2017年09月24日

避妊去勢アンケート2017 2/6

1つ前の記事のつづきです。

「言うほど病気は予防できないから」に2件コメントをいただきました。

・必要ない。繁殖云々にしたって室内で(1匹のみ)飼っているし、散歩時には犬に目を光らせて行為などさせないよう注意しているからまったく以って不要。

つまり「望まれない子を生ませるようなことはせぬ」と仰っておいでなのかな。
そこに注意して暮らすことができる飼い主さんって、たぶん大多数だと思いますよ?
当然ワタクシもできます。1匹が10匹でも未不妊の飼い犬たちを妊娠させずに飼えますよ?

だから問題はそこじゃないんですよ。ちょっと考えりゃわかるでしょうに。
人それぞれだから中には「飼い犬の交尾を止められないかも」の人もいるのでしょうが、
管理能力が劣る飼い主が飼い犬に避妊去勢を受けさせるとでも思うのか?

これから紹介するコメントがまだあるけどもう言っちゃいます。
避妊去勢をよくないこととし未不妊を選択する人は、
やっぱり偏りや不勉強な点が目立つんじゃ・・?言っちゃなんだけど浅慮だわ。


・病気予防でホルモン関係の健康な臓器を取る獣医は信用できません

あー。一部同感です。
病気予防が目的ならだから病気予防手術って言えよってね。

で、メスは卵巣と子宮をオスは精巣を切除するのが不妊手術なんだけど、
通常その切除する部位は「健康」です。
そこが健康でない場合の手術はふつう病気治療でしょうから。

健康なからだにメスを入れ備わっている臓器を取り去るって言いたかったのかな?
やっぱイマイチ不勉強な印象がどうしても・・。
っていうかさ、病気予防になるよ?実際に。
性ホルモン由来の病気の予防になるのは間違いないじゃん。この人何が言いたいんだろ・・。


「獣医や店など犬のプロに反対された」に1件。どうもありがとうです。
コメント内容と時期的に正しい情報というHNのかたでしょう。
詳細はこちら  http://kotavi2002.seesaa.net/article/389394067.html
正しい情報とか言っておいて中身をよく読んでいない模様が痛々しかったものです。

・ttp://www.naiaonline.org/pdfs/LongTermHealthEffectsOfSpayNeuterInDogs.pdfアメリカの有名な論文を読んで

飼い犬の不妊処置をしたくないならそれでいいんじゃないの?
どうしてろくに読めもしない外国の論文を探したがるんでしょうね。
単純な話、犬の避妊去勢がそんなに悪いものなら全世界で長い間実施されていることをどう考えているのか。

アメリカやらカナダやらのごくごく少数派の論文に頼らずに(どんな獣医が書いてるかも知らんくせに)、
自分はこう考えるから未不妊でいさせるんだ!って言えばそれでいいじゃんね。


「家族など周囲の人が反対している」にも1件。コメント感謝です。

・家族は「可哀想だから」という理由で

けっこう多いみたいですよ。家族の反対って。気を落とさないでね。
我が家もそうでした。男性陣がオスの去勢に猛反対。
結局は擬人化をこじらせた誤解がほとんどでした。

未不妊でいさせることの不自然さの説明が伝わるといいですね。
でもまず男性はタマを切除するという行為そのものにガクブルらしいです(笑
カッコわらいじゃねぇよっ!!って叱られそうだからこのへんで。

つづく


文字がかぶっていた箇所など微調整しました(結局このバナーが気に入った)

気が向いたらクリックで応援してね 犬ランキング


posted by あきこ at 20:01 | Comment(0) | 不妊処置−避妊と去勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。