2017年11月15日

チワワの遺伝性疾患

シリーズ第3弾
トイプードルの遺伝性疾患 http://kotavi2002.seesaa.net/article/454436664.html
ポメラニアンの遺伝性疾患 http://kotavi2002.seesaa.net/article/454523066.html

CIDD
Canine Inherited Disorders Databas
カナダの獣医師会と獣医大学発信の犬の遺伝病のデータベース情報の翻訳です。
日本国内の犬は多くの犬種でアメリカから輸入された血統が入り込んでいますし、
純血種の犬籍は大雑把にはアメリカとカナダはイコールで結べますので、
我が国の犬たちに基本的には直結すると考えていいと思います。人気犬種はとくに。
ただし日本では素人レベルの乱繁殖が大多数なので独自に悪化し続けていますが。
ワタクシはそこそこな数の「犬の繁殖者」を直接知っておりまして、
その経験に基づいて素人レベルの乱繁殖が大多数だと言い切ることができます。

ちわわのページ
http://discoveryspace.upei.ca/cidd/breed/chihuahua

最重要疾患
この遺伝病は外科的な治療の必要がありあなたの愛犬の健康に重大な影響を及ぼす
チワワに比較的一般的な遺伝性疾患といえる
繁殖上では可能な限り根絶する努力がなされている

・パテラ

※パテラは「ジャンプするから」「フローリングで滑るから」発症するのではなく遺伝病です
参考 当ブログ内過去記事)2014年02月06日 犬の膝蓋骨脱臼の考察 http://kotavi2002.seesaa.net/article/387444044.html

発生率が増加している遺伝病
カナダとアメリカではさほど致命的でもない  ※日本では超深刻!!

キアリ様奇形および脊髄空洞症
カラーミュータントアロペシア
角膜ジストロフィー
停留精巣
アカラス
緑内障
水頭症
乾性角結膜炎(ドライアイ)
僧帽弁形成不全(閉鎖不全、ほか)
動脈管開存症
パターン脱毛
進行性網膜萎縮症
肺動脈狭窄症

中でも要注意の遺伝病
カラーミュータントアロペシア

チワワの遺伝病として入り込む可能性がある遺伝病  ※日本ではたぶんすでに出まくり
血友病
神経軸策ジストロフィー
二分脊椎(症状の1つに水頭症がある)


参考
乳児型神経軸索ジストロフィー(INAD)マウス(1)


二分脊椎(軽症例)


二分脊椎(中〜重症例)



あちこちのヘルニアや口唇口蓋裂や鎖肛のような一目でわかる奇形も多いし
アジソンやクッシング系の内分泌疾患が山ほど出てるし
手根骨亜脱臼なのに飼い主はまるで気づかないでブログに写真載せてたり
離断性骨端炎や骨軟骨症みたいな遺伝病もありまくりだけどこの記事はCIDDの紹介なので。




スペルはちふぁふぁで覚えました



posted by あきこ at 20:00 | Comment(0) | 遺伝性疾患を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。