2007年04月23日

去勢避妊をせい

 動物愛護法第37条

 犬又はねこの所有者は、これらの動物がみだりに繁殖して
 これに適正な飼養を受ける機会を与えることが困難となる
 ようなおそれがあると認める場合には、
 その繁殖を防止するため、
 生殖を不能にする手術その他の措置をするように努めなければならない。


 よく見聞きするもので
 繁殖制限の重要性を理解している獣医師などの立場のかたの言葉に
 「繁殖する予定がないのなら去勢避妊をしましょう」
 ってのがあります。

 ちょっと待ってよ、無責任ね。

 本当はそうなんですけどね。
 いまのところ日本の風潮では繁殖するしないは飼い主の勝手、
 みたいな部分がありますので至極当然のお言葉のようですが
 繁殖はとっても奥が深く膨大な知識を必要とする命を作り出す行為です。
 ウチのオス犬とお宅のメス犬で子犬を産ませましょう♪
 それは繁殖とは言えません。増殖なんですね。

 血統を読むとか考えるなどの言葉があります。
 普通これを聞くと、ウチの子は血統書にこだわっていないから
 と返されて、そうよね、ミテクレが少々不足していても
 可愛い愛犬にかわりは無いから難しいことはいいわよね
 と、納得しかけてしまいます。

 ここが勘違いポイント其の一でございまして
 優秀なチャンピオンの血統≠ネどはどちらかと言うと
 ほとんどアテにならなかったりするもんなんです。
 だって、そこいら中にゴロゴロしている遺伝性疾患。
 それって、チャンピオンたちが広めたものが多いから。
 遺伝性の疾患は重篤なものばかりでもないので、
 大事な愛犬が遺伝で伝えてはイケナイ何かを持っていても
 気付かずに子孫に受け継いでしまっているケースが多いです。
 それが発症ではなくてキャリアだったりしたら余計そうですね。

 遺伝性疾患を持つ犬を減らしたい。

 これは誰もが願うことだと感じています。
 
 ただ・・
 ちょっと皮膚が弱め
 なんだかちょっぴりフケ症
 走ると疲れるみたいで散歩が好きじゃない
 何度かブツブツが出来るけど心配ないと病院で言われた
 この子はもともと骨が細いから脱臼しちゃうの
 少しだけアレルギーがあるけれど飼い主に似たんだわ
 毛が多量に抜けることがあるけどこの犬種にはよくあること

 なんでだか個性≠竍犬種≠ナ片付けられている、
 ほんのちょっとした他個体との相違点。
 遺伝子が危険信号を発しているのに気付かない場合がたくさん。
 
 生まれつき腎臓が弱めの犬だからこそ子孫を早めに残したい
 というようなお考えもかなり危険なんですが・・。
 



 ブログランキングに参加していますので
 クリックで応援いただけると大変ありがたいです。
美女シスターズ
 

posted by あきこ at 12:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不妊処置−避妊と去勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年04月22日

札幌市保護犬

 うちのブログには「札幌 犬の保護」などのワードで
 お越しくださるかたがたまにいらっしゃいます。
 札幌市動物管理センターのHPの犬たちの行方を
 気にかけて追っているかたがそれだけいるんですね。

 センターで収容期限を過ぎた、ごく一部の犬は
 札幌近郊で保護活動をされるかたの下、
 新しい、本物の、出会いを願って保護されています。
 こちらに在舎している動物はそれぞれに事情があり
 行政に渡った犬だけではないようですが。

 この活動を応援されるHPがあるのですが
 事情によりリンク不可との告知があったので
 5/17にこの記事の内容を変更しています。

 ネットは単なるきっかけにすぎず
 行き場を失った犬を欲するかただけとの
 直接の交渉を考えていらっしゃるようです。

 コンタクト方法をお探しのかたはご一報くださいませ。



 ブログランキングに参加していますので
 クリックで応援いただけると大変ありがたいです。
美女シスターズ
 

posted by あきこ at 00:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | 供血、保護、お知らせなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年04月20日

桜前線北上中


 ほんの1週間前まで残雪で歩きにくい散歩道でしたが
4月13日の札幌


 桜の便りも近づいてきました。
 まずはクロッカスからね
お花が咲いたよ


 お花見まであと2週間くらいかな?



 ブログランキングに参加していますので
 クリックで応援いただけると大変ありがたいです。
美女シスターズ
 

posted by あきこ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | うちの犬たち07年春夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年04月06日

全国犬猫飼育率調査

 毎度、より真実に近い数字を出してくださっております。
 お世話になっておりますペットフード工業会
 平成18年度の全国犬猫飼育率調査の発表がありました。
 18年10月現在に全国で飼育されている犬は
 1208万9千頭 ・・・ 19.2%
 内猫外猫地域猫の合計は
 1245万7千頭 ・・・ 14.7%
 とゆー結果が出たようです。

 今回のポイントは犬の約半数が7歳以上の高齢で
 ペットにも高齢化時代がきている・・とかなんとか。
 それから、犬猫の室内飼いも進んでおりまして、
 純粋犬の8割、純粋猫の9割が室内で飼われている、と
 こう書かれておりましたがなに種であっても犬なら純粋に犬でしょーて。
 それを言うなら純血種、ではないですかね?雑種に対する言葉として。
 まあいいや。

 さらにこんなのもありましたよ。
 飼育者の多くが犬猫に癒し≠フ効用を実感
 犬や猫を飼育している理由について
 一緒にいると楽しいから、
 かわいいから、
 動物が好きだから、といった理由とともに
 自分が癒されるから・和むから
 という答えが6割もあったそうです。

 じつはワタクシ、、、
 この癒し≠チて言葉にはあまり馴染みがありません。
 うまく言えないんですけど
 癒しが欲しいからペットを買うって思考は持たんでほしいな
 っとだけ思っています。

 犬猫との暮らしに心が癒される。
 ってのは今では普通の感覚なのでしょうが、
 初対面のかたに「うちには犬猫が5匹います」と言った時に
 「うわあ、毎日癒されるんでしょうねぇ〜」とかえされて
 返事に困ってしまったことがありました。

 別に、癒してもらいたいと願うことは悪いことではないのですが
 そんな理由で買っちゃって大丈夫かよ、と
 いつもながらの余計な心配をしてしまうわけです。
 や、そんな理由だけの人はいませんよね。
 





 ペットフードの元締めのリンクのある記事にこの本の紹介。
 イヤミではありません。
 こういう本に書かれているような不安を払拭してくれる!
 そんなフードの製造を飼い主は願っておりますよ、
 というメッセージでございます。



 ブログランキングに参加していますので
 クリックで応援いただけると大変ありがたいです。
美女シスターズ
 

posted by あきこ at 23:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | 楽しい犬系あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年04月05日

ごさい

 きょう、4月5日は二十四節気の1つである清明だそうです。
 春分とか冬至とかのアレの仲間の。
 太陽黄経が15度のときで、万物がすがすがしく明るく美しいころで
 さまざまな花が咲き乱れ、お花見シーズンになります。

 2002年の4月5日、笑っていいともが
 『同一司会者により最も多く放送された生バラエティ番組』
 としてギネスブックに認定された日に
 うちのラブリーがこの世に誕生しました。

 うちのラブリー
この、たるっとしたところが♪

 特別な誕生祝のイベントなど行わないのはいつものことですが
 もう少しマシな写真だってあるでしょうに、なぜかこんなの。

 いいんです。
 深〜い愛情でつながるワタクシたちですから。
 たいせつな小太郎へ。
 お誕生日、おめでとう♪
 で、今年で5歳になるんだけどね。
 何歳くらいで落ち着きを見せてくれるのかな?











 ブログランキングに参加していますので
 クリックで応援いただけると大変ありがたいです。
美女シスターズ
 

posted by あきこ at 20:38 | Comment(10) | TrackBack(0) | うちの犬たち07年春夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする