2013年10月14日

清浄国ニッポン


つい先日(10月7日)台湾で狂犬病の発生が発覚したというネットニュースがあった模様。
近所の島国で52年ぶりに発生とのことで、危機感を募らせた未接種飼い主さんが出てきてくれますように。

農林水産省の水際における狂犬病対策についてのページ
の『台湾における狂犬病発生の概要(平成25年9月20日)(PDF:1,255KB)』
などを見ると、台湾での狂犬病は2010年の7月以前にすでに存在していた可能性があり、
最初の発生と思われそうな内陸住みの野生動物から3年くらいで人里に広まっていったように思われて。
水際ならわかるけど真ん中からなぜ発生したのか台湾情勢にうといワタクシには定かではないけれど、
清浄地域の狂犬病はあっさり素早く蔓延する性質があるようで。

我が国は、野犬がうろつくことのない社会を実現し、検疫所を設けてウイルスをシャットダウンし、
犬への予防接種を義務付けという名の協力要請を国民にして、そして一旦消滅させたわけだけど。
狂犬病を。
狂犬病清浄地域の少なさを知ればこれがいかに稀有なことか。どちら様も今一度ご確認。
狂犬病の発生状況.JPG

島国って他にもいっぱいあるのにね。世界には。

普段一般人からさんざん叩かれる行政が、こと狂犬病に関してはやることやってるのに、
犬の飼い主たちが己の都合で勝手な妄想を繰り広げるさまは同じ犬飼いとして見苦しいことこのうえなし。
よくある「外国では3年に1回」説は、土地の広さや媒介動物の習性(移動範囲や距離)に誤認識があり、
それからワクチンの内容も考慮していないようにワタクシには思える。
例に出される代表格なアメリカは生ワクチンまたは遺伝子組み換えワクチン、
または遺伝子組み換え生ワクチンを犬にもその他動物にも使うし、
そもそも狂犬病を流行らせるのは犬ではないのだから。アメリカは
狂犬病の媒介動物.JPG

(図は2つとも厚生労働省の狂犬病のページのもの)

わざわざことわるのもヘンだけど狂犬病ワクチン接種が健康に直接害を与えてしまう犬がいることはよく知ってる。
根拠が確かならば獣医師が猶予証明を出してくれるがくれぐれも期限含む自治体の取扱に注意して。
ただ、「狂犬病が発生してるアメリカは3年に1回だからウチの犬も飼い主の賢い判断で3年に1回推奨」
的なアホな理由だけはお願いだからやめてほしい。
不活化ワクチンを接種したらアメリカ人の獣医師だって「次は来年」って言うからね。

不活化ワクチンはウイルスの元気がない、だからより安全、だから年に1回ひつよう。
台湾ではつい先月、ソオヒンバに咬まれた子犬が安楽殺され死亡後の検査で狂犬病とわかりーの。
すでにほかのソオヒンバに狂犬病発症があって、それに咬まれたのがわかっていて、
でも生前の子犬に見られた症状は食欲不振とマヒ。だけ。
嫌な方面に妄想すると今後いつか狂犬病の発生があって発症動物の住まいがたまたま近所だった場合、
狂犬病予防接種をしていないか前回の接種から1年が経過した飼い犬がその日食欲がなければ、



ドナドナ?

※病気や病弱の犬に狂犬病予防接種をしたくないと飼い主が判断したら、
動物病院ではたいてい接種猶予証明書なる紙を作成し署名捺印してプレゼントしてくれます。
が、要注意です。
猶予証明をお住まいの自治体に提出すればその年度の接種催促が来なくなるだけです。
法的に保護されたものではありません(だって法で触れていないもの)。

ですから有事の際は単に未接種犬としての扱い
になるっと一応覚悟しておくほうがいいと思います。
つまり、ドナドナド〜ナドォ〜ナァ〜〜。確率高しかと。



***********************************
***********************************
2013年10月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************



人気ブログランキングへ


posted by あきこ at 21:07 | Comment(4) | TrackBack(0) | 狂犬病予防関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きっとドナドナ。発症前診断は、私が調べた限り、不可能な模様。ただし、発症前に噛まれても感染もしないらしい。だからと言って、法律違反で予防接種していない感染したかもしれない犬を、いつ発症するか判らない状態で、隔離管理観察するかも不明。感染した犬が一体何頭いるかも判らないのに、そんな施設が用意できるとも思えないし、そんな法律違反した人たちのために税金を使うことを、犬を飼っていない犬を好きでもない人たちが賛成するかも不明。ってね。
Posted by さくらぼうず at 2013年10月15日 18:53
●さくらぼうずさん●
なぜ毛色話題じゃなくここなんだよw
いや、久しぶりのコメントありがとう(笑
Posted by あきこ at 2013年10月16日 12:16
毛色?ナニソレオイシイノ?(←冗談ですっあせあせ(飛び散る汗))

ちょっと、狂犬病の予防接種をしないって息巻いてる人たちに、ムカムカしてるせいかな…(笑) 表面的なところだけを見て、「接種しなくて大丈夫、必要ナイナイ」って言ってるのを見て、もっと考えろーって思っちゃうのよ。
ほら、だって、毛色って、健康にはあんまり関係ないじゃない、やっぱり。マール以外は(笑)
Posted by さくらぼうず at 2013年10月16日 12:29
●さくらぼうずさん●

『農林水産省では、動物検疫所において輸出入検疫を担当しているほか、国際機関と連携し、外国船により海外から不法に持ち込まれる犬(不法上陸犬)の対策に取り組んでいます。』

とこの記事の最初のリンク先に思いっきり書いてある文章を、
記事本文に入れそびれたのでお返事に代えて。
『不法上陸犬』の話を身近に聞いた経験の有無ももっと考えろー!に関係するのかもね。

マール以外はね。うん。
Posted by あきこ at 2013年10月17日 00:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。