2014年01月28日

おくち


昨日のつづき。
家庭の犬ならばひどい歯周病でも目に見えてあごがなくなってしまうほど骨が溶けることは少ない。
なぜなのでしょう。
1位 臭いから飼い主が気づく
2位 食欲が落ちたり好き嫌いが激しくなったり目立つ症状が現れるから気づく
3位 ケージに閉じ込めっぱなしの繁殖場よりはいろいろな理由で進行が遅い

そんなことかよと思われるかもしれませんがこんなもんです。
動物病院に連れて行ってもらえない犬はたくさんいるでしょうが、
硬いドライフードを嫌がるならふやかしてくれたり半生タイプに替えてくれたりするかも。
「年だから食欲が落ちて」、ドッグフードを小粒タイプや半生タイプに替えたら食べるようになった、
あるいは老犬飼育経験者からふやかしフードなら食べると聞いて与えたらそのとおりだった。
などはワタクシも実際に何例も見聞きしております。

口臭があって食欲が落ちたならまずは口の中を見てみりゃいいだろと、
それで凄そうなら動物病院に連れてきゃいいだろうと考える飼い主さんは大多数でもなく、
家庭の事情で治療費が用意できないとか、そもそも飼い犬の口の中なんて見られない人もいますから。
いろいろですね。

低カタラーゼ症以外の遺伝性疾患や遺伝的な体質が原因で下あご溶け病になりそうなのは、
・あごの骨格と歯のサイズが合ってない(骨格に対して歯が大きい)
・歯並びが悪い(乳歯遺残、アンダーやオーバーなどの咬合不全)
・歯の数が多いまたは少ない(過剰歯、欠歯、部分的無歯症)(過剰歯の根はだいたい短い)
・歯肉肥大症

あたりでしょうかね。
これらは犬の場合ほぼ遺伝=親から受け継いだ(遺伝≠親と同じ、親に似ている)もの。

あ、それと、崩壊繁殖場で下あごを失ってる犬はまず小型犬なのですが、
まずは得意の図で示します。

歯.JPG

無色の多角形は犬の下あごを、赤い三角は歯を、青いのは歯の根を現しています。
別にこんな図で示さなくても実物を見れば一目瞭然で(こんな図って自分で言っちゃった!)、
成犬体重5キロ〜以下程度の小型犬と、中型犬や大型犬ではいろんなところに差が見られるわけで、
口というか口元の大きさが確実に違うのはまあ当然。
それにプラス、極小型犬はたいてい下あごが薄いのです。

だから歯周病菌が歯の根に到達する速度は体型によって変わりなくても、
その歯の根からあごの骨に到達するのは口元が小さく薄っぺらい犬だと早い。
なので繁殖場であごが崩れ落ちてしまった犬はちわわ、マルチーズ、ポメ、ヨーキー、トイプー、
あとミニチュアダックスがほとんどで、オスメスは同じ数くらいいるはず。




***********************************
***********************************
2014年1月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************


そらくんがんばれ月間 赤い糸はどこにつながってるのかな〜?
banner (2).gif
にんきブログランキング


「ツイート」の右となりの「ブックマーク」をクリックするとmixiやその他ソーシャルボタンが出ます。

posted by あきこ at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 遺伝性疾患を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
尖り口の方が歯周病になりやすいんですね。
そういえば保護された時から前歯は無かったです。
歯周病、獣医によってはわからないみたいです。
いちごは食べ方が変だと思い当時のかかりつけに行ったところ、歯に傷があるので治療はできないと言われました。
なのでどこか治療できそうな病院を…と探して獣医歯科に力を入れている病院を見つけ、そこで重度の歯周病→抜歯となりました。歯周病が酷いと逆くしゃみも多いんですよね。二度の抜歯後逆くしゃみはほぼなくなりました。
歯が抜けても何も思わない飼い主さんも多いようです。
永久歯が抜ける事は普通じゃないと思うのだけど…。

いちごは慢性膵炎と腎不全初期と診断されました。
おまけに変形性脊椎症も悪化…。病院通いの日々です。
膵炎と腎不全のため手作り食なのですが、夕べまた吐いてしまって…。何かいい食材とかご存知でしたら教えて下さい。
Posted by いちごまま at 2014年02月01日 05:26
●いちごままさん●

補足します。歯のサイズが骨格に対して正常なら口先が尖っている(顎の骨が先細っている)と高リスク、
反対に歯だけ小さく歯と歯の間隔が空きすぎているポメは骨の形成不全的な意味で歯がもろい、
理想的なのは「程好い歯のサイズと間隔」です。
よそ様のポメは口をこじ開けようとすると噛み付く子がよくいますが、
噛まれてもたかがポメなのでちょっと無理強いして見せてもらうこともたまにあります(笑
そうやって観察していると程好い歯並びのポメは滅多にいないことに気づきました。
そこまでしなくてもポメの繁殖者は前歯の噛み合せ以外(アンダーとかオーバーとか)は、
歯が多かろうと少なかろうと大きかろうと小さかろうとすべてスルーするのが普通みたい。

歯に傷があるってのはなんなんでしょうね?歯髄が見えてたからだとかなのかな。
逆くしゃみ(症候群)はうちの小太郎も発作持ちですが歯は気にしたことなかった。
勉強になりました。
ともあれいちごちゃんの歯については納得できる治療法が見つかってよかったですね。

食材は、消化の良いもの、脂質に気をつける、くらいしか思い浮かびません。
うちの犬たちのお腹の調子がよくないときに選ぶ食材は、
豆腐、生ラム肉、豚ホルモン、白身の魚、野菜は茹であげてから指でつぶせる軟らかさのもの、などですか。


Posted by あきこ at 2014年02月01日 23:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/386268579
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック