2006年06月04日

犬、去勢

 多いんですよ
 去勢のメリット、デメリット
 手術の効果、失敗
 去勢後の管理、変化

 で検索してたどり着く方々が。
 ワタクシはこのことについて
 たいした記事は書いてないんで参考にはなってないと思いますよ。
 
 って。
 それだけではあんまりなので、
 うちの場合で気付いたことをひとつふたつ。

 注意:手術をするかしないかお悩みのかただけお読みくださいね。


 オス犬の去勢は、
 しないほうが可哀相です 
 病気でもないのに体にメスを入れる・・
  病気になってから間に合うこともあるけど、遅いことも多いんです。
  ワタクシ自身が統計上の数字を出せないことがもどかしいですが、
  大切にされて長く生きるほど、犬はいろいろな病気に罹ります。
  歳をとって、病気に罹って、弱っているときに行う手術と
  若くて健康なときの生殖器除去手術。回復はどちらが早いか。

 麻酔の事故が心配
  正体のわからないものを恐れている人がほとんどではないですか

  どんな麻酔方法があるか調べてはみましたか

  人の医療もそうですが、医者任せにしないことが大切では。


 性格が変わる、マーキングやマウンティングの増減?
  本質的な性格なんて、何を取ったってつけたって変わりゃーしません。
  よく聞くことのひとつに、タマを取り去ると、
  男らしさが無くなるので大人しくなる、優しい性格に変わるなんてのがあります。

  違いますってば。「変わった」と感じることのすべてが
  子孫を残す本能に由来することだったんです。
  性格が変わったと思えるのなら、その犬は去勢してあげて大正解だったと言えます。
  だって、子孫を残せないのに、その機能だけがあるって・・。

  周りにメス犬がいないから大丈夫ってわけでもありません。
  特に、人間だけに囲まれて暮らしている犬は
  本能の命じるままに、その思いを人間やぬいぐるみなどにぶつけます。
  飼い主が気付いていないだけ、あるいは可愛らしい行動と勘違いしているだけで
  けっこう多くの犬がストレスを溜めていることでしょう。
  社会化に失敗した犬は、犬を同族とは考えずひたすら人間に恋する子もいます。

 
  マーキングやマウンティングの増減・・
  普通、一旦は減ります。
  普通でない場合は手術によるホルモンの減少期と
  犬自身の成長期がすれ違った時期かもしれないし
  手術だけで減少するはずと、躾を怠ったのかもしれません。

  未去勢の犬をチカラ技で押さえつけるマーキング防止の躾と
  去勢したんだから、この態度で当然でしょと正々堂々と挑む躾。
  多分、内容は違いますよね。
  
 飼い主は愛犬の保護者ですから、まず愛犬の痛いことや苦しいこと等の
 不快な状況を取り去ってやらなければ、、、と思います。
 快適な環境に置いてあげた上で初めて、
 人の社会で暮らすルールを教えてあげることが 犬の躾 です。


 去勢手術後、うちの小太郎はエリザベスカラーなしでしたよ。
 獣医さんに持って行きますかと聞かれましたが
 「多分必要ありません」と断りました。
 帰宅後、数回縫合糸のあたりに口を持っていきましたが
 その都度「ダメ」と言って止めて気をそらしてやりましたので。

 散歩も、何かに傷口が触れないよう注意して
 当日からとことこ歩いて済ませましたし
 排尿排便も、もし躊躇する様子なら我慢させてコマンドでさせようと
 その時のために「ちっこ」で出来るようにしていましたが、
 たいした問題なく済んでしまいました。

 小太郎の場合は4針縫って、1週間後に抜糸でした。
 タマは2ヵ月くらいかけて徐々にしぼんでいきました。
 もともと攻撃性のかけらも無いので、変化した点はありません。
 
 と、淡々と書いていますが・・
 手術日は眠れませんでしたよ。ワタクシが。
 1泊の入院で、迎えに行った時なんか涙も出ましたし (笑)。
 ねっ、こたちゃん♪

スッキリ〜 (?)


posted by あきこ at 17:57 | Comment(16) | TrackBack(0) | 不妊処置−避妊と去勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
不妊手術済んでるけど、読んじゃった。

チャチャは家に来た時既に玉無しだったので良く解からないけど、麻酔は4回ほどかけてます。私が依頼して掛けて処置して頂いたのは3回。
最初は恐かったけど、先生とキチンとお話をし、麻酔の説明も受け、納得してた上でお願いしました。覚醒も先生が仰った通りの時間で目覚めましたよ。
やはり、麻酔って獣医師との信頼関係と獣医師の腕によるかも・・・(実際亡くなった仔も知ってます)
性格では子犬の時にやっていると、幼さが残ってるように思います。だからと言って、マーキングしないとか大人しくなるとかではなく、オスとして群れを守る本能等は成犬に成るにしたがって芽生えてきますしね。
やるときゃやります(笑)

ちなみにワンコ〜ズの病院、不妊手術では♂も♀もお泊り無しです。
Posted by チャーチャ at 2006年06月04日 19:46
●チャーチャさん●
麻酔の事故は参考URLにもある通り、事前に調べることを怠って合わない麻酔を使った・
モニター担当者不在の獣医師ひとりだけの執刀・病気で体力が落ちていたりした・など
ちょっと調べてみれば運が良い悪いだけの問題ではないとわかるんですけどね・・。

性成熟前の不妊手術では、幼さが残るということについては私も大筋ではそう思います。
一泊入院はね〜・・、ほとんどの病院は日帰りだったので、入院させてくれる所を
探したんですよー。小心者でどうもならないので、術後になにか急変があったら・・とか
あと、せっかくのチャンスなので自宅外で一晩過ごさせよう、ってのもあったりして。
Posted by あきこ at 2006年06月04日 20:04
私も、手術終わってるけど読んじゃった。

> 何を取ったってつけたって変わりゃーしません

わはは、そのとーりっ!
今では、なぜあんなに眠れないほど心配したのかと思えるくらいです。
うちも、こたちゃんとほぼ同じ経過をたどりましたし。
特に、術後はほんとに一緒です。
あ、うちはずっと外だったんですよ。でも、傷は全然平気でした。
帰宅してから2〜3日は、普段よりもスキンシップはとるようにしてましたけど。
あの大好きな(!)エリザベスカラーもしなかったしね。
半年過ぎた今は、本当にこたちゃんと一緒のオシリでございますわ。
Posted by まーまま at 2006年06月05日 09:38
ジュリーは女の子だけど
気持ちよく分かるわぁ〜。
手遅れになってからではマズイよね。
やっぱり体力あるうちに受けるべきと思うわぁ〜。
ふむふむ。

ジュリーはショードックだったから・・・
これも今になって思うと矛盾してるのよねー。
子どもも取らないのにドックショー出したって・・・
何の為のチャンピオンタイトルなのかぁ。。。

そんなんで、ショー引退してから避妊手術したのぉ。。。
大きくなると女の子は傷も大きくて負担も大きかったわぁ。。。
病気になってから受けるにはリスクが高すぎると実感。
辛い思いはしたけど、受けて良かったと思ってますぅ。
Posted by おじょー at 2006年06月05日 11:34
●まーまま●
えっとね、お悩みのかただけお読みください。って書いたのはね、
「しない」「手術は必要ない」「手術は間違ってる」と思うかたに、
いやいや絶対しなさいよ!って意見ではないってことです。
何度も言うけど、その選択で飼い主さんと愛犬が幸せならそれでいいんですよ。

で。でしょ?(笑)。『性格』なんて、変わらないでしょ?
飼い犬になめられてる、とか飼い主を下に見てる・・とかって表現と同じです。
大きな意味では間違いではないんだけど、もう少し犬の心って人に近くて複雑ですよって。
そんなことを書きたかったんだけどなー。もっと上手に伝えたいもんです。はい。

●おじょーさん●
>何のためのCHタイトル・・・
ブリーダーからジュリーちゃんを譲っていただいたおじょーさんがそう思っちゃうのは
よーーく解ります。ではジュリーちゃんをこの世に生み出したブリーダーは?
犬種基準の理想に近いコを世の中に送り出すことが出来ました。
その繁殖を良いカタチで確認できます。ビーグル界に素晴らしい貢献をしたっちゅーことです。

タイトル=繁殖じゃあないんですよ。 うっふっふ。『繁殖』は、さらに奥が深いですよぉ。
多分、CH完成したのに避妊なんかしてもったいなーい!って意見が多い世の中でしょうが
そっちのほうが間違っとりますよ。大丈夫♪おじょーさんとジュリーちゃんの幸せの形が
一番大切ですもん。クィーンオブジュリーちゃん万歳〜〜 \^O^\
Posted by あきこ at 2006年06月05日 15:10
おじょーさん、はじめましてm(__)m

私の友人にもいますよ。
アメコカの♀ですが、ブリーダーからショーにって言われ悩んだ挙句、生後半年で不妊手術をした後、ショーチャレンジを始め4ヶ月でCH完成。
友人はショー自体を楽しんでいたし、今は家庭犬として日夜努力の毎日だそうです。
ショードッグ時代に比べ、眼が穏かになり、とっても可愛いレディです。
Posted by チャーチャ at 2006年06月05日 21:36
●チャーチャさん●
えっ!?手術後にショー?手術前ではなくてですか?
Posted by あきこ at 2006年06月05日 22:55
タイムリーな話題でじっくり読んでしまいました・・。
ウチは女の子ですが。。

今、まさにぷりん(シュナ)避妊手術中です。

かかりつけの獣医さんプラス
ヘルプのお医者さん二人でやってくださるということで
閉院後に手術を始めて・・。

終わったら電話を下さることになっているのですが、未だに電話がありません・・

大丈夫かしら・・(涙)

ぷりんは脳、中枢系に先天性の異常があるので、通常使う麻酔薬ではなく、
脳圧をあまりあげない軽いものを使うとの事。

私の選択は間違っていたのかしら・・
大丈夫かなあ・・・。
Posted by ぷりまり at 2006年06月05日 22:56
●ぷりまりさん●
おおなんと。今日、でしたか。大丈夫ですよ、信じましょう。
書いては消して、消しては書き直して・・
結局こんな短いコメントになってしまいました。ぷりんちゃんっ、頑張れっ、負けるなっ。
Posted by あきこ at 2006年06月05日 23:13

♂は、去勢後にはショーには出せませんけど、
♀なら大丈夫なんでしょうねぇ〜
ヒートもこないから、フルシーズン出せるし、
毛量も落ちないし、いいこと尽くめかも!?

なんて素人感想でし。

エントリとはぶっ飛んでしまった(-_-;)
すいません〜<(_ _)>
Posted by みき at 2006年06月05日 23:31
おはようございます。

そうです。不妊手術後のエントリーです。
みきさんが書かれているように、ヒートに関係ないし、フルコートになるのも早く毛量も落ちないのでフル出場してました。
勿体無い、とブリーダーやハンドラーから言われたみたいですが、仔犬が生まれたら心配事が増えるし、責任が負えないとさっさと手術してしまいました。

ホントは生後4ヶ月で実行し様としたのですが、獣医師にせめて半年まで待てと云われ生後6ヶ月で手術しました。
Posted by チャーチャ at 2006年06月06日 07:19
●みきさんとチャーチャさん●
???ほんとですか???ハンドリングコンペではなくて、展覧会?うーん。。
JKC以外なのかな・・?JKCでは失格ですので。
Posted by あきこ at 2006年06月06日 15:28
JKCだと思いますよ。
♂はダメだけど、♀は出場可能で、結構大きな大会まで出場してました・・・・
Posted by チャーチャ at 2006年06月06日 20:31
●チャーチャさん●
>結構大きな大会
ありゃりゃ^^;
Posted by あきこ at 2006年06月06日 23:12
本来は、避妊&去勢の子をショーに出しても失格になるとは思いますけど。

♂は、見ただけでわかりますが
♀ってあんまりわかんなくないです?

だったら出れそうだな〜とは思いましたですよ。

前にどっかで聞いたことあるような気もします>避妊した子でCH完成
Posted by みき at 2006年06月07日 00:30
●みきさん●
ふむふむなるほどー。ひっくり返さなきゃわからんぞ、と。
私はショーのシステムって(みきさんご存知のとおり^^;)いまいち覚えきってないんですが
CH完成させるには最低4回の出陳?違ったっけ?そうだとしたら・・
4人のジャッジが見逃した〜 阿呆かいな〜 ってとこでしょうかね〜。
やれやれ、相変わらずのお話しですが、しっかりしてほしいもんですね。
Posted by あきこ at 2006年06月07日 18:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。