2018年01月10日

ポメラニアンの色素遺伝子

カッカしたままブログを書くとロクなことにならないですね。
この記事のタイトルは1つ前の記事のものでしたが、
読み返してみたら色素遺伝子に関する記述が皆無でびっくりしました(笑
なのでタイトルを操作しつつ改めて。

1 ホワイト     sw/sw
2 パーティー    sp/sp またはsi/si ほか混合
3 クリーム     cch/cch
4 ウルフセーブル  ay/at、cch/cch
5 オレンジ     ay/ay
6 オレンジセーブル ay/at まれにaw/aw系
7 レッド      ay/ay C/* Em or E/ 非e
8 ブラック&タン  at/at
9 ブラック     Kbr/* まれにa/a
10 ブルー     d/d  
11 ブラウン(今も昔もレバーのこと)  b/b、D/*、Em or E/*
12 チョコレート(今のイザベラのこと) b/b、d/d
13 ビーバー    ay or aw/*、b/b、


パーティーは、ちょうどこのブログにモデルたちがおりますとおり、
ビッケとリーゼルンがsp/spで、ミッシュがsi/siだと思われます。
遺伝子検査は出来ませんが本犬の模様の出方で8割がた予想を絞れるものですし、
それぞれの親や子の情報も合わせてほぼ間違いがないと言い切ってよさそうです。

ポメの○○セーブルとは元来はブラックブランケットを指していましたが、
本物はもうほとんど見かけなくなってきています。
クリームの背中に黒い差し毛がワサーっとあるものをウルフセーブルと呼び、
オレンジだとオレンジセーブルと呼んでいますがこれは色んな犬種に存在する毛色で、
ウルフセーブルはこの犬種が元みたいなものです。
キースホンド 
Keeshond_in_Tallinn.JPG
画像出典;ドイツ語ウィキ

オレンジセーブルのポメ (おそらくaw/awなのでは?と思ってる)
(パピーと紹介されているがサル期の終わったおとなの毛)
Pomeranian_orange_sable_600.jpg
画像出典;英語ウィキ

レッドとは、濃いめの茶色のことで、そこらへん中の茶色のポメはたいていオレンジ。
ワタクシは今までに10頭も見ていないくらいのレアカラー。
ちなみにうちの茶白組の毛色は「レッド&ホワイト(のパーティー)」で登録されてるけど、
誰かがそう呼び出したから定着してしまっただけであって、
色素遺伝子的にはうちの2頭も含めほとんどがオレンジ&ホワイトの可能性が高そう。

ブラック&タンは、ポメも&クリームも&イエローも存在するんですが、
犬種的に常識になってしまっている部分が全部まとめて&タンのみです。
血統書に毛色を記載する際の世界共通のルールとしては、
目視可能な色素遺伝子配列がわかるような毛色の名称を選ぶべきですが、
たぶんそんなルールがあることすら知らない繁殖者の方が多いです。残念ながら。

Aシリーズは ay-aw-at-a の順で全身のユーメラニンとフェオメラニンの分布域を決めます。
ポメの場合は大多数がay/ay固定だと思われます。
我が国ではショー系統でいくつかのaw/awが知られています。
ブラタンは元々パーティーとともに2色、つまり柄物扱いなので傍流ですが、
チョコやブルーよりはマシなポメが多い傾向があります。昔から。

ブルー、ブラウン(レバーのこと)、チョコ(イザベラのこと)、は犬質が低いのがふつう。
最初っからポメラニアンとしてのクォリティが低いのに、
レアカラーブームで高値で売れ始めたものだから猫も杓子もバカもアホもどんどん増やして、
親犬(の色)を揃えさえすれば当然ながらレアカラーというものは簡単に生まれるから、
え?は?なにそれ?というような不思議な症状や重い気の毒な遺伝病も増えました。

おともだちのブログ ブルーのポメは片腎だったそう。4歳くらいで初めてわかったとか。
https://ameblo.jp/miwachin518/theme-10074577719.html
この子は元保護犬なので一族郎党にこの重大な情報を伝える術がありません。

最後ビーバーは、これもaw/awの名残で難しくなっていますが、要はこれです。
3221653_957278681_53large.jpg

「ビーバー」(動物)より「ビーバー 毛皮」で画像検索するとわかりますが、
明るい茶色と焦げ茶色が微妙なグラデーションになっているというか、
aw/awポメがほとんどいないのでay/ayやay/atがb/bだったらビーバーと呼ぶけど、
パッとしない毛色と言うかハッキリしないと言うか別段美しさも見当たらず。

知らない人のブログですがビーバー(動物)の写真がとてもわかりやすい
http://shrimpieaqua.seesaa.net/article/428191581.html
aw/awだと↑の写真のように派手めなビーバー色、なんだと思われます。今は幻だわ。



1月のバナー、かわいくないのばっか

posted by あきこ at 20:00 | Comment(1) | 毛色の遺伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

ポメラニアンの毛色13種類

そういえばホームページを一つ失くしたままだと思い出しまして。
毛色だけのサイトが以前あったんですけどね、
サーバのレンタルサービス終了通知を見逃してしまいまして、
気がついたらトップページに「終了しました」的なお知らせが自動で出ていて、
当然ながらデータは全部消えていて。
ワタクシ基準では)けっこう作りこんだものだったので脱力感も大きかった(自業自得

ま、うちの心の友がそのうちそんなサイトを公開してくれることを夢見ましょう。

さて。
犬の毛色は毛色の遺伝子で決まるものですが、毛色というか正確には色素です。
ほら、目鼻とかパッド(肉球)とかもありますから。
なので説明時はなるべく色素遺伝子と正確に書くように気をつけています。
わりと最近の関連過去記事はラブとちわわでした。この記事は第3弾です。

2017年10月19日 ラブラドールの色素遺伝子
http://kotavi2002.seesaa.net/article/454256953.html

2017年10月20日 チワワの色素遺伝子
http://kotavi2002.seesaa.net/article/454180083.html

●今ココ● ポメラニアンの色素遺伝子

✂  ✂  ✂  ✂  ✂  ✂  ✂  ✂

ポメラニアンの毛色は現在13種類が公認されておりますよね。
ちなみにこれはもう50年くらい前から変わっていないんですよ。
少なくとも1970年当時のJKCの基準としてはこんなでした。

1 ホワイト
2 パーティー(ブラックタン含む)
3 クリーム
4 ウルフセーブル
5 オレンジ
6 オレンジセーブル
7 レッド
8 ブラック
9 ブルー
10 ブラウン(今も昔もレバーのこと)
11 チョコレート(今のイザベラのこと)
12 ビーバー

※番号は色素遺伝子を意識してワタクシがいま独自に振り分けたものに過ぎません。
※現在はブラックタンを独立させて13種類と数えます。位置的には7と8の間かな。
※ブリンドルは昔からオレンジセーブルの1種にグループ分けされています。
 (他にも似たようなケースがありますが少数なので割愛します)
※トライカラー(3色)はパーティーカラー(2色)の1種です。
※マールは昔からずっと論外です。

ホワイトは、おそらく最初の毛色(ポメラニア地方に入る前のもっと寒い地域からの)で、
同じ遺伝子座であるパーティーも本来はそこそこ古いはず、ではあるけれど、
うちのポメたち世代は比較的新しい他犬種との交雑が基礎な気がしています。

「今のポメラニアン」は1900年前後にはほぼできあがって(確立して)いたそうです。
我が国では戦後わりとすぐからアメリカから輸入したポメを(一応)基にして、
小柄な日本スピッツを掛け合わせたりしてまずは台無しにしてから、
結局はイギリス系を拝み倒して輸入して出直したようです。
が、そんな話題は当ブログでは需要が無いのでまたにします。


そんなことより問題は頓珍漢なググってもカス情報を漏らす低品質サイト群でした。
やはり。もう常連です。
全体的にツッコミどころしかない中でがんばって抜粋しました。まずはご覧ください。
わんちゃんホンポ ポメラニアンの黒や白の毛色ごとの特徴とは?
https://wanchan.jp/osusume/detail/1907

すぐ思い浮かぶポメラニアンの代表的な毛色はオレンジ、それと赤みが強いレッド

マールというのは実は突然変異で、繁殖のプロセスで出現した毛色を取り出して、他色と交配して生まれた毛色

純血種の保存という立場からは批判の声もある

「チョコレート」の毛色が頂点醸してません。この毛色はとても繁殖が難しいこともあって、全体に頭数が少ない

純粋な「チョコレート」の毛色は「日本にいないかも知れない」

やだもうほんとに。
どうしてこんなにもこんなにもこんなにもデタラメを平気で垂れ流すんだろうか。
レッドのポメなんて滅多にいません。
マールは単に交雑です。マールポメ見りゃわかるじゃんよ。
遺伝を理解できていない自覚のない犬屋の典型的な決めゼリフが「突然変異」の法則発動。
純血種の保存???じゃなくて問題はダブルマールだっつの。
「頂点醸して」って、何語?
チョコの繁殖が難しいわけないじゃんよ。ほんっとヒドすぎる知識レベルの低さ。
チョコポメはただ単に犬質が低いだけ。
あと、わっさりいますから。レッドの100倍はいるわ。ものを知らんアホめが。

このようにあまりにもデタラメすぎて驚いて記事の内容が変わってしまいましたよ。
サイテーだわこいつらマジで。




今年もデマがノンストップ

posted by あきこ at 20:00 | Comment(1) | 毛色の遺伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

あけおめ2018

あけましておめでとうございますー。
年賀状代わりのご挨拶(出せよ)

今年ものんびり更新したりしなかったりになると思いますが、まあよろしく。
今のところ10個以内くらいは一応ネタがあります。
が、それが尽きたらまた産みの苦しみ期間がやってくるかと恐れおののいています。

とりあえず、今年も変わらず、リクエストはどなたからのものでもお受けしますので、
小さな疑問や引っかかりなんかをお持ちの方はぜひここでこぼしてみてください。
犬に関することならまずだいたい何でも書けますので(なのにネタに困るこの不思議
お気軽にコメントくださいねー。




人気ブログランキング

posted by あきこ at 20:00 | Comment(0) | 未分類雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする