためではなく、
 悲しい犬をこれ以上増やさないために
 一般の飼い主たちがどんどん声をあげましょう。

 
 JAHD(特定非営利活動法人 日本動物遺伝病ネットワーク)
 で診断・登録が可能な
 ・股関節形成不全
 ・肘関節形成不全
 ・膝蓋骨脱臼
 は多因子性遺伝で環境要因のみが原因のこともありますが
 股関節に至っては70%が遺伝的要因ですって!

 いつでもご相談にのりますのでお気軽にメールくださいね
  kotavi6★hotmail.com (★を@に変えて送信してください)


 ブログランキングに参加しています。応援よろしくね♪
 ranking-green.gif
posted by あきこ at 23:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | 遺伝性疾患を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

新芸開発中

 ほーら。可愛い♪
みきたんが撮ってくれたのよん


 いきなり失礼いたしました。
 さて、最近のミッシュですが
 馬跳びならぬ、ビーグル跳びの訓練に余念がありません。

 まず小太郎にフセをしてもらいます。
 右隣にミッシュもフセして待ちます。
 ワタクシが大きく人差し指で
 小太郎の右から左へ空中に半円を描きながら
 跳べ!と言いますと、
 小太郎の背中をひょいっと飛び越して
 左隣に着地し、フセの姿勢になって完成、です。

 ご褒美におやつが必ず出たのは
 最初の5回くらい。
 その後は出たり出なかったりですが
 ワタクシの笑顔と褒めはもれなくついています。

 練習時間は1度に4〜5回、
 1日に2度か3度くらいです。
 ミッシュが完全にマスターしたら、
 ビッケとりーにも覚えてもらって、
 最終的には横に広いスペースで
 4頭の犬たちが交互に跳んでフセて跳んでフセて。
 を目指しております。

 楽しそうでしょ?
離してもらえませんか・・写BYみきさん


 問題はこの子なんです。
 だって大きいんだもん。
 ポメ3頭超えしかありませんよね・・。リズム感が難しい。


 あたしは身軽だからいいんだけどね・・うふっ
 きょうもポチっとなで応援してね
ランキング・ミッシュ・作@みきさん

2006年08月24日

ハンカチ犬王子

 世の中の出来事に疎いワタクシにしては
 珍しく反応が早いでしょ、の本日のタイトル。

 ザ・ハンカチ犬王子さん、出番ですよ
おり持てないし。


 うわ。感じ悪。
 なんなのこたちゃん、その非協力的な態度は。
 いいからハンカチを手に持って、ひたいの汗をぬぐってごらんなさい。
 みなさんも楽しみにしているんだから
ここから汗なんか出ないんだけど


 ぐ。
 どうあってもヤル気を出さないつもりね。
 いいもん。
 うちには、もう一人王子がいるんだから。

 はい、ビッケたん、不甲斐ないおにいたんの汗をぬぐっておあげなさいな
ウソの演技はこころぐるしいです


 きーっ。
 せっかく珍しく、素晴らしいネタを
 みずからの力で(?)思いついたというのに、
 あんたたちが協力してくれなかったら進まないじゃないのよぉ
おにいたん、目を合わせてはダメですよ


 ・・さーて。次のネタ考えよっと・・。


 ママにテレビを見せるとロクなことにならないんだよなぁ
ランキング・小太郎・め 作@みきさん

2006年08月23日

いますぐモデル

 多分、いますぐOKですよ。
 モデルさんになってください〜って声をかけても。

 いやぁ。
 ウデが違うと、こんなにも違うものなですねぇ。

 みきさんに撮影していただきました
 すごいでしょ。
 うちの子たちって、ほんとに可愛いのね (←どうぞバカとお呼びくださっても・・)


 いきますよ。
 覚悟はいいですね? (笑


美ねこニャよ


黒いわよ。悪い?


りーちゃんがチューしてあげるのよー


いま可愛い♪って言ったですか?オンプつきましたか?


くぁっ。くぁくぁくぁっ


 くぁ ぅわ うぃ うぃぃ 〜〜〜 っっっ。
 ああ、↑ 『かわいい』、と言ってます。

 うちの子たちを専属モデルに、と言うよりも
 専属カメラマンになっていただけないものでしょうかね? (爆


 天才カメラマンを讃えてぽちっとクリックをしましょう
 (あ、クリックしても喜ぶのはワタクシだけですが)
ランキング・ビッケにっこり・しっぽ作@みきさん

2006年08月21日

遊びたがりビーグル

 りーのお兄ちゃん、くるりが遊びに来ました。
 くるりは頭のてっぺんと耳の周りとお尻にクリーム色がある
 白いふわふわのポメちゃんです
りーちゃんのおにいさんなのよー。ちょっとアルパカに似てるのよー。うふふー


 得意顔のビッケが嬉しそうにご案内
ボクについて来るですよー♪


 こたちゃん、お友達が来てくれて良かったねぇ
楽しいには楽しいさ


 くるりは、りーよりもちょっとだけ大きめです。
 でも大きいと言ってもポメですから
 たかが知れてますね。

 小太郎は、犬友達の訪問があるたびに
 犬プロレスの相手になってくれるかと
 毎回、過度な期待をするんですが、、、

 こたちゃんたら。見りゃわかるだろーに。
 そのからだでマウントして確かめるのはおよしなさい
 ポメなんだからつぶれちゃいますよ。
どっかにビーグル、落ちていないかなぁ


 落ちてても拾わないでくださいね。


 あーあ。ちゃんと面倒見るのになー。

 ・・・
 クリックで応援お願いします・・。
ランキング・小太郎・作@みきさん

 
posted by あきこ at 00:13 | Comment(7) | TrackBack(0) | うちの犬たち06年春夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

賢いポメとは

 退屈なので、バトルをしかけようとしていますが
 いつもいつも同じ誘い方では芸が無いので、
 新しいやり方にチャレンジするりーちゃんです。

 り : おねえたん、足にゴミがついてるのよー

あら悪いわね


 ミッシュの後ろ足に、さも何かを見つけたかのように
 くんくんくんくんニオイを嗅いで、
 2回くらいペロッと舐めてはミッシュの顔を見たりします。

 ミッシュはてっきり、何かがあるのかと
 無理な体勢で自分の足を覗き込んだりしていました。
ばっかが見るーなのよー。くすっ。


 なぁんにもついてなんかいないんですよ。
 だって、ミッシュが自分の足に顔を近付けた次の瞬間に、
 反対側から体当たりしてミッシュをぐらつかせ
 すばしっこく逃げていき、ミッシュに追いかけてもらっていましたもん。

 で
 それがあまりにもしつこかったので
 ミッシュにがっつり叱られて、
 ワタクシの胸に飛び込んで泣き言を言ってるりーちゃんでした。
りーちゃん悪くないのよー


 見てるワタクシは、とても面白かったです。


 りーちゃん遊びは科学だと思うのよー

 天才りーちゃんにぽちっとなプリーズ♪
ランキング・りー 作@みきさん

2006年08月19日

目も口もモノを言う

 きょうは小太郎の顔にご注目ください。
 いつものようにブログのネタのための撮影会です。
また写真ー?



 その顔もりりしくって大好きなんだけど
 いまひとつ明るい表情が欲しい時の魔法のコトバ
 それは、、
 『食べる?』
食びるっ!♪



 その変身ぶりには猫もびっくりだね
犬は単純なんニャね



 七ちゃんのお顔もころころ変わるけどね。
 これはお気に入りのベッドでくつろいでいる時。
お気に入りニャけど


 
 へ?
 犬用のトイレでしょって?
 いいえぇぇ。ちゃんと洗いましたもん。 (って、トイレじゃんかよ)


 寝心地はばつぐんニャ
ランキング・なな・作@みきさん
posted by あきこ at 00:26 | Comment(10) | TrackBack(0) | うちの犬たち06年春夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

爪切りの極意〜結局

 飛び飛びで記事を書くもんですから、
 どこまでお話しが進んだのかわからなくなってるワタクシです。
お母たんたら


 結局ね
 たいせつなことはね
 できるだけ怖い思いをさせないであげること。
 でしょうかね?
今回はボクの大活躍ですー


 ちょっとマズイな・・というかたは
 無理をせずにプロにお任せしてもいいし、
 ううん、自分でやりたいの!ってかたは
 痛くしないように、少しずつウデをあげてってくださいな。
 と
揃えてみたですよ


 飼い主さんとワンコに合った方法が一番いいんですよね。
 それぞれの。
ぴしっと


 やあやあ、ビッケたん。
 お疲れさまでしたね。
それほどでも〜


 この子は、お役に立てたことがわかると
 とびっきりの笑顔を見せてくれる子なんですよ。
 

 じつは使役犬系の愛玩犬です。
ランキング・ビッケ5 作@みきさん

2006年08月16日

爪切りの極意〜実践編

 使える写真が撮れなくて、
 一日空いてしまいましたが
 爪切りの極意、続きです。

 パッドと爪周囲のむだ毛カットでは
 うちの女の子チームがモデルさんでしたが
 あの子達は黒爪なので、説明するには不適当。

 さ
 出番ですよ
大きい爪は見やすいですよ


 あらほんとね、見やすいわね。
 んー、でも残念。
 小太郎はこないだ切ったばかりなのよ。
 だからね、
何ですか?


 はいビッケ捕獲。
 えー、まずは血管の位置を確認してみましょうね。
 こんな感じです
お母たんたら、ボクの爪にじかに書こうとしたですよ・・


 血管の先っぽはこんなもんです。


 黒爪も白爪もあまり変わりはありませんが
 わりと長い間切り詰めていないと
 血管や神経が伸びてきてしまう場合もあって、
 ここなら大丈夫だろ、と思っても血が出てびっくりすることもあります。

 そんな時は無理をせずに、
 一度獣医さんかトリマーさんに適当な位置で切ってもらい、
 おうちで横からや前からなど色んな角度で爪の写真を撮って
 適当な長さを記録しておくといいですね。


 それでも、やってみようかな〜ってかたのために。

 ばっつりやっちゃって、流血騒ぎになるよりも、
 まだまだ切れるだろうけど・・・やめとこ。
 って位置で止めておいたほうが無難です。
 ちょっと切ってみましょう。
出来るだけ穏便に願います


 いっぺんにばっつりやらないで、
 1本の爪を2段階に分けて切ると失敗も少ないかも、です。
 番号順に切ってみて、
 とんがって残った部分をやすりがけします。


 明日こそはっきりした写真、撮れますように・・
 って、ママがお祈りしてたよ
ランキング・小太郎・☆作@みきさん