2013年11月07日

売ったもん勝ち −合趾症


5本足のヒツジが売り出されているというニュースを見て、
肉球の一部がくっちいちゃってる陳列展示されてる子犬を思い出した。



このヒツジの症例にあてはまる犬の遺伝性疾患または形質は多肢症(Polymelia)が近い気がする。
多肢症はふつう、四肢の付け根の部分のそれぞれ1本ずつ手足が出るところから、
2本ずつや4本ずつなど、両側性も多いようだが合計の本数が偶数になるケースが多いそう。
勇気のある人は「Polymelia」で画像検索してみてください。
正常に四肢があるけどついでに喉からもう一本足が生えちゃったウシの写真が有名。

多肢症のほかに多趾(指)症ってのもある。
後ろ足の狼爪が2本以上ある例をそう呼ぶようで、
ピレネーズ以外にはウシやヒツジや豚さんでけっこう昔から研究対象になってる模様。

タイトルにあげた合趾症は、指の間の骨または軟骨の全部か部分的な融合。
ワタクシが何度か見聞きした例では中指と薬指の肉球(趾球)がくっついているもので、
その部分の趾(指)球の半分くらいが合体しててパッと見パッドがハート形って印象。
合趾症や多趾症は、胎児時代のアポトーシスがうまくいかないことが遺伝性らしい。
 (余談だがアポトーシス(発生時の)って仕組みを知った時は感動にうちのめされたものだ。
 生き物とはなんと素晴らしいんだろう。)

昔ワタクシが見かけたペットショップの柴犬の子犬も両手(前足)がハート形パッドだった。
3年くらい前(もっと前かもしれん。時間的な記憶は常にあやふやのザンネン人間)、
ちょうど毛色の模様がハート形になってるチワワ(だっけ?)がちょっと有名だった頃で、
合趾症柴子の前足を「縁起の良いハート形」と紹介してくれたあの時の店員さん、
「ハートじゃないから。遺伝する奇形だからここで並べて誰にでも売ったらまずいんじゃね?」
と言ってアナタの気分を悪くさせたのはワタクシです。その節は失礼いたしました。

合趾症の犬は、融合具合によって症状に差が出るのはもちろんだが、歩き方が下手くそだ。
合趾症でない正常な犬に比べると散歩嫌いに思えることがあるかもしれない。
破行がひどい場合には皮膚移植付きの趾球分離手術というものが獣医療には存在するが、
たぶんそんな手術をしようとする飼い主なんてめったにいないだろう。

臍ヘルニアや鼠径ヘルニアの子犬を「個性」と言い放って売りつけるペットショップは、
動物愛護法がこの先どんなに整備されても減らないしなくならないし、
遺伝性疾患の発症を犬のために抑える努力という意味の改善なんか決してしない。
合趾症もしかりだ。
生体を陳列展示販売するペットショップで犬を買うということは、
買った犬が合趾症じゃなく各種ヘルニアやその他すべての遺伝病と無関係で健康に過ごせたとしても、

合趾症の犬は世の中にどっさり増えていいのよ(はぁと)

でべそやソケイヘルニアの子犬はもっともっと増えてくださいね★

遺伝病を蔓延させたい犬はガンガン繁殖し続けてくださーい

治療法が無く苦しんで死ぬのを待つしかない重い遺伝病、賛成〜〜


と宣言してるのと同じだ。たとえそんなセリフを言ったことなんかなくても。
繁殖業者が機械のように繁殖犬たちを扱うケースが世の中にあることを知っていて、
遺伝病で苦しむ犬を気の毒に感じたことがあるくせに、
なぜペットショップで店員は犬を売るのか、
なぜペットショップで客は子犬を買うのか、
本当の本当にワタクシには理解できない。バッカじゃねーの。どいつもこいつも。マジで。




***********************************
***********************************
2013年11月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************



アルパカ。ブロラン。



posted by あきこ at 21:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | ペットショップ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ、言っちゃった。
世の中の人は目の前のことしか見えない方々が多いようですよ。かわいそうな犬とかわいそうな犬から産まれた子犬の関係は結びつけないようです。
そして子ども動物が好きなんですよね。オトナ動物だって可愛いのに。ほんと残念でなりません。

例のがっかりな団体の方、書き込み消しちゃったみたいですね。珍しく書き込もうかと思ったのに。
いちごは個人宅の多頭崩壊ですが、初期のレスキューに関わった方は誰彼構わず犬を渡してしまったそうです。
もちろん若くて元気な犬から。どこに貰われたのか…。
競り市がたくさんある県なので業者もいたようです。
もっと大局的な思考でレスキューして欲しい。
Posted by いちごまま at 2013年11月08日 12:47
●いちごままさん●

なんか、いちごちゃんに「あ、言っちゃったね」って言われてしまった気分(笑
「えへへ。ごめん」といちごちゃんには素直に謝れそうです(ママにも謝れ)。

レスキューを知ってからレスキューしようよ。
ですよね。
あと、老犬の可愛らしさは子犬の10倍できかないんじゃなかろかと私は思ってます。
Posted by あきこ at 2013年11月08日 20:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。