2013年12月20日

無理な繁殖 vol.2


前の記事の続きです。
さて、一般家庭でおこなう犬の繁殖は「素人繁殖」と呼ばれてしまうのですが、
そうは言ってもプロだって初めは素人じゃないかと思う意見があるわけです。
お説ごもっとも。

だから素人であっても良い繁殖をおこなえるはずで、
まずプロのおこなう繁殖とはどんなものだろうと疑問がわいて調べたくなるようです。
そうしたら、こういう系の情報がネット上に氾濫してるわけで。
・連続出産
・劣悪な環境
・歯がボロボロ、目が白かったり腫れてたり潰れてる、糞尿がこびりついた毛玉
・外見上の奇形がメインの遺伝病
・断尾はもちろん自己流処置

子犬を商品として扱うのがプロだぞと。
おカネになるのは子犬だけだから親犬は交配と出産さえできればどうでもいい飼われ方だぞと。
(余談ですが有名なネット伝説に生きた母犬の腹を無麻酔で切り裂き子犬を取り出して売った、
なんてのがあるけど落ち着いて。ふつうに考えて無理でしょうが。)

そんなことが犬の保護団体のホームページとか一般の人の愛犬ブログとかに書かれていて。
悪い見本があれば自分の場合と比較してまずは安心するんでしょう。
ブリーダーとは血も涙も無い悪徳業者のことで、そんな悪魔がおこなう繁殖よりも、
清潔な環境で動物病院と相談のうえ愛にまみれた出産こそが良い繁殖と思ってしまう。
※ここまでのポイント
「犬の繁殖」を「交配〜出産〜子犬が巣立つまで」だと勘違いすることが「無理な繁殖」の始まり


また余談ですが。
たとえば血統書も純血種も無くなればいい、犬はどの犬も等しく尊いのだから・・と考える人は、
ここの部分で安心しちゃって立ち止まってしまっているように思われます。
(なかなか話を繋げられなくてワタクシこそ立ち止まってますがそのうち書きたいお題)

繁殖に供される犬が幸せかどうかに主眼を置くと、思い違いの元になるような気がします。
パパとママになるオス犬とメス犬が幸せに暮らしているかは当たり前すぎて論外になるくらい。
「繁殖」なんですから交配〜妊娠〜出産時の両親犬の状況よりも、
生み出す子犬たちの幸せを第一に考える、それが「繁殖」。
んで、たとえ素人繁殖でも子犬たちの幸せについて突き詰めていくと、
「無理な繁殖」に対抗できるのは「知識」のようだと行き着くわけで。

またつづく。




***********************************
***********************************
2013年12月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************



そらくんがんばれ月間
banner (2).gif
よかクリフトリップアンドプレート (よかったらクリックで応援してねって意味です)(ふせげー)


「ツイート」の右となりの「ブックマーク」をクリックするとmixiやその他ソーシャルボタンが出ます。
posted by あきこ at 23:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 遺伝性疾患を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「無理な繁殖」という言い方が誤解を生むのかな。
無理なんかさせてないわい!って。

じゃあなんと言いましょう。

健全性に配慮していない繁殖?
子犬の質の向上を求めない繁殖?

まあ言葉遊びをしても仕方ないんだけども。
あんまり過激なことを書くとなぜか、はじかれます。
Posted by みみさら at 2013年12月21日 14:36
無理な繁殖発言を書いた方に聞いてみました。
お察しの通り母犬の環境の事を言っているようでした。
でも病気と遺伝子の事もわかってはいるようでした。
ただ説明ができないのでざっくり無理な繁殖という表現になるようですね。ある意味便利な表現なのかも。
ちょっと横に逸れる話ですが、保護団体が無理な繁殖と言って劣悪環境にいる犬達の写真をアップするのって寄付金集めもあるのか…?と、ざっくりした会計報告を見ながら思ってしまいました(・Θ・;)
Posted by いちごまま at 2013年12月22日 22:20
無理な繁殖なんてみんなしてないよね。清潔な環境で親犬を育て、ペットショップで一括買い上げ。劣悪環境でせり市でやってきた犬達に比べたら全然違う。もちろん産地直送空輸ならもっとブリーダー風味満載。じゃない?
Posted by Zoe at 2013年12月23日 12:22
●みみさらさん●

まあでも実際に無理な繁殖なことには変わりないからなぁ。
やっぱ繁殖をする犬=母犬、じゃん。世間一般の考えとしては。
それって「犬の繁殖とは交配〜出産〜子犬が巣立つまで」がわざわいの元で、
ほら、ここで軽く説明しようとしても短くまとめられない。
短くないと興味がアリアリな人しか見なくて、「代の継承を予測する」みたいな話もまるでできん。


●いちごままさん●

あー、そーゆー人ってすっごくたくさんいるからわかりますー。
保護の人だけじゃなく、繁殖者にも山ほどいるんですよ。
結局は理解しきれてない、これにつきるんですが、
遺伝病なら遺伝病のサワリ部分だけを知ってわかった気になってしまい、
人様に説明する際にインパクト大の部分のみ紹介してしまうとゆー。

カワイソウな写真も、その心理とちょっと似通った面があるかもしれません。
実際に見てくれる人(お金を出してくれる人)が、インパクト大じゃなきゃ食いつかない、
んで仕方ないっちゃ仕方ないんでしょうけどね。
あ、このお題もそのうちいただいちゃおう。<劣悪写真で寄付金アップ


●Zoeさん●

おお!まとめてくれてありがとう!

Posted by あきこ at 2013年12月24日 12:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/383190934
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック