2011年01月31日

遺伝子検査できる病気その3

最近アクセスワードの反映が早い?ようなので
表現する言葉をちょいっと変えながら同じことを三たび繰り返します。
このシリーズの1から3まで
1.http://kotavi2002.seesaa.net/article/181480222.html
2.http://kotavi2002.seesaa.net/article/182069165.html
3.ココ

にUPしたのは、主にアメリカやオーストラリア
1頭の犬の遺伝子からこの病気の因子を持っているかいないか がわかる
病気たちです。
ある遺伝病が最初に研究された犬種・研究の結果変異遺伝子の所在がわかった犬種
を転載させていただいておりますが、これらに犬種名が記されていないことや
遺伝子検査ができない犬種たちのほとんどすべては
この遺伝性疾患の無い犬種ではありません
とくに繁殖をするなら絶対に押さえておかなければならないただの事実です。
ではNからVまで。

Narcolepsy
ナルコレプシー、脱力発作、睡眠発作
(過度の脱力または眠気が日中、とくに興奮した時に起こる。劣性遺伝)
ダックス、ドベ、ラブ

NCL-A (Cerebellar Ataxia)
小脳性運動失調
(早ければ生後2週目くらいで眼震や重度の歩行異常などがある、小脳から脊髄の神経細胞が壊されていく。進行性)
ピットブル、スタッフィー

Necrotizing Meningoencephalitis (NME)
壊死性髄膜脳炎、パグ脳炎
(大脳の細胞が死んでいく。多因子遺伝。てんかん発作や運動障害など脳炎の症状
犬の壊死性髄膜脳炎(パグ脳炎)の病態解析(東京大学獣医臨床病理学研究室ホームページ):
http://www.vm.a.u-tokyo.ac.jp/vcpb/pug.html
)
パグ

Neonatal Encephalopathy with Seizures (NEwS)
発作を伴う新生児脳症
(だいたい小ぶり、早ければ生後すぐから強直性発作、7週目までに多くが死亡。劣性遺伝)
プードル

Neuronal Ceroid Lipofuscinosis (NCL)
神経セロイドリポフスチン症
(ライソゾーム疾患。当ブログ内に関連記事複数あり。劣性遺伝)
米ブル、チベタンテリア、Eセッター、Eスプリンガースパニエル

Phosphofructokinase Deficiency
フォスフォフルクトキナーゼ欠損症
(赤血球や筋肉などでエネルギー源であるグルコースやグリコーゲンの代謝に関わる
フォスフォフルクトキナーゼ(PFK)に異常が起こる。エネルギー不足による虚弱、筋肉の痙攣、黄疸
劣性遺伝)
コッカー(どちらかは不明)、Eスプリンガースパニエル、雑種(?)

Polyneuropathy (NDRG1)
多発性神経炎、多発性ニューロパチー
(末梢神経障害による運動感覚および自律神経障害、劣性遺伝)
グレーハウンド

Primary Hyperparathyroidism
原発性副甲状腺機能亢進症
(元気消沈、腎結石、食欲不振・嘔吐・下痢(消化性潰瘍)、膵炎、易骨折性。
血液中のカルシウムが正常またはそれ以上あるのに副甲状腺ホルモンが必要以上につくられることで起こる)
キースホンド

Primary Lens Luxation (PLL)
原発性水晶体脱臼
(眼圧上昇、視力障害、脱臼の前に亜脱臼が起こるがあまり気付かれないで症状が進む。劣性遺伝)
チャイクレ、ジャック、ミニブルテリア、Eコッカー、
他多数

Progressive Retinal Atrophy
進行性網膜萎縮症、PRA
(国内でも検査ができるため視力を失う遺伝性疾患としてPRAはかなり有名になった。優性・劣性・線染色体性)
多数

Pyruvate Dehydrogenase Phosphatase Deficiency (PDH, PDP-1)
ピルビン酸脱水酵素フォスファターゼ欠乏症
(乳酸の蓄積による筋力低下、肝障害、けいれん発作、脾腫)
クランバースパニエル、サセックススパニエル

Pyruvate Kinase Deficiency
ピルビン酸キナーゼ欠乏症
(死産・新生児死亡。乳酸の蓄積による筋力低下、肝障害、けいれん発作、ATP(アデノシン三リン酸)産生低下、赤血球内脱水、脾腫)
ちわわ、バセンジー、ビーグル、ダックス、ウエスティ

Retinal Dysplasia (RD/OSD)
網膜形成不全
(いくつかタイプがあるが多くは視力の障害または喪失。劣性遺伝か劣性遺伝だろう)
ラブ、サモエド

Thrombopathia
血小板減少
(血液凝固障害、血小板の病気は軽ければメスの発情出血の延長や歯の生え換わり時の少量の出血など。劣性遺伝)
バセットハウンド

Trapped Neutrophil Syndrome (TNS)
捕捉好中球減少症
(白血球の半分から3分の2を占めるのが好中球。易感染性。劣性遺伝)
ボーダーコリー

Von Willebrand's Disease
フォンウィルブランド病
(いくつかタイプがある。血中フォンウィルブランド因子の欠乏が原因の血小板粘着障害による
先天性出血性疾患。劣性遺伝)
バニ、ドベ、パピヨン、ペンコギ、プードル、スコッチ、シェルティー、全ポインター






宇宙より愛を込めて

ぽちっとな



***********************************
***********************************

2011年1月現在募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます

***********************************
***********************************

posted by あきこ at 17:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 遺伝性疾患を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

マテの効用

08年わんぱら

子犬にマテ、教えてますか?
犬がマテを正しく理解すると集合写真が容易に撮れます(笑
ご飯を食べる直前だけでなく、食べ物が無い場所や
室内だけじゃなく、初めて訪れた場所でも出来るようにするには、
普段から練習しておくことが必要です。

言葉はなんでもいいんです。
ステイでもウェイトでもストップでも立てでも。
ワタクシは手首を立てて犬の正面に手のひらを向けて(視符)マテと言って教えます。
まずはオスワリを覚えてもらい、自分の正面に犬を座らせて、
手のひらで「動くなよ、いいな、そのままそのまま」と念を送りながらマテと言います。
座らせなくても構いませんが最初はオスワリからがお互いやりやすいです。
初めておこなう時はほんの3秒くらいから進めて、
「犬が動かなかったこと」を肯定するという姿勢で。

3秒動かなかったら・オスワリさせてる場合は腰を上げきらなければ、ご褒美をあげます。
ご褒美もそのコが喜ぶものなら何でもいいです。
アイコンタクトがうまく行っていると目を見合わせて笑顔を見せればOKな場合もあるし
クッキーやジャーキーなんかのおやつのかけらやドッグフード1粒をあげても可。
※おやつは小さくしたものを用意、食べさせる時は座らせたまま

1日に2回・朝晩、5回くらいずつおこなえば、フツーの犬なら3日で覚えます。
3日で出来ない場合は飼い主さんの教え方・タイミングに問題アリ。
子犬は生後2ヶ月ちょうどくらいからフツーなら覚えますし
オトナの犬も何歳でも覚えるわりと簡単なコミュニケーションです。

マテを知った犬は、うっかりリードが外れても、大惨事を起こす確率がすごく減ります。
完璧に覚え切れてないとしても何にもやらないよりはもちろんいいし、
マテにオイデをプラスすると愛犬の命を守るチカラが強まる。
これはもう、教えるしかない!


09年わんぱら
こっちの写真は最初の写真の翌年です
慣れた環境でも初めての場所でも・初対面の犬やヒトがいてもいなくても、
うちの可愛い可愛いこたくんは基本的におりこうでマテができます。
が、
注意力が散漫なので1分持てばいいほう・・・・・




宇宙より愛を込めて

ブログランキング応援お願いします



***********************************
***********************************

2011年1月現在募集中 当ブログ内の記事北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます

***********************************
***********************************

posted by あきこ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | こいぬのしつけを楽しんで♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

なにがぎゃくたいか

暗くて固いタイトルの時はひらがなにしてやわらげてみる。
やわらいだのか?

動物を虐待すると、動物愛護法に反してるとか愛護精神を持たない、とか言う。

goo辞書より
ぎゃく‐たい【虐待】[名](スル)むごい扱いをすること。「動物を―する」
例文にまでなっちゃってるように、動物にむごい扱いをすることが虐待のようだ。

むご・い【▽惨い/▽酷い】[形][文]むご・し[ク]
1 見るにたえないほど痛ましい。残酷である。「―・い死に方」
2 思いやりがない。無慈悲である。「―・い言葉」
[派生]むごさ[名]


ほほぅ。
言葉はわかりやすいな。
簡単にざんこくなぎゃくたいの光景が浮かびおる。

ぽち@さん撮影 エリコ

だがしかし。
ワタクシたち一般の飼い主が思い浮かべる虐待とは、
よーく考えてみると衛生状況とヒトの手に比重を置いているのが見えはしませんか。
この写真のコは、今現在はお天気の良い日に無理のない運動をさせてもらい、
暖かな部屋でおいしいものを食べてニンゲンと先住犬が優しく見守る家庭で毎日を過ごしている。
ちょっと前までは耳の穴が見えないほどの垢にまみれた痒い痒い耳を、
掻きたくて伸ばす不自由な後ろ足が2センチしか動かない体で気が狂う毎日の末、
あらゆるものに反応せず心を殻でガードし無気力な日々だった。

そういう境遇の犬が、愛情あるニンゲンの下に行けたことは、誰もが喜ぶ。
このコは幸せになれた、虐待されていた環境から救出された、
世の中には他にもこのコのような不幸な犬がいるけどまずはメデタシ。

メデタシ?本当に?このコは複数頭の子犬を産んでるのに?
産んで生き残った子犬は全部ペットショップで売りさばかれたのに?
このコは今、たぶんとても幸せだ。
売りさばかれた子犬ももしかしたら幸せだろう。
でもそれでいいの?
虐待は本当に無くなったことになるの?




エリコの子犬たちが子犬を産まされた確率なんパーセントかな

ブログランキング参加してます



***********************************
***********************************
***********************************
2011年1月現在募集中 当ブログ内の記事北陸わんの里親探し
エリコもいますhokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************
***********************************





posted by あきこ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物愛護論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

供血の話

供血の輪をご存知でしょうか。
03.jpg
※バナーをクリックすると別ウインドウで供血の輪に飛びます


きょうけつ、ってちょっと聞きなれない言葉です。
デジタル大辞泉の解説
きょう‐けつ 【供血】
[名](スル)輸血用の血液を提供すること

という、文字通り血を供する(ついでに供するとは役立てる、提供するという意味です)、
輸血を必要とする治療をしているよその犬に、
動物病院を通して愛犬の血液をお譲りする行為、献血です。
ミクシーの供血の輪コミュで去年の11月に呼びかけがあり、
輸血を希望しているコがバーニーズだったので我が家からはこのかたに出動してもらいました。
バニ飼いさんに「大きい犬ですね」と言わしめる体格が自慢と言えば自慢です。

おりですおり
※小太郎は夜8時を過ぎると布団にもぐって寝てしまう

ワタクシは都合により同行せず、バニの飼い主さんが小太郎を迎えに来て、
ちょっと血を採って調べてから適合サインが出たのでゾリっと毛ぞりしてとぷとぷと採血し、
「初対面なのに人懐こいコだから思ったより苦労はありませんでした」
の言葉とともに送られて帰宅した小太郎。
供血した犬にもれなくあたる缶詰フード(退院サポートという代物)2缶は一気食い。

本当は「供血とはまず犬を保定して前肢から少量採血し患犬の血液とのクロスマッチテストをおこない・・」
と書きたいのですが、見てないのでよくわかりません(爆
バニちゃんの飼い主さんに詳しく聞くようなヒマもなく、
病院(酪農大学付属家畜病院)に電話で尋ねれば良かったのかもですが忘れてたり。
供血の際の犬の採血は外頚静脈から採取するのが一般的だそうな。
あと首の前・アゴと胸の中間くらいを思ったよりは広範囲に剃るので、
(ワタクシは論外だがフツーの女性は特に)痛々しく感じたり美的な面が気になるかたがいるかもですが。

ワタクシはそのコの役に立ちたいと思ったから小太郎に協力してもらった。
小太郎は実際のところ、なんだかわからんけど優しそうな人が車に乗せてくれるから着いて行った。
小太郎は2箇所のチョビハゲと1箇所の大ハゲをこさえてフラフラしながら帰ってきた。
と、ニンゲンの目腺で見ると犬に負担を強いているだけと映ることもあるかもしれない。
が。
もし小太郎が事情を飲み込めるのだとしても、3日くらい軽いめまいがするよとわかっているとしても、
具合が悪くて困っているコを助けに行くと絶対に言う!という確信があるのであーる。
とっくに毛が生えそろってしまったが、3つのハゲが小太郎の勲章に見えたワタクシは重度のバカ(はぁと)




おにいたんて盗み食いさえなければ完璧よ

連続更新破れましたがぽちっとなプリーズ



***********************************
***********************************
***********************************
2011年1月現在募集中 当ブログ内の記事北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************
***********************************


posted by あきこ at 23:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 供血、保護、お知らせなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

遺伝子検査が可能な犬の遺伝病続き

遺伝子検査が確立している犬の遺伝性疾患の病名の翻訳の続きです。GからMまで
前の記事はこちら

Glanzmann’s Thombasthenia
グランツマン血小板無力症
(血液の病気。先天性血液凝固因子欠損。犬では稀な鼻血が多かったり)
オッターハウンド、ピレネーズ

Globoid Cell Leukodystrophy
球様細胞白質ジストロフィー、またはグロボイド細胞性ロイコジストロフィ、クラッベ病
(ライソゾーム疾患。ガラクトセレブロシダーゼの欠損による進行性の中枢神経系の衰退)
ケアン、ウエスティ

Glycogen Storage Disease Type IIIa (GSD IIIa)
糖原病三型、またはグリコーゲン貯蔵病、V型はフォーブス病・コリ病
(ライソゾーム疾患。進行性の低血糖、肝臓の腫れ、筋力の低下)
Cレトリーバー

GM 1 Storage Disease
GM1カングリオシドーシス
(ライソゾーム疾患。若齢期の運動失調から始まり、けいれん発作、視力低下(失明)、
痴呆様症状などを起こし早期死亡)
PWドッグ

GM2 Gangliosidosis
GM2ガングリオシドーシス
(ライソゾーム疾患。上記参照)


Gray Collie Syndrome (Canine Cyclic Neutropenia)
周期性好中球減少症、グレーコリー症候群
(毛色遺伝子のDシリーズがddホモ=ブルーのコリー系の犬の症例が見られたことから名づけられた。
血中の好中球が減少することで皮膚や被毛が弱くなり口内や内耳などに炎症、易感染性)
コリー

Hereditary Juvenile Cataracts
遺伝性若年性白内障
(白内障とは水晶体が濁ることにより視力が障害される状態で若年性とは概ね6歳以下を指す)
オゥシー、フレブル、スタフィー、ボステリ

Hereditary Nephritis
遺伝性腎炎
(腎炎とは腎臓の炎症。犬ではまずたいてい膀胱炎と診断される)
サモエド

Hyperuricosuria
高尿酸尿症、高尿酸血症
(血液中の尿酸が多くなる状態、悪化すると通風を引き起こす。通風は数日間の強い痛みのあと
痛みが薄れる期間が最初より長めに続き、また強い痛みの数日間を繰り返す。
高脂血症と合併することが多い。高尿酸尿症下ではシュウ酸カルシウム結石が形成されやすい)
ダルメシアン

Ichthyosis
魚鱗癬
(魚の鱗のように皮膚の表面が硬くなり剥がれ落ちる病気)
ノーフォークテリア

Juvenile Dilated Cardiomyopathy (JDCM)
若年性拡張型心筋症
(心室拡張と収縮力低下を伴う重篤な心筋病変)
PWドッグ

L2HGA−L2 Hydroxyglutaric Acidurea
ヒドロキシグルタル酸血症U型(翻訳自信ナス)
(有機酸代謝異常症。生後6ヶ月から1歳の間に歩行ふらつき、振戦、運動や興奮後の筋肉の硬直、てんかん発作)
スタフィー

Leonberger Polyneuropathy (LPN
レオンベルガー多発性ニューロパチー
(ニューロパチーは運動神経、感覚神経、自律神経-末梢神経の正常な伝導が障害されること。
四肢の脱力や筋力低下、運動麻痺、感覚障害が見られる)
レオンベルガー

MDR1 (multiple drug resistance gene)
多剤耐性遺伝子
(主にコリー系に見られるイベルメクチン中毒など)
オゥシー、ボーダーコリー、コリー、シェルティー

MPS IIIB
ムコ多糖症VB型サンフィリッポ症候群
(ライソゾーム疾患。2〜3歳で多動・攻撃的、けいれん発作、震え、歩行・嚥下障害などが見られる。
早期死亡)
スキッパーキ

MPS VI
ムコ多糖症Y型マロトー・ラミー症候群
(ライソゾーム疾患。成長遅延、心臓や肝臓の変形・機能異常や腫れ、角膜混濁、難聴、
臍・鼠径ヘルニア、気道狭窄、骨変形など多くの障害が見られる。
呼吸器不全での若年死亡が多い)
ミニピン

MPS VII
ムコ多糖症Z型スライ症候群
(ライソゾーム疾患。Y型参照)
Gシェパード

Musladin-Lueke Syndrome
チャイニーズビーグル症候群
(ヒトの全身性硬化症に似た状態。皮膚・関節の繊維化、嚥下・呼吸障害)
ビーグル

Myotonia Congenita
先天性筋緊張症
(筋肉収縮後の弛緩が障害される、筋力低下、筋けいれん)
ミニシュナ


血小板無力症は軽度であればなにかの手術や大怪我をするまで気づかないこともあるが
症状が重ければ生まれ落ちた直後にへその緒からの出血が止まらず弱る、あるいは死ぬ。
犬は乳歯が生え変わる時に普通は垂れるほど出血しないし
メスの発情出血は正常なら3週間以上も続くことは無い。
それらが見られると血小板無力症に限らなくても血液の病気が疑われる。

ニューロパチーや筋緊張症の犬は症状が軽ければ立ち上がり時にフラつくかもつれる程度だ。
足が痺れるように感じられることも多いがフツーの犬の足は痺れない
治療の必要がいらないor治療方法がなくできないケースは多々あるが、
足が痺れる犬を繁殖させてはいけない






心臓病もほとんどが遺伝性なんだニャ

ぽちっとなプリーズ



***********************************
***********************************
***********************************
2011年1月現在募集中 当ブログ内の記事北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************
***********************************


posted by あきこ at 14:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 遺伝性疾患を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

物足りなさ過ぎ遺伝子検査

昨日の記事の続きです。

ちょい古データですが
犬の遺伝子検査を行う国内または日本語での申し込みが可能な検査機関 2009年8月現在

犬の遺伝性疾患て、体のつくりはヒトと大差ないものですから
何千から何万という種類の遺伝する病気や体質や形質があると考えて間違いありません。
で、近頃では良いブリーダーを探すときの目安として、
繁殖させる犬たちの遺伝子検査を済ませているか、なんてことが話題になります。
ネットやテレビのおかげで犬にも遺伝性疾患があることと、
犬の遺伝性疾患は繁殖させるペアを選ぶ人間に責任と予防の義務があるのだ
という考えがそこそこ浸透してきた気がします。

ただ、フツーの一般の飼い主さんは遺伝子検査の中身や実施機関についてなんかは
あんまり詳しく把握していないのが普通ですから、
結構なんとなく検査したほうがいいんじゃないの?と思っています。
つい先日、セロイドリポフスチン症を発症したちわわ?の記事を書きましたが、
それに関して「遺伝子検査を怠ったからCL症を発症したのだ」
的なご意見を複数見かけました。
何度でも同じことを書きますがちわわのCL症の遺伝子検査はできません

CL症どころかちわわの遺伝子検査は今現在国内ではできない
※時々JKCのDNA登録をDNA検査がされていると間違った認識を持つ人がいます。
繁殖の際に最低限必要なこととして広まってきている遺伝子検査。
日本で遺伝子検査ができる犬種と疾患・形質はものすごく少ないんです。

遺伝子検査ゼロ
チワワ
ポメラニアン
ヨークシャーテリア
シーズー
マルチーズ
パグ
ミニチュアピンシャー
キャバリアキングチャールズスパニエル
ペキニーズ
イタリアングレーハウンド

日本スピッツ
ビションフリーゼ
フラットコーテッドレトリーバー(以上、09年度JKC公開データより年間登録頭数500頭以上の犬種)

ポメは当ブログに複数ポメの遺伝性疾患に関する記事が示すとおり、
低血糖やポメはげの代謝性疾患からパテラ・レッグペルテスなどの筋骨格の遺伝的トラブル
ポメもマルもちわわもヨーキーも流涙、関節系、気管呼吸系、心臓などなど、
キャバリアは僧帽弁閉鎖不全・三尖弁閉鎖不全・拡張型心筋症など
心臓の重大な病気がつきもののように言われていますが結局は遺伝性疾患。

ミニピン・イタグレは皮膚病も多く免疫系のトラブルに起因するものは遺伝性と判明している、
乳歯遺残も停留睾丸も各種ヘルニアも遺伝性疾患だけど遺伝子検査はできないか確立していないだけ。
フツーの一般の飼い主さんは遺伝子検査の中身を把握しきれていないから、
遺伝病とされる病気の犬を見聞きすると悪徳繁殖業者やパピーミルが悪いと思う。
今現在ブリーダーを名乗っている繁殖者の大多数が一般飼い主さんとなんら変わりなく、
遺伝性疾患や遺伝子検査について専門的に学ぶチャンスが皆無なことにも目を向けて、
悪徳業者ってそもそもどういう状況の繁殖者なんでしょうか?
を考えるためにそのうちこれも書きます。たぶん。。




ものたりないよね

ぽちっとなプリーズ



***********************************
***********************************
***********************************
2011年1月現在募集中 当ブログ内の記事北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************
***********************************


posted by あきこ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 遺伝性疾患を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

乱繁殖者の見分け方


1胎全部売るために産ませるとか毎発情期毎に産ませるとかのフツーバージョンより、

売る子犬の繁殖に無関心

遺伝病の検査済みを大々的に宣伝


とゆー、たった2点でかなり傾向がつかめます。
ほんとに。



今日の記事短かっ

そんな日もあるさ。ぽちっとなプリーズ



***********************************
***********************************
***********************************
2011年1月現在募集中 当ブログ内の記事北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************
***********************************


posted by あきこ at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 犬の繁殖・乱繁殖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

乱繁殖は誰が起こすか

もしもし鰤よ鰤さんよ
世界のうちでキミらほど
病犬を増やす者はない
自然の掟に逆らうな

ニッポンの名曲、もしもしカメよの節でどうぞ。

ワタクシ事ではございますが
さきほどキーボードにマグカップ1杯分のお湯をぶっかけました。
どのボタンもまったく反応しません。(ここ泣くところ)
予備のキーボードはあるんですが、ひとつ解決しきれない問題がありまして
本キーボードの輝度調整がお湯ショックか何かでメいっぱい明るくなってしまいまして。
予備ボーにはモニターの輝度を操作するキーがありません。
眩しくてしゃーない。。これぞ羞明。
そしてワタクシの愛パソコンちゃんはSONYのVAIOのタイプM。
つまり本ボーとパソコン本体が一体型で、予備ボーを使うのも邪魔くささこのうえないです。

そんなこんなでさっきから入力した文章が佳境に入るといろんなエラーが起きてまして
もうすでに6回目くらいのこの記事がUP失敗に終わればもう寝ようかとすら思っております。

ブリーダーを自称する人々の多くは何がブリードなのかを知らんのですが
買う側も似たり寄ったりで典型的な乱繁殖業者を「良いブリーダーさん」
とか思っちゃってるところに大きな原因があるんですよと。
とりあえずそのうち続きを書くつもりなので要点箇条書き(にしないと何を言おうとしていたか忘れる)。

・繁殖場や飼育場の清潔さに惑わされやすい
・高齢犬を繁殖引退犬として飼育放棄する問題
・それだけじゃ飽き足らず「ブリーダーが里親探しをするからブリードレスキュー」
 (とほんとに言い放った繁殖者がいてワタクシはマジでぶったまげた)
・単犬種、多犬種と少数多頭の紛らわしさ
・犬好き、愛情深い、人間的に優しいとか知識が豊富とか
・産婆の技術vsブリーディング技法

そんな感じで。




ななもいつも歌ってるニャよ

いつまで続くか毎日更新?ぽちっとクリックよろしく



***********************************
***********************************
***********************************
2011年1月現在当ブログ内の記事北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************
***********************************

posted by あきこ at 23:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 犬の繁殖・乱繁殖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

遺伝子検査ができるということは

その病気(形質・体質)は犬の遺伝性疾患にほかならない、という証明だ。
犬種名があがっているが、あくまでも「この犬種は検査方法が確立しています」だ。
決して他の犬種はこの病気にかからない、犬の遺伝病は犬種によって罹るものと罹らないものがある、
ではない←ココすごく重要

繁殖者は犬の遺伝病の病名と症状を知っていなければならないし
もし獣医師がもっと簡単に病名を省略して説明したとしても見破らなければならない。
たとえば獣医師は「心臓病です」とは言うけど「催不整脈性右室心筋症」なんて滅多に言わないから。
たった一犬種でも遺伝子検査が存在するということをブリーダーが無視してはいけない。

ポメのレッグペルテスの記事にちらっと載せた
ちなみに「現在利用可能なDNA検査の対象疾患と犬種」はこちら。
http://www.offa.org/dna_alltest.html
の病名の翻訳。AからFまで。

Arrhythmogenic Right Ventricular Cardiomyopathy
不整脈原(源)性右室心筋症、催不整脈性右室心筋症
(心拍リズム(脈拍)が不規則なことによる右室拡大・心筋の脂肪変性、発作、若年での突然死)
(てんかんとは全く違うのに発作というだけでよく誤解されていると感じられる。5歳前後の元気なボクサーが突然死ぬのはこういう理由もある)
病状把握用心臓病と卯建(うだつ)のホームページ様(ヒト用)より不整脈原性右室心筋症http://www.udatsu.vs1.jp/ARVC.htm
ボクサー

Canine Leukocyte Adhesion Deficiency (CLAD)
イヌ白血球粘着不全症
(白血球表面上の粘着分子の欠損を原因とする白血球機能異常症。白血球数の増加、好中球の左方移動、易感染性・早期死亡)
Iセッター、R&Wセッター

Canine Multifocal Retinopathy (CMR)
イヌ多発性網膜症
(網膜症とは網膜内の血の流れが悪くなること。症状に気付きにくいこともあって犬では失明率高し)
マスチフ、ブルマスチフ、ピレネーズ、ポルドーマスチフ、コットンデツレアル

Centro Nuclear Myopathy (CNM)
中心核ミオパチー
(ミオチュブラーミオパチー(myotubular myopathy)ともとも呼ばれる先天性ミオパチー。
ミオパチーは筋力低下を伴う筋原性疾患の総称。子犬期から発症する型は高口蓋-口蓋の中央線部分が下側に盛り上がっている-
と股関節その他関節形成不全を伴う。成犬発症型もあるようだ)
ラブ

Cerebellar Ataxia
小脳性運動失調
(斜頚、眼震、頭部の細かい震え、歩幅が広い、飲食がヘタ)
イタリアンスピノーネ

Ceroid Lipofuscinosis
セロイドリポフスチン症、CL症
(重度ライソゾーム疾患。一般的に2歳前後で死亡。「ごえもん CL病」で検索してください)
ボーダーコリー

Cobalamin Malabsorption
コバラミン吸着障害
(ビタミンB12欠乏症。常に大きな赤血球や異常な細胞核を有する白血球が特徴的な悪性貧血)
Gシュナ

Collie Eye Anomaly
コリーアイ
(視力が徐々に落ちるが犬はその都度周囲に対応していくので気付きにくい。重度の場合は網膜はく離を起こし失明に至る。
遺伝子診断以外では生後2ヶ月前後に専門の検査をして診断できる)
オゥシー、ボーダーコリー、コリー、ノバスコシア、シェルティー

Cone Degeneration
網膜錐体変性症
(進行性の夜盲、視野狭窄、視力低下。若年性白内障や緑内障を併発するケースも多い。眼底色素沈着、視神経の萎縮が見られることもある)
(cone-コーン-錐体(すいたい)は明るい所で色を見分ける円錐状の視細胞。
暗い場所では色を識別できない。rod-ロッド-杆体(かんたい)は暗い場所で明暗を感じる棒状の視細胞。
ヒトの場合明るい場所から暗いところに入った時にものが見えるようになるまで時間がかかるが、
この時にコーンとロッドの切り替えが起きている。)
GSポインター

Cone Rod Dystrophy
杆体錐体ジストロフィー
(夜盲と視野狭窄、羞明-極端に眩しがる-を経て失明状態に近くなる網膜色素変性症。白内障合併多し)
グレンオブイマールテリア

Congenital Stationary Night Blindness (CSNB)
先天性停在性夜盲症
(杆体の欠損・異常。夜盲の期間が早くから始まり、成犬以降に失明にいたることもあるが錐体に異変が起きなければ夜目がきかないだけとなる)
ブリアード

Congenital Hypothyroidism with Goiter (CHG)
甲状腺腫を伴う先天性甲状腺機能低下症
(出生前から甲状腺の硬い腫大、腫大化すると気管のズレから呼吸障害や嚥下障害。甲状腺ホルモンには異常がないことが多い)
トイフォックステリア

Copper Toxicosis
銅蓄積症、ウィルソン病
(低食欲、大人しい、散歩が苦手(歩行障害)、発熱、黄疸、肝機能障害(GOT・GPT・ビリルビンなどの上昇)、
肝腫大、脾腫大、腹水、浮腫、目の色の変化、溶血性貧血、血尿、関節障害)
ベドリントンテリア

Cystinuria
シスチン尿症
(再吸収されなければならないシスチンというたんぱく質が尿に出てしまうことによって結石が作られる。
尿のphは異なるが、ストルバイト結石を併発することもあり、ストルバイトの治療がうまく進まない時は疑える。
ホモ接合の場合は結石となるが、ヘテロでは結石は形成されないが通常より多いシスチンが排出されている)
ニューファン

Degenerative Myelopathy
変性ミエロパチー
(ゆっくり徐々に後足の麻痺が進行する退行性脊髄症。ミエロパチーは脊髄の圧迫等による脊髄機能障害)
バーニーズ、Gシェパード、ゴル、ピレネーズ、シェルティー、ワイア、他

Dialated Cardiomyopathy
拡張型心筋症
(心室拡張と収縮力低下を伴う重篤な心筋病変。犬の心臓手術は今現在一般的ではないのだから、
重い心臓病の犬は様々な制限を感じながら早く死ぬと決まっている)
ドーベルマン

Exercise Induced Collapse
運動誘発性虚脱
(生後5ヶ月〜3歳くらいまでに発症のケースが多い激しい運動後発熱、下半身の虚脱、痙攣。まれに死亡)
ラブ、ペンコギ、GWポインター、他

Factor VII Deficiency
第7因子欠乏症
(安定因子欠乏症。血液中の凝固因子の先天的な欠乏(こういった病気の代表例は血友病))
ビーグル、Gシュナ、他

Factor XI Deficiency
第11因子欠乏症
(PTA因子欠乏症。外傷や抜歯、外科手術後の出血過多)
ケリープルーテリア

Fanconi Syndrome
ファンコニ症候群
(発育不全、多飲多尿、くる病、骨軟化症、筋力低下。腎近位尿細管の障害による糖尿、リン酸尿、汎アミノ酸尿、HCO3の喪失(尿中漏出症)。
シスチン尿症の他ウィルソン病や糖原病を合併することもある。
またシスチン尿症が原因でファンコニー症候群が発生する場合は成長遅延と網膜に斑状の色素脱失があり
進行性腎不全で早期死亡となりやすい)

Fucosidosis
フコシドーシス
(ライソゾーム疾患。フコシダーゼの欠損で生じる常染色体劣性遺伝病で、糖タンパクの代謝異常によりオリゴ糖が体内に蓄積することで発症)
Eスプリンガースパニエル


ちょっとラクしようとして犬種名は縮めちゃいました。
昨日も今日もぽちっとなプリーズ

年と共にだんだん眩しがる子は要注意なのよー





posted by あきこ at 16:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 遺伝性疾患を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

毛色遺伝Bシリーズ その2

Bシリーズのつづきです。
(前回の記事毛色遺伝Bシリーズ)

ブラウン遺伝子座の対立遺伝子は4つあると考えられていて
優性→劣性の順から B、bs、bd、bcなのですが、
遺伝子検査会社はどこでも(世界中)Bとbのどちらかしか表現できていない模様。
まあbs以下劣性3つは単にbとしてしまってもさほど問題がないので
Bが黒・優性、bはブラウン(レバー)・劣性でおkっす。
黒色BBまたはBb チョコ色bb

Bが0個か1個か
bが1個以下か2個かは本犬を見たらどなたにでもわかります。
この子たちは左の子が B 0個 b 2個
真ん中の子が B 1個
右の子は B 0個 b 2個
左からクゥちゃんアンちゃんティティちゃん

チョコタンダップルのダックスもチョコラブも
チョコパーティーちわわもレバーカラーのニューファンも
Bシリーズはbb。みんな一緒。

チョコ系の子のBシリーズは bb 確定。これ以外無し。
ブラック系の子は B 1個は確定。もう1つは本犬だけなら不明です。
が、その子の親犬のどちらかがチョコorその子が産んだ子犬にチョコが1頭でもいれば
チョコキャリーのブラック系、 B 1個 b 1個 確定です。
※本犬の親か子でなければキャリー内容はわからない
※祖父母や孫にいくらチョコが多くても両親犬がチョコでなければキャリーの有無はわからない
※遺伝子検査でBシリーズ内容がわかる犬種がいくつかある

ブラウンて直訳したら茶色なんですが、
犬の毛色はたいてい、見た目茶色と言えば毛色名としての赤を指すんですよね。
柴犬に詳しい人は赤柴・赤毛と呼ぶけど赤柴がセンターに入れば「毛色は茶色」になるわけで
ブラウンはチョコレートと表現した方が多くの皆さんに親切かなってワタクシはチョコと表します。
犬種によってはチョコレート、レバー、レッドなどとにかくチョコ色について。 

参考になるサイトはいくつもありますが紹介するのは図や写真がわかりよかった以下2ヶ所
Genetics of Coat Color and Type in Dogsの中のThe B Locus in Dogshttp://homepage.usask.ca/~schmutz/dogbrown.html

Some Coat Colors of Poodles Studied using DNA Testing
というページのBrown, B Locus Genotypes
http://homepage.usask.ca/~schmutz/poodle.html

英語のサイトです。
なんで英語なのか?日本語しか知らんくせに?
答えは日本語でこれだけ詳しく説明できているサイトが無いから。仕方なく!
ところで遺伝子検査が出来てるBシリーズは責任遺伝子の所在が判明しており、
犬では11番染色体のTYRP1(チロシナーゼ関連タンパク1なんだそう。

・チロシナーゼ 【tyrosinase】 (デジタル大辞泉)
銅イオンを含む酸化酵素の一種。毛髪や眼・皮膚などの生合成の前駆体となる物質を合成する反応にかかわる。
・チロシナーゼ 英訳・(英)同義/類義語:tyrosinase (生物学用語辞典)
メラニン合成に係わる酸化還元酵素で、チロシンからドパキノンを合成する。この遺伝子が欠損すると皮膚の色素ができないにため、白化する。

ブラウンあづきちゃん
あづきちゃん


一番のポイントは鼻の色です。
本当は全身どこでもなんだけど見所ポイントを鼻色にしぼるとわかりやすい。
ここからの7枚の写真はフリー素材サイトからお借りしています。
たぶんbb
afstreetフリー写真ハス
afstreetフリー写真トイプー
クレジットBy:crispee

微妙だけどB*だろう
クレジットby:RL Johnson

B*で間違いない&高い確率でBB(ポメのチョコは別路線なので)
クレジットby:tanakawho
クレジットby:tanakawho
クレジットby:tanakawho

Bシリーズが劣性bbホモでチョコ色の鼻になるか、
優性BBホモ・またはBbヘテロでほかの因子によってピンク色・ピンクまだら・肉色になるのか、
写真でわかりますか?

追加写真↓この毛色をポメではビーバーと言います。毛色はレッド(オレンジ)だけど
Bシリーズがbbで鼻など色素ポイントがチョコ色。
ビーバーは普通黒は産めませんがAシリーズの最劣性aと交わると(aa,bb)どうなるかはわからん。産みそ。
3221653_957278681_53large.jpg




 毎度クリックありがとうござります
おりは茶色いんだよ おりはね。ビーグルだからBBだよん



posted by あきこ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 毛色の遺伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。