2013年12月25日

今日、人間を救った


無題.JPG


不安げな瞳で収容室の通路を歩く彼女を一目見たとき、
ぼくにはぼくが彼女を救う未来が見えた。
収容室の様子に彼女が怯えないように、ブンブンとシッポを振り回してみる。

シッポぶん回し作戦はさっき失敗しちゃった粗相を隠すのにも効果的だった。
職員さんたちはいつも気の毒なくらい忙しくて、毎日たっぷり散歩させてほしいとはとても言えない。
だからぼくが産み落としたブツもすぐに片付けられないのは仕方ないんだけど、
とにかく彼女に見せてはいけないと思ったんだ。
必要以上に悪い印象を与えてしまいそうで。

作戦が成功したかはわからなかったけど、彼女は立ち止まり、ぼくの経歴文に目を向けた。
ここに来るまで散々な人生だったから、「カワイソウな犬の話」が書いてあるはず。
それはウソではないんだけど、ぼくはいつも「今」を楽しんで生きてきたし、
これからも面白い「今」にたくさん出会えるだろうことを楽しみにしてるんで、
どうぞ彼女が悲しい気持ちになりませんようにと考えた。

そしたら彼女はひざまずいてぼくに小さくチューをしてくれた。
ぼくは彼女の表情に悲しみがまだ残っていることがわかってたので、
彼女をなんとか癒してあげたくて檻の隙間にぐいぐいと頭を押し付けて近づきたかった。
彼女はすぐに応えてぼくに触れてくれる指先がなんか必死な感じだ。
そして指先でぼくの首を優しくなでたとき、彼女のほほに涙が流れたから、
ぼくはひょいっと前足をあげて、「心配しないで。きっとうまくいくよ」と伝えてあげた。

そうしたら扉が開いた。
彼女はほほに涙を残してるが輝くような笑顔でぼくに微笑みかける。
ぼくは迷わず、彼女のうでに飛び込んだ。
ぼくはあなたを守り抜くことを約束する。
ぼくはいつでもあなたのそばにいると約束するよ。
どんな時もあなたがぼくに笑いかけてくれるよう、できることはなんでもするとここに誓う。

彼女がぼくのいる収容室に来たことは、とても幸運なこと。
ほかのたくさんの人はこの通路を歩いていないし歩こうともしないし、もしかしたら存在を知らない。
ここに救うべきもの、救われるべきものはとても多くいるのに。
とても多い数の中の一番小さな単位、1人。

ぼくは今日、人を救った。


-----
みなさんこんばんは。
聖なる夜にふさわしいイイ話のはずがワタクシの意訳ではいまいちだろうと思いつつ。
この詩は以前ワタクシのお師匠が個人的に訳して教えてもらったもので、
いつか自分でも挑戦してみたいなと思ってネタを温めていたものでした。
アメリカのシェルター事情(ノーキルっぽいし)を日本の犬収容施設に置き換えようと中途半端な努力で、
結局素直に翻訳することはできませんでしたがとりあえず。メリークリスマス。

原文は以下のとおりです。

I RESCUED A HUMAN TODAY by Janine Allen

Her eyes met mine as she walked down the corridor peering apprehensively into the kennels. I felt her need instantly and knew I had to help her.
I wagged my tail, not too exuberantly, so she wouldn’t be afraid. As she stopped at my kennel I blocked her view from a little accident I had in the back of my cage. I didn’t want her to know that I hadn’t been walked today. Sometimes the overworked shelter keepers get too busy and I didn’t want her to think poorly of them.
As she read my kennel card I hoped that she wouldn’t feel sad about my past. I only have the future to look forward to and want to make a difference in someone’s life.
She got down on her knees and made little kissy sounds at me. I shoved my shoulder and side of my head up against the bars to comfort her. Gentle fingertips caressed my neck; she was desperate for companionship. A tear fell down her cheek and I raised my paw to assure her that all would be well.
Soon my kennel door opened and her smile was so bright that I instantly jumped into her arms.
I would promise to keep her safe.
I would promise to always be by her side.
I would promise to do everything I could to see that radiant smile and sparkle in her eyes.
I was so fortunate that she came down my corridor. So many more are out there who haven’t walked the corridors. So many more to be saved. At least I could save one.
I rescued a human today.

- See more at: http://rescuemedog.org/dog-blog/i-rescued-a-human-today-by-janine-allen/#sthash.fYQNH7xK.dpuf





***********************************
***********************************
2013年12月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************



そらくんがんばれ月間
banner (2).gif
よかメリークリスマス (よかったらクリックで応援してねって意味です)(キターーーー)


「ツイート」の右となりの「ブックマーク」をクリックするとmixiやその他ソーシャルボタンが出ます。

posted by あきこ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 殺処分・保護問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/383580600
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。