2013年11月08日

レスキューごっこは ×


目の前の命を救いたいシンドロームという症状がある。
犬の殺処分に心を痛める人のほとんどが多かれ少なかれ患っているのだが、
目の前の命を救うために周りが見えなくなった状態を特に指す。
ただただ不遇な犬が可哀相で、自分ちの幸せな犬と比較して考えてしまっていてもたってもいられない。

不遇な保護犬たちのうち、せめて1頭だけでも、その犬の幸せな未来につながるのなら・・
という思いで犬好きの方々は個人や団体など保護活動家に寄付金や物資を託す。
自分では飼育してあげられない、自分では直接助けに行ってあげられない、
だからせめてこの志しを犬たちのために役立ててくださいと託される善意。

他人の善意をお預かりしている犬の保護活動家は、
人様の気持ちを裏切ってはいけないのと同時に、
犬たちの未来に対しての裏切り行為も決してしてはいけないのだ。
ある団体に寄付金・治療費・必要経費として金銭を差し出した全員がそれでもいいと言ったとしても、
犬の保護活動の看板を背負っている以上、絶対に犬を裏切ってはいけない。
と、普段温厚すぎるワタクシだって思わず口を出してしまう活動内容の団体を知った初雪の日。
(札幌はさきほど雪が降りましたー)

一時に10頭20頭30頭という数の犬を「救って」おられるのがメインの保護団体、
Japan Animal Park(東京都千代田区)(静岡県)さん。
副題は 〜残酷なブリーダーからの救出〜 らしい。
http://japananimalpark.blog.fc2.com/blog-entry-30.html
どうやら不妊手術ナシですでに相当な頭数の犬の移動をしてしまったらしい。

それはとんでもないことなのだ。
こちらの預かりボラさんという方と2,3会話した限りでは、不妊の処置ナシに何の疑問も抱かれていず。
何が問題なのか本当に気づいていないようなのだ。


犬のレスキューは、今までに色んな人々が色んな方法でおこなってきているから、
ちょっと探せば過去の成功例はもちろん、失敗例も知ることができるのだ。ネットは。
他人の失敗を槍玉にあげるようなことは暇人に任せて、
保護活動の問題点とその改善点を見出すために過去の例を数多く知ってほしい。
Japan Animal Park(東京都千代田区)さんの今後のご活動を、お手本として他人に紹介できるような、
犬に優しいものであれと願いつつピックアップさせていただいた。

助けるのはかまわない。
むしろどうぞ助けてあげてください。
ただし余裕があるならば、ってのが犬の保護なのだが。
さて、記事を書きあげたらトラバもどき報告をしに行こう。

あっと、大事なことを書き忘れるところだった。
不妊手術をまったく行わないで「犬を救う」と思い込むのは個人の自由だが、
それを保護だの救出だの宣伝されたらたまったもんじゃない。がいつわりのないワタクシの本心。
まるでシツケされていない犬をロクにシツケせず未不妊でポンポン譲渡。
必要経費分の金銭を受領、ただしMC埋め込みや畜犬登録など二次放棄防止につながることはしない。
あら。当ブログ過去記事にもあったりする「繁殖引退犬のサトオヤさん募集」と何が違うのだろう。
あらやだ。


*****2014年08月18日追記*****
このお話の続きはmixiで繰り広げられましたー。
ご興味のある方はどうぞごらんくださーい。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=76485187&comm_id=2501151&page=all
ワタクシの勘だから外れてる可能性がじゅうぶんありますが、
「ループロ氏」がJ.A.P代表さんご本人かなぁ?
としか思えないなぁと思いながらお返事コメントしてましたよ。

*****追記おわり*****



***********************************
***********************************
2013年11月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************



ブロラン。



posted by あきこ at 18:02 | Comment(10) | TrackBack(0) | 殺処分・保護問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あんたバカじゃないの?
素人が一丁前なこと言って。
Posted by おバカ at 2013年11月11日 15:35
●おバカさん●

コメントをくださったタイミングとこの記事へのコメントであること、
他にもありますが当ブログ管理者宛のご意見ではなくJapan Animal Parkさんを庇ってのご発言、
とも考えられてしまいますので、以降はできる限り良識あるお言葉、文章にてお書き込みくださいね。

人によってはJapan Animal Parkさんのお考えがそのコメントであるととられてしまいます。
ふだんこのブログにコメントをお寄せくださる方々や私自身はそうは思いませんが、
長期間、広く公開している場ですのでいろんな人が見ていますからね。
Posted by あきこ at 2013年11月11日 20:16
不妊手術と処分される命。
あなたが不妊手術のが大事だと思うのなら、犬のことを語る資格がありますか?
将来を考えたら、不妊手術が大事なのは周知の事実ですが、今処分されようとしてる犬の命より大事ですか?
もっと基本的なことに目を向けるなら、不妊手術自体が人のエゴでは?
飼い主が責任持って飼育してれば、不妊手術をしなくても妊娠しないでしょ。
1頭では妊娠出来ないんですから。
Posted by chun at 2013年11月12日 04:10
●chunさん●

命<不妊手術、と誤解してしまうような表現と仰られるなら私の文章力の未熟さを謝罪いたしますね。

1頭の犬の命を助けたら次は健康面のケアとともに不妊手術をおこなう、
そうした上で行動の把握と矯正、特に保護犬は「心に傷を負っている」と思われがちで、
必要以上に気を回してしまうことで新たな問題行動の発生につながりやすいので、
その1頭を考えられる限りの状況に置いて、1週間なり2週間なりある程度の時間をかけて観察した結果が性格の紹介・ひいてはマッチングに有効です。

2次放棄の防止を視野に入れたレスキューであるなら一般の飼い主さんの元に行く前にその処置が非常に大切でして、
犬の不妊手術を人間のエゴだから本当は正しくないことと勘違いしている方はいますから、
そうすると保護活動家は不妊処置の意義を正しく伝える機会があるということなのですよ。

Posted by あきこ at 2013年11月12日 14:59
不妊手術の是非では無く、生き物なんで、人が産ませる産ませないを勝手に決めることがエゴだと思います。
不妊手術が必要な場合もあるとは思います、ただそれをする場合に、なんの感情も持たないで出来るなら、さぞかし立派な人でしょう。
不妊手術と言っても、麻酔等色んな危険がつきまといますよね。
それで万が一の場合、
「私は良いことしてるからしょうがい」
で、割り切れるんですか?
私自身、無神論者で宗教的なことはわかりませんが、
一般常識で考えても、命に対して無責任だと思います。
「思い上ってる」
とさえ感じます。

一般の飼い主では、手術をしないと妊娠を防げないんでしょうか?
どれだけのプロの意見か分かりませんが、ペットを飼う事に責任を感じ、勉強している人もいます。
どこまでが一般で、どこからがそれ以上なんですかね。
そんな話しでも境は微妙やのに、不妊手術のようなデリケートな話しを簡単に言い切って大丈夫ですか?

しなくてはいけない場合もあると思います。
ですがその場合、本当に必要かを十分に考え、その事に対する覚悟と責任を持ってからじゃないですか?
あなたの書き方だと、事務的にすることに聞こえます。

専門的な話しを語るのも結構ですが、プロも素人もない話しだと思いますが。

Posted by chun at 2013年11月13日 00:03
●chunさん●

ふつうの飼い主がふつうに飼っているペットの犬におこなう不妊手術と、
同じく飼い犬に子を産ませるか産ませないかに関することは、
ご質問に沿って回答することがいくらでもできるので、必要であればご遠慮なく当ブログをご活用ください。

犬のレスキューをしているかのように宣伝しながら、
その実態は人間の感情優先のレスキューごっこであった、
なぜなら犬の繁殖生理を考慮せず交尾経験犬を未不妊状態で多数ばら撒いてしまっている事実、
犬の二次的増加および二次放棄の防止策がまるでされていない事実があるため。
そんなわけでここでは命に対する個人個人の気持ちについてではなく、
犬のレスキューに関わる者がすべきことについてお考えをお聞きできればと思います。

Japan Animal Parkさんは、本日ただいま現在のブログを拝見した限りでは、
業者の下請け呼ばわりされることの意味をまるでご理解されていないようです。
いわゆる悲惨な状況(写真は私に言わせれば「状態が良いめの犬がほとんど」ですが)を、
実際に目にする機会が多いほど、救うべき命に変わりはない!
などのように一歩間違えばキケンな方向に偏ってしまいがちなので、
ご本人が見えない点は回りの方のご助言が生かされますよう願っております。
Posted by あきこ at 2013年11月13日 12:01
あなたのように、全て理屈で解決するなら苦労する犬は居ないでしょう。
JAPさんがどうと言うことではなく、客観的に見てもしょせん口は口だけと感じます。
口だけの人間が、行動してる人間を批判する、
滑稽だと思ってるのは自分だけでしょうか?

あなたはあなたのやり方で、自分の出来ることだけをやればいいんじゃないですか?
みんな善意でやってることです。
自分の考え方が全て、と言うような批判の仕方が勘にさわります
Posted by chun at 2013年11月13日 13:32
●chunさん●

犬のレスキュー活動にもっとも必要な資質は他人とのコミュニケーション力なんですよ。実は。

保護犬の乱繁殖と二次放棄を避ける必要性を感じない保護活動家または支援者らは、
反対意見を述べる相手になんらかの正当性が見られたらそれは見事に、
「口を出す暇あったら手を貸せ」だの「現場で実際に動いてからほざけ」、
あるいは「アンタは何もできない、○○さんは犬を助けた、だからアンタの負け」
のように、ちょっと表現が下品ですが意味合い的には返す言葉が一致します。

適当な例は、近年起こったものでは詳細をネットで追いやすいケースとして、
当時のアークエンジェルズ(現在の名称はこれとは別)がやらかした「ひろしまドッグぱーく問題」の失敗例が参考になると思われます。
巨額の使途不明金の行方ではなく、短期間で未不妊犬を多数バラ撒きまくったことに起因する、
ネット上での口汚いやり取りはなんの役にも立たないことを教えてくれるでしょう。

ただchunさんを否定したいがためのものではないとご理解いただきたいのですが、
善意で協力した方々を手っ取り早く裏切る方法、それが多数未不妊犬の横流しなのです。
たとえ当該団体に悪意はなくてもレスキューごっこでしかないので。
Posted by あきこ at 2013年11月13日 15:27
実はコミュニケーション力が大事なら、あなたの一方的な批判は、人の目にどう写るでしょう。

広島のドッグパーク問題にしても、この話と全然内容が違いますよね。
何度かのやり取りで感じましたが、いつも論点の少しズレたお返事が返ってきます。
あまり立派なご意見ですから、私の頭が付いていかないだけかも分かりませんが。
良く勉強なさってるようですが、知識をひけらかしただけのような度が過ぎた批判は、
「犬のことを考えて」
とは、取れません。

これは私の自論ですが、自己満足を求める自己中心的な人間は、他者にかける愛情が希薄だと思います。
犬のことを語るあなたが、そうでないことを祈りますが…

前回も書きましたが、自分の考えに自信をお持ちなら、自分で実行するだけにして下さい。

こんなことしてる間に、犬の面倒が見れますよね。
私は2頭飼っていますが、こうしているより手をかけてやりたいので、この辺りにしておきます。
ごめんなさいね。
Posted by chun at 2013年11月14日 00:20
●chunさん●

うーん。。。

未不妊犬をバカスカ配ってレスキューと思い込むのは勝手だがどこの世界でその感情的な後先考えない行為の指摘を一方的な批判と言うのだか。やれやれ。

と、こう書いてしまえば何の益も生まないでしょうとお伝えしているのです。
人間の感情・chunさんご自身の好みの問題を話す場でははない上に、
私の性格をchunさんがどう受け取ろうとそんなことは保護された犬、
これから保護される犬に一切の関わりがないじゃないですか。
私はchunさんに勉強家だと思われても滑稽だと思われても全く興味がないのですよ。
なぜわからないかな。

>前回も書きましたが、自分の考えに自信をお持ちなら、自分で実行するだけにして下さい。

いや、だから自分でブログ記事を作成してコメント欄とも公開しているんですよ(笑
逆にchunさんが他人の考えを否定する根拠を持たずに犬を語る資格があるかだの
事務的だのプロも素人もないだのご自分の感情の捌け口をなぜここに求められたのか、
私にはぜんぜん理解できないし我慢していますけど実際迷惑です。すでに犬の話じゃないから。

繁殖に供された経験のある多数の犬を未不妊のまま単に移動させる行為そのものについて、
またそれを犬のレスキューと呼び犬のレスキュー団体を名乗ることについて、
家庭犬としての教育を犬にほどこさないまま犬の飼育に不慣れな人間に託してしまうことについて、
二次放棄を避ける手段を一切取り入れないことについて、
基本的にはこれらに関するコメントでしたらどうぞお寄せください。

犬の保護活動家には、カワイソウな犬を保護してあげる自分が好き〜な人がたまにいるのですが(通常本人に自覚ナシ)、
それ系は根本的に苦手だけれど犬のためになるなら冷静に議論できるよう努力しますが、
上記4件のような自身の感情吐露に重心を置いたコメントの類ですとじゃまくさいので、
そういう話をしたがっている相手を見つけてどこか別で継続なりされてください。
Posted by あきこ at 2013年11月14日 01:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。