2017年10月20日

チワワの色素遺伝子

[毛色遺伝子] ブログ村キーワード


チワワだけは遺伝の仕方が違うというブリーダー(全体的に大爆笑)がいますが、
チワワもちゃんと遺伝の法則にしたがって生まれてます。

file000996208976.jpg


対立遺伝子の種類が多いからチワワはいろんな毛色があるんですよ。
頭数が多めで知名度の高い犬種では最多でしたっけ?毛色の数。
久々なのでいろんな意味であやふやです。
間違っている箇所があれば都度直しますので賢いかたはご協力ください。
以下はあくまでも基本です。

チワワの色素遺伝を知りたい人のための入門編

Aシリーズ ユーメラニンとフェオメラニンの分布域
ay  ay/ayというホモ接合でレッド
aw  ホモ接合とヘテロ接合上位でバンデッド、ヘテロ接合下位ではブランケット
at  ホモ接合とヘテロ接合上位で「&タン」、ヘテロ接合下位ではシェード、グリズルの条件その1
a   ホモ接合のみユーメラニン100%

awがフォーンの基本かもしれない。でもあまり真剣に考えたことがない。

Bシリーズ ユーメラニン
B   黒
b   レバー(あるいはチョコと呼ぶ)

Cシリーズ フェオメラニン(の濃淡か?)  ※このシリーズは遺伝子未確定
C   作用せず
cch  ホモ接合時のみクリーム
ca   ホモ接合時のみアルビノ

※アルビノも含め暫定的というか仮のものですこの座。

Dシリーズ ユーメラニンの希釈
D   希釈しない、作用せず  
d   ホモ接合時のみ希釈する、ブラックをブルーに、レバーをイザベラに

※フェオメラニンには作用しないのでブルーフォーンのようなわかりにくい毛色になる。

Eシリーズ メラニンの分布域と分量 色素ポイントに影響大
EM  ブラックマスク
EG  条件が揃った時のみグリズル
E   ユーメラニンの拡張
e   ホモ接合時のみユーメラニンを制限しフェオメラニンにしてしまう

Kシリーズ ユーメラニンの分布域と分量
KB  Aシリーズに対して顕性でフェオメラニンはすべてユーメラニンへ
kbr  ホモ接合かヘテロ接合上位のみブリンドル
ky  ホモ接合時のみ作用せず、グリズルの条件その2

Mシリーズ 両メラニンの色素を抜く
M   メラニンをランダムに切り継ぎ、両メラニンともに作用
m   ホモ接合時のみ作用せず

Sシリーズ メラニンの別なく白斑が覆う
S   不完全顕性の可能性。一応ソリッド因子
si  ホモ接合とヘテロ上位接合時アイリッシュマーク配分
sp  ホモ接合とヘテロ上位接合時パーティーカラー配分  
sw  ホモ接合時は全身の毛がほぼ真っ白

アイリッシュマークとパーティーカラー配分は因子1つだけだと胸や四肢の先に小範囲に白。
swもおそらく同じように出ると思われる。

-----
リクエストくださったかたへ
現時点でワタクシが把握できている分なので間違いがあるかもしれません。
が、ミスがあったとしても大筋は変わらないはずです。はず。

このほか「Gシリーズ」「R(T)シリーズ」はワタクシがよくわからないので外しています。
「退色」と「ローン柄(ティッキング)」シリーズなので後回しでもなんとかなるし。
また、上記のうちCシリーズとSシリーズの遺伝子の正体が現在ではまだ不明です。
なので今後外国の研究者さんたちによって内容が変わる可能性があります。
が、他の因子もそうだったように大まかな考えかたはそんなに間違いがないと思われます。

というわけで上記にあげた各遺伝子座の対立遺伝子はこういうのがあるという紹介ではなく、
「チワワという犬種内に存在していると考えられるもの」です。
ね?ラブと比べたらその違いがよりわかるでしょ?
チワワのリクエストを出したらラブを書かれて内心困ってませんでしたか?(笑
比較のためだったのでした。

このようにチワワは対立遺伝子の種類が多いので、毛色が豊富な犬種なのです。
ただし1頭のチワワが対立遺伝子をたくさん持っているのかと言うと、
当たり前ですがそういうことはなく、他のすべての犬種や雑種と同じように、
1つのシリーズにつき因子を2個持っていて、その組み合わせで表現型が決まっています。

書かれていたように「ダックスは毛色遺伝がよく知られているけどチワワは不明」とは、
「そのチワワ鰤さんの認識」が不明になっているだけです。つまり知らないだけ。
自分がわからないからチワワは他と違うから難しいとかって言ってるだけ。
チワワもちゃんと遺伝の法則にしたがって生まれてますよ(笑
それにしても「なに色でも許される」をはきちがえた馬鹿者ばかりなので、
マールを早めに非公認毛色にしたのは唯一GJでしたねJKC。




病気がちじゃない2キロ未満のちわわってあのウルウルのCM以降なんびきいるんでしょねー?


posted by あきこ at 20:00 | Comment(4) | 毛色の遺伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
EGって持ってるんだ…
本当に、マールを禁止したのはぐっじょぶです。
平気でダブルマール出して、あら、両親ともマールだったのね、判らなかったわ、なんて言いそうなくらい、判断の難しい毛色が多いんですもん。
Posted by さくらぼうず at 2017年10月20日 20:30
●さくらぼうずさん●

チミそんなに活字を無条件で信じるタイプじゃなかったよね?なんかあったのかい?
EGは前も言ったけど「私が思う」のよ。

ところで、笑っちゃいけない笑えるハナシ。
日本語のカタカナで「チワワ ダブルマール」で画像検索するとふつうのブルーマールばっかりなの。
で、もしや?と思って「チワワ ホワイトマール」で画像検索してみたさ。
どこにもダブルって書かれてないダブルいっぱいいた(泣
Posted by あきこ at 2017年10月22日 21:17
ん? 活字をっていうより、
あきこさんを信じてるよ?
でも、EGは私は気づいてなかったから
今度(思いついたときに)チワワの画像を見て確認しよーと思ってたよー

ところで、ホワイトマールって…(涙)
あー、毛色コミュ、いろいろ直さないとダメだな。
犬が来るまえにしとくんだったなぁ…
(まだ間に合うという心の声が聞こえるので耳をふさいだ)
Posted by さくらぼうず at 2017年10月22日 22:57
●さくらぼうずさん●

HAHAHA(笑
ありがとよ。

まーだー間ーにー合ーうーよー(鬼
でも毛色とかそんな余計なことしないでただただニヤニヤして待ち構えるといいよ!
Posted by あきこ at 2017年10月24日 20:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。