2007年01月17日

防災のこと

 いまから12年前の1995年1月17日。
 以前にもこの話題を書いてみたのですが、
 きょうのこの日にもう一度調べ直してみました。

 阪神淡路大震災
 大都市を襲った直下型地震で観測史上最高の震度7を記録しています。
 また、一部地域では横揺れを上回る縦揺れが観測されたという。
 死者6,434人、負傷者43,792人 (平成17年神戸市消防局)

 当日の記憶 ・・・ ワタクシの大切なおともだちのブログです。
 大長編になっていますので、ひとつ読み終えたら「次の記事へ」と
 進んでお読みください。

 12年前のこの地には親戚も知人もいなかったワタクシの目に
 ひとりのお母さんの投書が飛び込んでまいりました。
 朝日新聞「ひととき」欄に95年2月5日に掲載された文章です。
 その一部を見つけましたので、ご紹介します。


 私の息子の名前は上仲大志(うえなかたいし)といいます。
 (中略)
 私にとって、とびきり上等の息子でした。
 でも、その息子はいない。1995年1月17 日、
 息子は私を残して多くの人といっしょに逝ってしまいました。
 わずか1年6ヶ月の人 生をあっという間に駆け抜けていった息子。
 私と周囲の者の心にポッと温かい灯をつ けて……。

 どうぞお願いです。これを読んで下さった方に。
 上仲大志という幼い命がこの世にあったことを、
 ほんの少しでもいい、思って下さい。
 短い命を一生懸命に生きた彼のことを、
 今の一時でもいい、その名前を口にして心に思って下さい。
 どうぞ、お願いします。


 
 ・・・ワタクシはいまだかつて
 これを上回る心打たれるお願い事を聞いたことがありません。
 お読みくださった皆様、大志君が生きていたことそのものを、
 心に思ってみてください。


 さて、いっしょくたにしてしまったら不謹慎と感じるかたもおられるでしょうが
 この震災はもちろん人間だけではなく、
 動物たちの身にも人間同様の被害をもたらしました。
 報告では犬4,300匹、猫5,000匹が負傷したり、飼い主とはぐれたとされています。
 多くの個人・団体のボランティアが動物たちに救出の手を差し出しました。
 その一例:大阪のある動物愛護団体さんのインタビュー記事

 震災から10日後に、農業用ビニールハウスを利用した
 被災動物の保護施設に収容された被災動物は
 犬1,040匹、猫507匹など1,500匹余り。
 そのうち犬の約5割、猫の約6割が何らかの異常を示したとのこと。
 いわゆる、ストレスです。

 避難所でペットとともに過ごすことを受け入れてもらえずに
 自動車内で寝起きしていた飼い主さんが体調を崩されて・・
 という話も聞いた覚えがありますよね。
 理由は様々ですが、もしワタクシの避難スペースのお隣の方が、
 犬や猫の毛によるアレルギーから呼吸困難でも起こしてしまったら
 やはりワタクシが移動するしかないですもん。
 お医者の見立てが「犬の毛・・かもしれない。断定はできない」
 と言ったとしても、やはり立ち去りますよね。

 もう、そんな場合は致し方ないですが、
 そうした直接の健康被害が原因でない場合もたくさんあったようです。
 皆様お気づきの通り鳴き声や無駄吠えなどの騒音
 体臭や排泄物や抜け毛などの衛生問題、そして犬猫の最大の武器 爪と牙です。

 たとえばこのブログを読み終わった瞬間に、
 家屋半壊クラスの地震があなたの地域に起こったとしたら
 あなたとご家族はまずはお近くの小学校や公民館などに避難するでしょう。
 たいせつなペットを連れて。
 想像してみてください。お宅では何が問題になりそうですか?

 一家族に許されるスペースは限られています。
 普段の畳一畳サイズのサークルは持ち込めません。
 右隣は就学前のお子さんがいるご家庭で
 左隣は少々ご不自由なお年を召したかたがいるとします。 
 ペットには方向転換できるくらいのバリケンに入ってもらうか
 リードで固定して自由気ままに動けないようにしなくては。
 まずワンワンキャンキャンと吠え続けさせるわけにはいきませんね。

 これをたった1日、24時間でいい。
 できそうですか?
 生きているうちに遭う確率の不明なことに、ただ怯えて暮らす必要はないですが
 災害に遭われたかたがたは誰もが皆そう考えていたことでしょう。
 難しいかもしれませんが、ちょっと想像してみて
 起きそうな問題点を克服できるような練習を考えてみましょう。
 それがしつけなんですね。
 「おとなしく待つしつけ」のヒントはあちこちにたくさん転がっていますし、
 必要でしたらここで取りあげてご一緒に考えることもできます。

 ちなみに我が家の場合・・
 犬たちは多分大丈夫です。家族がそばにいれば24時間くらいはなんとかなりそう。
 それ以上になると一日に数回の気分転換がなければ持ちませんが。
 ななちゃんがネックです。猫にケージ内で黙り込むしつけはどーしたらいいんだ??
 あれれ。ワタクシがご相談を持ちかけてしまいました。

 

[タイトル] 天使になったペットたち 猫編
[著者]
[種類] 単行本
[発売日] 2003-01
[出版社] 大和書房




 ブログランキングに参加しています。応援よろしくね♪
 ranking-green.gif
posted by あきこ at 16:31 | Comment(11) | TrackBack(0) | 楽しい犬系あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですよね。
自分のことに手一杯で、犬たちまで思いやることができないかも・・・。
今一度、そういうことも含めて躾を考えて見ます。
あ、ちょっと日記で触れたので、ここリンク張らせてもらっちゃいました。
事後承諾ですいませんm(__)m
Posted by まーまま at 2007年01月17日 19:00
私が犬を飼い始めた時、というか、犬を引き取りに行こうと決めていた前日に、地震がありました。
地震の規模は、阪神淡路大震災とほぼ同じでした。人口密度が小さかったこと、昼過ぎで、火を使っている家庭が少なかったこと、揺れはじめてから建物が倒れるまでの時間が思いのほか長かったことなど、偶然が重なって、被害はとても小さかったのですが。
そんな経験があったから、躾は、災害時を想定して、基準を決めました。
どこにでも連れて行けるように。ケージの中でもストレスをあまり感じないように。私が死んだ後も、誰かに貰ってもらえるように。

でも、今はゆるゆるで…(笑)
ケージ内に長時間は無理っぽいです……
Posted by さくらぼうず at 2007年01月17日 21:28
 朝日新聞の「ひととき」、妻も覚えてました。12年前なのですね。
 猫をケージ内でおとなしくする方法ですが、とりあえず、腹いっぱい食べさせて寝てもらいましょうか!?我家もどうしていいか悩みの種です。
Posted by KEIKA at 2007年01月17日 21:43
当日のことは・・・

あの日、JR芦屋駅近くのマンションの1階にいました。
もう12年・・・
今年は思い出さずに過ごそうと、意味もなく思っていましたが。

今でも震度3くらいでアタマの中が真っ白になります。
被害そのものはたいしたことなかったのに・・・。
Posted by みみさら at 2007年01月17日 23:30
初めまして。。。
来夢君ちから来ました〜
←「べるぐず日記」が・・・
大観君とは胴体の兄弟なんです♪
ハナ 2004年2月で3歳になります。

もう?まだ?12年・・・
我が家は大きな被害に会わなかったものの、あの日の事は今でも頭によみがえります。

新聞記事、読みました。
心に涙が広がったのを覚えています。
私にとって、さまざまな事が「原点」に戻る「1.17」です。

リンクさせて頂いてよろしいでしょうか・・・
よろしくお願いします。
Posted by ハナ at 2007年01月18日 06:35
●まーまま●
いや、ちょっとくどくど書きすぎだなと反省してます。
時々機会のあるごとに、万が一の場合はどうなるだろうってシュミレーションが
心の片隅にあればいいですよね。お気楽ですが(笑
記事をご紹介してくださってありがとうございます。

●さくらぼうずさん●
まあ!そんなことがあったんですか!!

そうですね。究極はそれです。私がいなくなってしまっても・・。
転居や経済状況や家族構成の些細な変化などではなくて。
でもさくらさんに重大な異変が起きたらくりこさんは引っ張りだこですよ〜。
もちろん私も立候補しますし♪代わりに我が家が全滅したらお願いしますね(爆

●KEIKAさん●
なんと!!ご一緒に覚えていてくれているかたがいらっしゃるんですね。

猫ですが、、考えてみたら見知らぬ環境ではニャーニャー騒ぐ心配は無いかも、
と気がつきました。動物病院での態度を思い出してそんなふうに思いました。
まさに借りてきた猫状態でしたもん。ビクビク、キョロキョロ(笑

●みみさらさん●
コメント、ありがとうございます。
40年生きてて、土鍋のだし汁が全部こぼれてしまった震度4しか経験の無い私には
このお話しを語る資格は本当はないんですよね。。。

●ハナさん●
いらっしゃいませ、ようこそ〜♪
タイちゃんの妹(お姉さん?)ですよね、しゅうしゅうさんのところで見たので覚えてます!
ブログにお邪魔させていただきましたが、妹そらちゃんの良いお母さん役のようで♪
ビーグルって食いしん坊でとんでもない犬なのにクセになっちゃうんですよね(笑

ハナさんも震災を体験されたのですね。。。大志君のことも目にされましたか。
普段はのんびりと暮らしていますが、時々こんなことを思い出して、犠牲になった人や
動物たちすべての生き物が残してくれた言葉や思いを伝え合いたいですね。

リンクのお申し出ありがとうございます。喜んでお願いいたします♪こちらも貼らせてもらいますね。
Posted by あきこ at 2007年01月18日 11:08
はじめまして(^^)
私は、4歳の人間の娘と☆7ヶ月のチワワのチクワ君のママです!!
まだまだ、新米な私。。。
色んな方とお友達になりたいと思ってます☆

また、遊びにきま〜す♪応援
Posted by めいママ at 2007年01月18日 18:57
はじめまして。。。
「上仲大志くん」の名前に惹かれて
やってきました。私も覚えています。
私の息子は大志くんと同じ年です。自分の日記にも書きましたが、大志くんの事を忘れないようにと息子のアルバムに大志くんの記事をはっています。
ネットを通して同じような思いの方がいらっしゃってとても嬉しかったです。
Posted by なぎ at 2007年01月19日 10:10
●めいママさん●
ようこそいらっしゃいませ〜♪はじめましてです。
ちわわのちくわって・・なんて可愛いお名前でしょうか。
7ヶ月の男の子ですと、そろそろ一時的に逆らったり知らん振りしたりしませんか?
何かお困りの事がありましたらご遠慮なくお話してみてくださいね。

●なぎさん●
わっ。同じお気持ちのかたのご訪問、とても嬉しいです!
息子さんのアルバムに記事を貼っていらっしゃるなんて、ステキなことですね〜。
つらく苦しい思いを後の者に残して旅だって行った命はごまんとありますが、
生きていた証を伝えていくこと。いま生きている者として大切にしていきたいです。
こんな、犬のことしか書いていないブログに、わざわざコメントありがとうございました。

Posted by あきこ at 2007年01月19日 16:22
ああ……、なんか誤解されちゃってるかも…。
震源地や地盤の緩い場所などは、倒壊した建物もあったのですが、我が家は無事でした(死亡者ゼロってのは人口の少なさゆえかもしれません…)。というか、我が家は被害はほとんど無しです。
つまり、私がただの、妄想大魔王だってことです(笑)

ところで、あきこさんに何かあったら、こたくんがいいなあ…なんて思ってるのですが、それは無謀?(笑)
無駄に元気なオトートが、一緒に走るんじゃないかと思うし、猫どもも、元気に迎えてくれると思うです。
くりこさんは……あるがままに(笑)
Posted by さくらぼうず at 2007年01月19日 21:10
●さくらぼうずさん●
被害が少なくて何よりでしたね。私は土鍋の・・(2回も言うな)。

あ、はい。もちろんさくらさんちでは小太郎を希望してください。
そして私の果たせなかった(?)「こたさん、懲らしめてやりなさい」
もよろしくお願いしますね。(爆
ポメたちはきっと、犬を飼った経験の無いかたでも大丈夫ですし。
では、万が一のときはよろしゅうに。
Posted by あきこ at 2007年01月20日 01:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック