2007年06月20日

子どもが犬を欲しがる時1

 きょう、我が家の郵便受けに入っていたタウン誌に
 ◎子どもは責任と愛情を持って動物に接する親の姿から
 思いやりを学びます◎
 という記事の見出しをみつけてフムフムと読み始めました。
 本日はオントナ6/20号より記事引用しております。

―---―---―---―---―---―---―---―---―---―

 「動物を飼うことが、子どもの成長にプラスに作用するといわれています」

 人が動物と触れ合うことで気持ちが落ち着いたり血圧が安定する
 といわれている「アニマルセラピー」。
 介護施設などで、リハビリのプログラムに組み込まれている所も
 増加しています。 さらに最近は、動物の飼育が子どもの成長に
 プラスに作用すると、教育関係者などから注目を集めているよう。
 では「プラスの作用」とは具体的にどのようなことなのでしょう?
  例えば、動物に餌を与えたり小屋を掃除したりといった毎日の
 世話はどんなに面倒でも投げ出すことができず、命に対する責任
 を身を持って知る機会となります。

 また、動物は言葉を話すことができないので、感情や健康状態を
 知るためには、動物の様子を注意深く観察したり、動物の立場に
 なって考えたりすることが必要に。 こうした日々の積み重ねに
 よって、動物に対する愛情が育まれていきます。
 しかし、どんなにかわいがっていても病気や死に直面する場面を
 避けることはできません。 このような経験を通じて子ども達は
 自分より弱いものや周囲への気遣いや思いやり、命の大切さを
 学ぶといわれているのです。
 (以下略)

―---―---―---―---―---―---―---―---―---―

 ワタクシの子どもの頃を思い浮かべてみます。

 小学校にはニワトリとウサギとゆー定番飼育動物がおりました。
 たいてい毎年飼育委員を買って出ていたような記憶がありますが
 ニワトリには失礼ですが心の通う相手とは感じられなかったです。
 家で犬を観察するほうがずっと楽しかった。
 ただ、我が家にもお祭りでねだり倒して買ってもらった(笑)、
 カラーヒヨコの成れの果てがおりましたので、お世話は慣れたもの。
 小松菜を刻む技術は委員の中ではトップクラスだったと自負してたり。

 とくに哺乳類に大きな魅力を感じるワタクシにとって
 ウサギはその対象になりそうですが、
 これもまた家にいたので物珍しさもなく黙々と作業をこなすのみ。
 だいたいウチのうさちゃんと違って凶暴なんですもん。
 まあ、多数の小学生に追い掛け回されている毎日ですから
 飼育委員だからと言って特別待遇はしてくれないですよね。

 ようやく捕まえて抱っこでコミュニケーションをと思っても
 あの強すぎる後ろ足の蹴りに、何度後ろにぶっ倒れたことか。
 しかもオスのウサギはかなり強かったです。

 せっかく久しぶりにブログのネタに出会えたので続きます。


 ブログランキングに参加しています。応援よろしくです。
 ranking-green.gif

 
posted by あきこ at 22:48| Comment(6) | TrackBack(0) | チョコっと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

大絶賛他所ブログ

 別の場所のワタクシのサイトより、
 これからご紹介するブログを読んだ数人の感想を抜粋


 −犬を犬らしく、主人は主人らしく−

 −これが『いのち』なのですねぇ。胸が一杯になりました。ゴミ箱はティッシュの山です−

 −言葉がありません…このブログに出会えて良かった…−

 −紹介、ありがとう。本当にありがとう。−

 −読むだけで横で寝ている愛犬にやさしくなれます。この気持ちを忘れないために定期的に読みます。涙が止まらんす。−

 −愛犬に対して愛情の塊の様な人、このブログを紹介下さりありがとう御座います。−


 ガンダムとザブングルとオレのブログ


 ワタクシは
 この人の飼い犬になれるのなら、
 来世は犬に生まれ変わるのも悪くないと思いました。



 ブログランキングに参加しています。応援よろしくです。
 ranking-green.gif
posted by あきこ at 11:43| Comment(5) | TrackBack(0) | チョコっと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

犬学入門

 ただいま(と言うか、かなり前から・・笑)
 本家の自分のホームページを手直ししておりますワタクシです。
 楽しく、犬について知っていることを増やしたいなと願うかたの
 お力になれることが書きたいなっと考えてはいるのですが。
 文章がだらだらと長いと読んでいるうちに飽きてしまいますよね。
 よっぽど魅力的でなければ。

 ワタクシはこのブログの通り、
 きちんとした美しい日本語で文章を紡ぎ出せないですー。
 だから、クイズ形式にしたら誤魔化せる楽しいかな、なんて思ったり
 あとはね、ユニバーサルデザインについてもちょこっと調べたり。
 
 そんな中でこんなサイトを見つけたのでご紹介。
 犬学入門
 こういうのを作りたいんですけど、
 いざ自分が製作者地点に立つとなんて難しいんでしょうか?ねー。



 ブログランキングに参加しています。応援よろしくです。
 ranking-green.gif

 
posted by あきこ at 23:52| Comment(2) | TrackBack(0) | チョコっと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

子犬の口からものを取り出す

 ちょっと事情があって生後2ヶ月の子犬と毎日遊んでいるワタクシです。

 1528506_2088053146.jpg
 この子は女の子でメルちゃん(仮名)といいます。
 犬種はゴールデンレトリバーです。
 たったいまメルちゃんがカリコリと何かを食べていました。
 そんな音がするような食べ物はあげた覚えがありません。
 多分落ちていたボタンか何かを口にして・・そんな感じです。

 子犬はどんなものでも口に入れてしまいます。
 犬だから特別にいやしいわけではなく、
 目で見て匂いを嗅いだあとは舌ざわりや歯ざわりで
 モノの正体をたしかめるのが正しい子犬の成長のしかたなんですね。

 で、毒があろうがなかろうが、
 この時期の子犬に適した食べ物以外は 
 極力飲み込ませないようにしなければなりません。
 ボタンとかおもちゃのかけらとかクッションの綿とか糸くずとか、
 子犬のからだが小さければ小さいほど危険になるので。

 こういうときワタクシが注意するポイントは
 ・慌てない
 ・慌てて大声を出さない
 ・慌てて子犬を抱き上げたりしない
 ・慌てて子犬の口の中に急激に指を突っ込まない
 ・慌てなくても上記のことはしない。

1528506_3302525111.jpg

 じゃあどうやって異物の飲み込みを阻止するか。
 平静さを保ちながら動ける一番速いスピードで子犬の隣に到達します。
 静かに声を立てず、子犬の口の両側から親指と人差し指を入れます。
 尖った歯に噛まれないよう(痛いから)注意しながら、
 素早く異物を取りだします。
 すかさず噛んで良いものをくわえさせます。
 何事もなかったように頭のひとつも撫でて少し離れます。
 子犬に届かない所まで離れたら、取りだしたモノを見て反省します。
 以上、生後2ヶ月半頃まではこれで充分です。

 2ヶ月から3ヶ月の間に、
 手ごろなぬいぐるみなどを使って一度くわえたものを離す練習をします。
 最初は物々交換が子犬の理解を得やすいし、ヘンに興奮させずに学習できます。
 


 ブログランキングに参加しています。応援よろしくです。
 ranking-green.gif
posted by あきこ at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | こいぬのしつけを楽しんで♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

ミッシュの災難

 小 : なんかヒモがいつもより多い
気のせいだな


 小 : ま、いーや。きょうの獲物は大物だーい
ちょうおおもの♪


 小 : おりってばこんなに幸せでいいのかしら
るんたったー♪らったったー♡


 小 :  見てこの長さ!それにしてもヒモがじゃまっぽい
おいこらそこの太いの。


 ミ : 今まであたしのことさんざん引っ張りまわしてたのよっ。
やっと気づいたのね、おにいたん。


 小 : ミーちゃん、ごめんねー。
 ミ : クッキー3枚で許すわよ。
 小 : えー高。2枚は?
 ミ : ダメよ、3枚よっ。 
ちぇー。3枚もかー


 おり、痩せちゃうかも。



 ブログランキングに参加しています。応援よろしくです。
 ranking-green.gif
posted by あきこ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | うちの犬たち07年春夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

りーの


 りーちゃんのお耳はいつもどこに行ってしまうのでしょうか。
りーちゃんのこと呼んだかしらー
posted by あきこ at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | うちの犬たち07年春夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする