2007年01月23日

感染症セミナー

 先日ブルセラの記事を書きましたら
 その検索ワードでもってのご来場者が少しいらっしゃいました。
 人畜共通感染症
 人獣共通感染症
 動物由来感染症
 ペット感染症
 ズーノーシス
 人と動物の共通感染症

 色んな呼び方があって、ちょっとずつ似通っています。意味はみんな同じです。
 言葉のとおり、お互いに日常生活の中で自然にうつる可能性があるもの。
 ZOONOSISは、世界保健機関(WHO)によって
 「脊椎動物と人との間で自然に伝播するすべての疾病と感染」と定義されています。

 ウイルスによるものはとても怖い病気ばかりで
 我が国で近年発生のあったものは狂犬病や日本脳炎
 細菌によるものでの有名どころは
 サルモネラ症、パスツレラ症、猫ひっかき病、レプトスピラ症あたり。
 先日のブルセラ症も細菌が病原体です。

 このへんは可愛らしげな病名にだまされてはいけません。
 猫ひっかき病はリンパ節が腫れて、えらい痛いめに遭いますし
 パスツレラなんかは既往症によってはとんでもないことになります。
 レプトスピラは流行地域では犬の予防ワクチンに含まれていますので
 よく見知った名前ですが重症例では人の死亡もありました。

 サルモネラはご存知食中毒の病因物質に指定されていて、
 学校や福祉施設などで一度に多くの人が被害に遭うことが知られています。
 これは食肉などの食べ物のほうが問題になるようですが
 動物を触ったら手を洗うという普通のことを省いて感染、もあり得ます。


 それから日本では何十年間も発生していないけれど、
 世界的に毎年千〜3千人の患者数が出ているペスト。
 これって、狂犬病と同じ感じですよね、日本は大丈夫って思っていたのに・・。
 知らないうちに感染して、日本でも人の命にかかわる事態が無いとは言いきれません。

 真菌によるものではわりと軽症で済むカンジダ症や皮膚糸状菌症、
 ぜんそくの原因になるアスペルギルス症、
 鳩の糞から犬猫にも人にも髄膜脳炎を発症してしまうクリプトコッカス症

 寄生虫はペットから人に感染するものは数少ないのですが
 妊婦さんはとくに正しい理解をしてほしいトキソプラズマ症と
 幼線虫移行症を起こせば、えらいやっかいなことになる犬回虫と猫回虫は
 飼い主さんひとりひとりが注意するようにしたいですね。
 ここ北海道ではエキノコックス症も防ぎたいものです。


 で、(mixi日記とダブるので両方見てくださるかたには申し訳ないのですが)
 もう少し詳しく知りたいけど、調べるのも大変かも・・と
 そんなアナタにぴったりのお知らせが♪

 社団法人 日本愛玩動物協会(JPC)より

 ペットと安心して暮らすために
  人と動物の共通感染症
 どなたでも無料で参加できる公開セミナーです。

 詳細は上記URLの第9回公開セミナーのお知らせをご覧くださいねー。


 1/27(土)山梨県甲府市 山梨県民文化ホール
 講師:岐阜大学大学院連合獣医学研究科教授 杉山 誠 

 2/4(日)北海道札幌市 札幌市教育文化会館
 講師:北海道大学大学院獣医学研究科助教授 苅和 宏明

 2/18(日)奈良県奈良市 奈良商工会議所
 講師:岐阜大学応用生物科学部教授 福士 秀人

 2/25(日)栃木県宇都宮市 栃木県教育会館
 講師:日本大学生物資源科学部獣医学科教授 丸山 総一

 3/4(日)広島県広島市 RCC文化センター
 講師:日本大学医学部助手 荒島 康友

 3/11(日)鹿児島県鹿児島市 かごしま県民交流センター
 講師:岐阜大学大学院連合獣医学研究科教授 杉山 誠 

 3/18(日)埼玉県さいたま市 大宮ソニックシティ
 講師:国立感染症研究所国際協力室長 中嶋 建介


 お近くに開催がありましたら、ぜひお出かけくださいませ。 




[タイトル] これだけは知っておきたい人獣共通感染症―ヒトと動物がよりよい関係を築くために
[著者] 神山 恒夫
[種類] 単行本
[..




 ブログランキングに参加しています。応援よろしくね♪
 ranking-green.gif
posted by あきこ at 22:33| Comment(2) | TrackBack(1) | 供血、保護、お知らせなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんはー。

ふむふむ、ホント亜貴子さんのお話しは為になるわー。
感染症、、、気にかけてはいるんだけど・・・
どーしてもチューしちゃうのよね。
だって可愛いんだもん。笑
Posted by おじょー at 2007年01月24日 20:11
●おじょーさん●
いつもおいしそうな美しい写真満載のおじょーさんだー♪
あ、おじょーさん以外のみなさーん!私のリンクにもありますが、こちらですよー!
http://juri2000.seesaa.net/
(為になると褒めていただいた御礼・笑)

で、チューですか?私がしていないとでも?(爆

普通に、普通の衛生観念を持って、お互い健康に留意して暮らしていれば、
あんまり恐れるこたぁありませんから。って言ってること矛盾しちゃいますが・・。
だって可愛いからしょうがないです。ねっ。

Posted by あきこ at 2007年01月24日 23:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31984908
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 猫ひっかき病猫ひっかき病(ねこひっかきびょう)は、リケッチアの一種Bartonella henselaeによって引き起こされる、リンパ節炎を主体とした感染症。人獣共通感染症の一つである。.wikili..
Weblog: ペットでボン!キャット編
Tracked: 2007-09-13 12:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。