2011年02月07日

繁殖引退犬は本当にレスキューか

第2弾もよろ 繁殖引退犬が意味すること

***********************************
***********************************

2011年2月現在募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます

***********************************
***********************************


犬のレスキューがハイスピードで一般的になってきている。
未だに犬の入手方法はペットショップかネットショップで
子犬を買うことが主流ではあるが、
保護犬を手に入れて飼うという方法があることがかなり広まってはいる。

その保護犬の中に、繁殖者から直で保護主の下にやって来た、
いわゆるブリーダー放棄犬と呼ぶ犬の話しをよく聞くが、
機会があってさらに詳しく聞いてみると、
本当に繁殖者が飼育放棄した犬を引き取っていることがよくある。

ブリーダー放棄犬の引き取り方法(入手経路)は大きく3パターンに分けることができる。
1つめは繁殖業が立ちいかなくなった・廃業する・誕生させたが飼育はできない・・
などの理由で繁殖者がセンター・保健所に持ち込むことで来歴が判明するケース。
犬の正確な誕生日やそれまでの暮らしまではわからないことが多い。

2つめは1番と同じでセンター経由か直接のどちらも愛護団体が一旦保護し、
愛護団体経由で一般の飼い主に譲られて来歴が判明するケース。
これは愛護団体の姿勢如何で血統書データも手に入れることが可能なのだが、
多くの愛護活動家は商売絡みの繁殖をやみくもに毛嫌いする傾向があるため、
血統書=ブランドのタグか血統書=乱繁殖に悪用、として、
大切な情報と新たな啓発の機会を自ら消していることが多々ある。

3つめは値段のついている子犬を買うのではなく、
(過激な表現に感じられたら申し訳ないが)不要犬としたものを
繁殖者から直接譲られることだ。
近頃ではとくに繁殖引退犬を出す・もらうことなどは流行にさえなっていると感じる。

このどれもが保護犬であることは別に間違ってはいない。
細かい状況はそれぞれでも結局は誰かがイラナイとした犬を保護したのだから。
ただ、関わった生き物みんなにとってレスキューなのか、
ここんとこをよく考えてほしいとちょっと思ったりする。
関わった人間だけではなく、生き物みんな。

曰く「今まで頑張ってくれたこのコに第二の人生を」たら
「立派に役目を果たしたこのコに家庭の愛情を」たら
ウツクシイ言葉、アイジョウアフレル表現を疑問に思うことは、
次なるレスキュー対象犬誕生の歯止めに関わるのではないだろうか。




宇宙より愛を込めて

気が向いたら応援クリックしてください



posted by あきこ at 16:27| Comment(9) | TrackBack(0) | 動物愛護論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
去勢されてから、来たから血統書なんか意味ないのですけどね。前は、親戚探しや、競技会出るためコピーでもいいからほしかったけど、今は違い意味でほしいけど。
渡さない理由は名誉=\もありますね。
Posted by ちえ at 2011年02月07日 19:32
おはようかな? 

よくネットオークションで『犬舎縮小の為』なんて見ますが 『嘘〜』と、疑ってかかっちゃう私です。 仔犬を産めなくっても(利益をもたらさなくても)毎日のご飯は食べる、経費がかかる=ゴクツブシを犬舎から排除しようって魂胆だろ〜、と私は思っちゃうのです

3の場合と同じなんだけど
この間辿り着いたアメリカのブリーダーの所では繁殖引退犬(うちの子達と同じ犬種)に500ドルという値段がついていました。

なんだかな〜



Posted by Sanae at 2011年02月08日 05:06
どーーーー見てもショップの不要犬を、レスキューと称して譲渡されたものの
それ以外に買った子犬と併せて10頭にもなっちゃって
家族が「処分するぞゴルァ!」と脅して手放させた犬を
今度はホントにレスキューしたりしてますが何か。(号泣)

頼むからホントに飼える人に譲渡してください・・・
Posted by みみさら at 2011年02月08日 10:08
●ちえさん●
ちえさんて本当にお優しい人ですよね。つくづくそう感じます。
今まで何度かお話を聞いた私には、卑怯な人間どもとしか思えないです。

●Sanaeさん●
「繁殖引退犬」は、犬が可哀想とか繁殖者の責任放棄なんかの他に、
ロクな繁殖をしていない証明にもなるんですよ。
パソコンのご機嫌伺いをしながらいつか書きましょう(笑

500ドルのこブタちゃんについては、その犬舎の様子がわからないので何とも、、
日本でなら高すぎる確率でイタイ場合がほとんどですけどね。

●みみさらさん●
わー!みみさらさん見ててくれたんかー(はぁと)
レスキューが流行るとレスキューとは何か?を話す機会が増えますね(汗

ほんとにお疲れ様です。
体力だけじゃなくて気力がそがれることが多いだろうから心配してます。
Posted by あきこ at 2011年02月09日 23:11
あきこさんのパソコン調子悪いんですか? お茶の事故後?

うちのPCの一台、昨日ウィルスに感染したのを発見しまして、犯人は息子・・・

500ドルは、いくら何でも高いでしょ
Posted by Sanae at 2011年02月10日 22:44
●Sanaeさん●
や、アプリのビジュエルドをやり過ぎるとしばらくエラー続出なんです。
(わかってるなら止めろよ・・)

世界の金融情勢をまったく気にしない暮らしをしている私は、
ドルは単純に×100、いつでも100倍で計算してます(笑)が、
繁殖引退犬が五万円、はフツーに考えたら高いですね。
ちょっと「繁殖引退犬 料金」で検索して平均を出してみたんですが、
一番多かったのは生体価格は無料だけどワクチン代1万円弱、プラス輸送費で5千円〜でした。
中には「繁殖に使わないでください!!未不妊の犬のいる家庭には譲りません!!」
ってのがあって、
イヤイヤ、オマエが手術してから出せよ・・と思ったのは言うまでもありません(苦笑
Posted by あきこ at 2011年02月11日 12:56
珍しく、こっちにコメ。

これはねぇ・・
まぁ「繁殖引退犬」と言われた犬を
3匹も引き取っちゃったウチとしては
正直ハンパレスキューだと思っています。

1匹でも多くのワンちゃんを
悪い環境からいい環境に・・って言う
美談的な部分だけ見ると、とっても素敵な事なんですが、要は、その背景だったり、その後だったりって事を考えると、まだまだ「ただの繁殖屋の加担」になってるケース多し・・だと思います。。

って、あまし説得力ないけど・・・苦笑
Posted by みわ at 2011年02月21日 16:14
>イヤイヤ、オマエが手術してから出せよ・・と思ったのは言うまでもありません 
↑これね、私もそう思うのね。何で手術後に里子に出さないのか?って・・・
そういうのを良く見るんですけど、それって里親さんの『手術終わりました』っていう自己申請とかで虚勢・避妊手術が済んだとみなしたり、譲渡後の家庭訪問で確認するんですかね? 

個人で『ボランティア感覚』でブリーダーから犬を出している方のブログにたまたま辿り着いてビックリしたことがあります。 『自分の時間を割いて里親探し』をしているんですが、ブリーダーに譲渡する子の代金としてお金のやり取りがあって、『私には中間斡旋業者』的に思えるのですが、ブリーダーもだんだんとそれを利用するようになり、この子は5万円とか、この子は3万円とか、一番高い子で8万?7万?だったかな? 明らかに疾患のある子はタダだったような・・・
で、7万、8万取る理由として、残されている子の中に水頭症をわずらっている子がいて、その子のケアの為にも・・・とか。 で、自分は中間にいて金銭的な問題には関わりたくないから、里親になる方が直接ブリーダーに支払いをしてください、と・・・
↑これ日本ネ、で、全部コブタちゃん達

あっ、私も1ドル=100円だよ(笑
Posted by Sanae at 2011年02月25日 23:48
起きたことは元に戻せないんだからしょうがない。
間違った地点を見つける方法を、JKCとかで講義してくれればいいのにねぇ。
Posted by あきこ at 2011年04月20日 21:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/184721901
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック