2009年04月09日

迷惑飼い主

迷惑飼い主っているみたいですね。
うちの子は噛んだりしないからダイジョーブなのよ〜
って犬立ち入り禁止の公園でノーリードのまま時に目を離したり。
それからウンチを拾わないのもそうですね。
日本全国犬の糞害の窮状を訴える看板だらけですもんね。

道をすれ違う時にむやみに吠えてしまう犬も迷惑ですね。
集合住宅のベランダで飼ったりブラシをかけたりトイレをさせたりとか
家人の留守中に延々と吠え続けたりとか
住宅が密集した地域でいわゆる無駄吠えに対して無視の躾(?)をしてたりとか
フレキシリードで歩道の幅を使いきっちゃってる飼い主も迷惑ですね。

ああ。
買った犬を飼いきれないと捨てたり
勝手に増えちゃったからと増やした分をまとめて保健所に持って行ったり
引退したから余生はプロじゃない一般家庭(苦笑)で過ごさせたいと
ていのいい飼育放棄をする自称プロぶりぃだぁも
一見自分の責任の範囲内でやってるよーですが
実は犬飼いだけでなく社会にとってもチョー迷惑ですね。

っと世の中にはそーゆー感じで同じ犬飼いとして
腹に据えかねる話題が毎日ネット上のそこかしこに氾濫してるわけですが。
文句を言うなとは言いませんよ。
だけどグチグチと愚痴り続けるくらいなら行動もしましょうよ。
自分より程度が低い人を罵る飼い主はどんだけご立派ですかってことです。

道にウンチが落ちてるなら顔をしかめる前に拾えばいいじゃないですか。
犬の無駄吠えで怒鳴り込む前に吠えない躾のひとつも伝授してやりゃいいじゃないですか。
放し飼い状態の犬に迷惑してるなら片っ端から懐かせて捕まえて、
飼い主に注意喚起してやりゃいいじゃないですか。
首輪に気の利いたブラックジョークでも書いた紙を挟んだぐらいにして。
「里の母が毛皮の襟巻きを欲しがっていたな…」なんかどうでしょうね。

捕まえられないなら保健所に連絡もアリだとワタクシは思っちゃいます。
放し飼いかもしれないけど野犬の可能性もあるから捕獲してくださいって。
それを行う前にそのへんに捕獲依頼済みのポスターを貼るとか回覧板で知らせるとか。


まったく。
なんでハナっから敵対しようとばかりするんだろ。
メイアイヘルプユーの精神をもう少し持ってもいいのに。
少なくとも理由を聞いてあげようよ。
現行犯じゃないなら放置糞があった場所に
「純粋な疑問です。なぜウンチを拾わないんですか?」
とでも書いたポスターに輪ゴムをつなげて鉛筆をくくりつけて貼ってみようよ。

迷惑飼い主の方が悪いのはわかってるんですけどね。
mixiでのことですが、あんまりにも愚痴だらけのコメントが満載だったので。



クリック応援していただけませんか?

ぽちっとクリックお願いします



posted by あきこ at 22:32 | Comment(4) | TrackBack(0) | 未分類雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

ブリーダーの見分け方〜繁殖の理由と繁殖者の分類

ブリーダーのランクを語るには繁殖の理由を先に知る必要があります。
以前mixiで書いた記事ですがちょっと修正して載せてみます。

まずは「いわゆる素人繁殖」についてです。

A
A-1最愛の愛犬の血を受け継ぐ家族がほしい
A-2ウチの子の赤ちゃん、母犬になった愛犬、が見たい
A-3お小遣い稼ぎ
A-4多頭飼いしたいが犬嫌いなので子犬を産ませる
A-5転位的な衝動(人間の家族の増加を見込めない等の深刻な事情)

B
B-1知り合いに結婚させようと声をかけられた
B-2子犬の誕生を周囲に勧められたor頼まれた

C
C-1いい犬なので子孫を作ったほうがいい
C-2チャンピオンの血筋なので血を絶やしてはいけない

D
D-1生命の継承は自然なこと
D-2命の神秘を期待

E
E-1注意していたが出来ちゃった
E-2先の予定はしていたが今回は管理不測で出来ちゃった
E-3知らないうちに出来ちゃった
E-4発情の理解不足で出来ちゃった
E-5勝手に出来ちゃった

F
F-1出産させると母性本能が出て性格がまるくなる
F-2出産させると病気予防になる
F-3マウンティングばっかりのオス犬は性欲が強いので願いを叶えさせてやりたい
F-4偽妊娠の兆候を見て赤ちゃんを産み育てたがってると思う
F-5女の子に生まれたので一度は母にさせてあげたい

○ケース:ひとつだけがあてはまる、複数あてはまる、すべて該当する。
○共通点1:犬が好き、家族の一員として大切に可愛がっている、犬のために良いと思うことをしてやっている。
○共通点2:誰か(家族・ブリーダー・獣医師・ショップ店員・自分より犬に詳しい知人)がGOサインを出した
○共通点3:症状が目で見えて、しかも知名度の高い重めの疾患以外は反省材料になりにくい

A群はもっとも多く見られる。
特に前半3つは少し前までは誰からも批判されたりしないフツーのことだった。
純血種であれば貰い手探しに困ることもなく
それなりに需要と供給のバランスがとれていた(?)。
ブリーダーの出発点もこのあたりが多い。
最近は4と5の理由が増えてきている。
5の心理は他人が口を出すことではないとワタクシは思っている。
1と2と4は飼い主の思惑のみで事が進み、こんなはずじゃなかった
と後悔することも多いし飼育放棄も多いと感じる。

とくにA-1、A-2、A-4の飼育放棄!
主にこの理由で繁殖をやっちゃう人は犬を捨てたりはしません!
放棄とはそんなことを言ってるのではないです。
その愛犬がはじめて飼った犬だとか、
以前外飼いの犬はいたが室内愛玩犬はこの子がはじめて、
にあたる人はこのことについて今一度考えてほしい。
家族を増やしたいだけだからウチは別に『繁殖』じゃないのよ〜
っと感じている人。

多頭飼いの失敗とゆーか挫折とゆーか、家族を生涯飼い続けられなくなる人って
「いわゆる素人繁殖」には結構高い確率で発生しちゃってるんです。事実です。
飼いきれなくて生後3ヶ月とか4ヶ月ならまだいい方で、
半年過ぎや1年以上経ってから1頭だけヨソにあげることになっちゃうことはすごく多いです。
ちびっこギャングの時代から性成熟しておとなになる頃です。

ここで多分「捨てるんじゃない、責任持って新しい行き先を見つけるんだからいいんじゃないか」
と考える方がいらっしゃることと思います。
確かに殺処分するよりマシに見えるかもしれませんが・・。
そしてこれは繁殖引退犬の飼育放棄にも言えることですが、
それをやっちゃうと結局は単に犬の総量を増やしてしまったことになります。
今、犬たちは余っているから毎日殺されています。
犬種・性別・年齢・血統書の有無・病歴・性癖・体格・体質・・
による区別はほとんど無く、殺される犬はただ、余っているという理由で。

「捨てる人間が悪い」
そりゃそーです。
でも拾える人間が犬の数以上いれば殺される犬の数は減るんです。
細かいことを言えば本来は捨てる=即命の終わり、ではないはずですよね。
そのために動物愛護法があるんですから。
誰も飼えないから、行政が捨てた人と飼えない人に代わって殺してるんです。
繁殖者が飼いきれないのに余分に増やしさえしなければ、
その繁殖された犬をもらった人は、
すでに存在している行き場のない犬と暮らす選択をしたかもしれないのです・・。
(これを総量規制の考え方といいます)



B群もフツーのことだった過去を持つのだが、とくにここ最近では
繁殖をする犬としては正常のボーダーラインを超えた犬が土台になる傾向がある。
ちょっとスタンダードから遠いんじゃ?なんてレベルではなく。
セリ市経由のペットショップやネットオークションで売られる犬の質が下がっている。
顔も体型も個性と言えば個性だがあきらかに病的なニオイを感じる犬も子を産んでいる。

C群は物事を信じやすい人、プライドの高い人、お金持ち、ドッグショー経験者など。

D群は独特の世界観の持ち主が多い。

E群は一言で管理不足!と言ってしまいがちだか、
実際知らなければ誰でもそんなものだと思う。
※去勢予定でいた生後5ヶ月のオスの子犬が子を作ったケースもある。
発情期の犬を複数頭見た事がなければ、普段の愛らしい犬の発情は想定外となる。
去勢済みのオス犬が交尾をする(出来る)のもあまり知られていない。

やっかいなのは愛し合う2頭が自然に結ばれた♪
みたいなポエマーちっくなものだけなのかもしれない。
ただこの管理不足のケースの半分くらいは、
根底に「出来ちゃっても別にいいかな」がある。

F群はこの中で一番脱力する理由だが愛犬の気持ちを考えていることには違いない。
誰よりも犬への愛を持っている自分なのに、
赤の他人がその乱繁殖はまるで虐待ですねなんて言えば話しがうまくいくはずない。
わからせようと正論の説得を長く書きこむよりも、事実だけを伝えてあげることも得策だ。
出産が病気予防の病気とは何を指すのかは子宮蓄膿症なので病因を、など。
オス犬はたった一度の交尾の後に「これで我が青春に悔い無し」とは思わないこと。
メス犬の偽妊娠はなる子とならない子がいるのではなく、
皆がなるけど症状が大きく出る子と少ししか支配されずに済む子がいること、などを。


クリック応援していただけませんか?



posted by あきこ at 17:40 | Comment(2) | TrackBack(1) | 犬の繁殖・乱繁殖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

ブリーダーの見分け方〜ブリーダーのランクその2

その1 の続きでございます

4.職業ブリーダー
 文字通りブリーダー業・・つまり犬を売ることをメインの職業としている
 (※ただし本来のブリーダーという言葉にあてはまるかは大いに疑問)
 トップブリーダーからひよっ子ブリーダーまで
 プロブリーダーと自称し犬業界だけでなく一般からもプロと呼ばれる
 ある意味本当にプロ
 ハンドラーやトリマーやショップ経営または勤務など関連業に就いている場合が多い
 数は少ないが獣医師やジャッジの場合もある
 看板犬はCH犬で、秘蔵犬を除き交配の斡旋や紹介を誰にでもする
 遺伝性疾患について少しは知識を持つが出れば隠す
 個体の病気面などでクレームがくるとキレる
 同犬種より他犬種ブリーダーとのつながりが多い
 ドッグショーには頻繁に出陳する
 繁殖引退犬をよく飼育放棄する
 アンギュレーションやテンペラメントという言葉はよく知っているが、
 横隔膜ヘルニアや血液の病気などの遺伝性疾患で新生児が死亡することは知らない
 知らないから致死遺伝子を持たせた子犬を(悪気なく)健康だと言って売る
 一犬種だけの場合もあるし複数犬種を扱う所もある
 犬の管理はピンキリだが、行き届いた環境に見えることが多い
 子犬の売り方は様々で、出来栄えの良さそうなものは高値
 雑誌やHPでの宣伝・紹介・ショップへの卸し・ネットオークションなど
  
5.パピーミル
 パピーは子犬、ミルは工場の意
 管理頭数は2桁後半〜3桁
 ほとんどが多犬種で最近は血統書申請すら省ける1代ミックス犬も売れ筋
 目がつぶれていようが手足に異変があろうが気にせず産ませる
 基本的に売るために生産を繰り返すので毎シーズン交尾させる
 頭数が増えるほど出産も頻繁にある
 出産時の事故が多い
 散歩はさせない
 子犬は生体セリ市やペットショップに卸す
 ドッグショーへの参加はほとんどない
 遺伝性疾患の検査はしない
 たまに単犬種だからって1か2を自称している5がいる(ワタクシは見ました!)
 
6.バックヤードブリーダー
 本来は資格や知識を持たずテキトーに裏庭で繁殖させて子犬を売る愛犬家の意
 犬好きで人あたりの良い人が多い
 規模の小さいパピーミル
 基本的に売るために生産を繰り返すので出産回数は多い(1頭が5回とか)
 日本では「個人ブリーダー」と触れ込んでいればたいていこれ
 たいてい最初のペット犬の可愛さから繁殖を始める
 普通の素人繁殖もこれ
 扱う犬種は小型犬が多く、「頭数が少ないので愛情たっぷり♪」などもよく聞く
 5頭以上になると躾がほとんどできない
  (とくに自家繁殖犬の社会性の無さが目立つ)
 頭数が増えると経費もかさむので養うために出産回数も増える(悪循環)
 遺伝性疾患の検査は必要ないと思っている(ってゆーか判明するとマズイ)
 個体の病気面などでクレームがくるとキレまくる
 その際にはHPで被害者ぶって愚痴るか、あるいはBBSが炎上して閉鎖となる
 交配斡旋は喜んでやるし素人繁殖も手放しで祝福する
 繁殖引退犬は飼育放棄することもあるが生涯を看取るケースもある
 去勢避妊(総じて不妊処置)はカワイソウと思っている
 死産や新生児死亡が多く、「お星様になった」とよく言う
 ペットタイプブリーダーなのでショーには興味がないなどと言う
 時々付き合いや犬質が高い犬が出た!などの思いこみで出陳する
 そのわりには看板犬だけCH犬だったりCH直子なことを暗に自慢する
 とにかく全般的にカンチガイさんが多すぎ


5と6(一部の4も)にほぼ共通する事柄として
遺伝については知らないし覚える気もあまりない
性質の遺伝についてももちろん深く考えないから、
どうにも吠える犬やシャイやビビリがたくさん出る
売りっぱなし、あるいは生産した犬の繁殖には無頓着・野放し
畜犬登録、狂犬病予防はしていない
頭数が増えると手入れが行き届かなくなり、長毛種は汚いままか丸刈り
ドライフードのブリーダーズパックをブリーダー専用のフードと言う(笑)
犬は犬慣れはしているし人への噛みつきなどもほとんど無いが、
トイレの躾から吠え癖はもちろん、基本的な服従訓練もしない(できない)
(1代ミックス犬以外は)付加価値になるので血統書は発行する

ワタクシが本日力説したいのは、とくに6です 
単犬種専門犬舎、みたいな言葉がHPにあれば、
普通の人はたいてい信じます。
その人の人柄は良い感じですし、ほんのちょっぴりくらいは犬について詳しいから
ほんっっとに「このブリーダーさんなら安心」って思えてしまいがち。

いやいやいやいや。
シロートハンショクにケが生えただけですから。

一腹全部を売る・・ってのがしょっちゅうあって、
しかも「血統書つきでーす♪」がブリーダーとしての当然のサービスとか思っていて、
犬の病気はどれもこれも運命と飼い主の管理のせいだとか言っちゃう人で、
犬好きだけじゃブリーダーなんてやってられないのよー
なんてブリーダーさん(笑)がいたら、
それは1でも2でもなく、6です。

※“その1”とこの記事に共通することとして、ここであげた項目は「傾向」です。
それと2は4になりやすいのと反対に、3が1になることもあるかもしれません。
ブリーディングは決して繁殖回数の経験だけで成長できるような域の行為ではなく
感情論より科学的なものの見方が当然必要であり、
また繁殖も販売も個人個人の自由な日本では、
ろくでもないブリーダーをなくすことはできないと嘆きそうになりますが、
かえって一般飼い主の希望が寄り集まった声が
正統な繁殖を広める力になることも期待できます。


ぽちっとな

posted by あきこ at 02:54 | Comment(4) | TrackBack(0) | 犬の繁殖・乱繁殖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

避妊去勢に反対〜!

のアンケートを作りました。
どちら様もお気軽に投票しちゃってくださいまし。
←左のサイドバーに設置してます。

人気ブログランキングの投票機能でございまして題して
犬の避妊去勢 〜避妊去勢をしない理由〜

無いノーミソを揺すりながら選択肢を決めてみたんですが
出来栄えは完璧には程遠い・・
作成者は後から修正したりもできるみたいなので
こんな理由もあるんですけどーみたいなご希望はご遠慮なくどうぞです。

あと多分、性別・年齢・地域は非選択のままで投票ボタンを押せます。
そもそもどこのどなたがどれを選んだってのはワタクシにはわからないです。

posted by あきこ at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不妊処置−避妊と去勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする