2014年01月16日

有料?無料?繁殖引退犬


最近の検索ワードにこんなのがあってカツゲン吹きました。

・繁殖引退犬 3万円 良心的

なんじゃそれ。
犬を手に入れるにはたいていの場合料金が発生するのがふつうです。
たまに若い子あたりが「命をお金でやり取りするのは愛護精神に反する」みたいにアツくなってて、
お金でやり取りしないなら何でもって?と聞くと真顔で「善意と愛情だ」と返されて驚くものです。
なんじゃそれ、アゲイン。

ヒトとしてやっちゃイケナイ人身売買に重ねてしまうんでしょうが、
人間の売買はダメでも犬まで売り買いしないでどうしろと言うのやら。
扱う品が生体なのがポイントなのはわからないでもない、
けど今のこの時代で物々交換したって仕方ないしタダほど高いものはないし。
(あ、菓子折りと子犬を交換したヤツがなにをほざくと天の声が聞こえるぅ・・)

犬はもう、野生には戻せない。
少なくとも私たちの国では1頭ずつのすべての犬に必ず飼い主がいなくてはならない。
野生の状態で生きることを許してやれないのだから、ヒトのもとで暮らす以外に方法がない。
だからヒトの管理下から外れてしまった犬は、国民の意思で処分をし続けている。
処分には殺処分以外に譲渡処分もあって、たくさんの人の思いや活動が譲渡処分を増やしているが、
まだ足りないぜんぜん足りない、何がって?
犬が暮らせる場所が、環境が、ヒトが。


殺処分される犬たちは、ただ単に飼うヒトがいないから無理やり命を奪われ続けるんですよね。
問題を起こしたから、癖が悪いから、懐かないから、じゃなく。
本当にわざわざ誕生させられて、ただ人間が少ないからだけで無残に殺されて、
1億2千万人の人間が少ないなんて言ったら死んでいった犬たちに泣かれそうで、
んじゃやっぱ犬の数が多すぎるんだと思い直せば虹の橋で待つ全頭が絶望しそうで。

でも申し訳ないけど、どう考えても犬の数が多すぎるんです。余ってる。
それなのに厄介払いに3万円の値段をつけるクソみたいな繁殖業者が良心的と思えますかねぇ?
30万円こっちが払うから繁殖引退犬と呼ぶイラナイ犬を引き取ってください、ならわかるけどねぇ?
どんっっっっなに綺麗な言葉でまるめようとしても無責任業者以外の何者でもないですよ。
繁殖引退犬と称して殺処分を間接的に増やす商売に加担しないよう、どちら様もご注意を。

※文中に不適切な言葉遣いがあったかもしれないことをお詫び申し上げます。




***********************************
***********************************
2014年1月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************



そらくんがんばれ月間 赤い糸はどこにつながってるのかな〜?
banner (2).gif
にんきブログランキング


「ツイート」の右となりの「ブックマーク」をクリックするとmixiやその他ソーシャルボタンが出ます。

posted by あきこ at 06:48 | Comment(4) | TrackBack(0) | 殺処分・保護問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする