2017年11月20日

ブリーダーの資格という勘違い

犬のブリーダーとしての公的資格は無いんですよ。

またもやこの話題ですけどブリーダーの資格とかのワードで検索上位にくるサイトでは、
動物取扱業が「公的な」ブリーダーの資格かのように誤解を招く表現だらけ。

はーぁ。

民間資格では以前から眉唾モノがいくつもあるんですが、
公的な資格めいた制度は今後もおそらく無理。
ワタクシの予想では「絶対無理」ですが。だってできっこないですもん。
そもそもどこ(誰)がナニを基準に管理すんのって。

つい先日某SNSで、国内外で数十年臨床獣医として最前線でご活躍され、
日本語でも著書がいくつかあるような業界ってか一部では有名な獣医先生が、
遺伝病を無くすため(と書いてた)にはブリーダーの公的資格を整備しなきゃ、
とかなんとか発言していてガックリしたばかりです。イイネが1日で300とか超える人。
○○先生でさえそんな程度の認識なのか・・というガッカリ感と、
やっぱ獣医と繁殖ってまるで水と油だよなっていう再認識で。
知らない分野に口出ししなきゃいいのに自分が知らないことに気づいていず。

※眉唾モノ
ワタクシの把握していない民間資格も多数あるかと思いますが。
それっぽいものを見かけるたびに資料を取り寄せ運営会社・団体に問い合わせ、
事前問い合わせで判明する範囲のカリキュラムから講師などを確認したデータ、
を元に眉唾モノがいっぱいだーっと判断しております。

で、犬のブリーディングを知らないことで勘違いしやすいのが、
第一種動物取扱業の販売業種に該当する業者の例の「販売目的の繁殖または輸入を行う者」と、
貸出し業種に該当する業者の例の「繁殖用等の動物派遣業者」が、
犬の繁殖に何やら関係があるかのような雰囲気に感じられるのでしょうね。

つまり第一種動物取扱業をブリーダーの資格だと言うならばその人は、
犬のブリーディングを何一つ理解していない証明だということです。
それがお客であろうと自称ブリーダー本人だろうと。

ついでに犬の Breeder を犬を繁殖させる人、子犬を増やして売る人、
のような適切でない翻訳を覚えて信じてしまっているのかもしれません。
Dominant が正しい訳の顕性ではなく優性と訳されて普及してしまったように。
こういうものは最初に訳された時代背景に左右される面もあるでしょうが、
犬の Breeder のより正確な訳はやはり育種家だと思われます。
繁殖家かもしれないけれど販売者という意味はたぶん絶対含まれないはず。
Dominant が優性かもしれないけど絶対優勢でも優生でもないのと同様に。

まーとにかくそんなわけで、
犬のブリーダーになるための資格なんて無いので、
第一種動物取扱業はブリーダーに必要な資格じゃないから、
ブリーディングの知識や技能はほとんどまったく無関係な話なんです。
正しいブリーディングを何にも知らなくても(なんならメチャクチャでも)、
第一種動物取扱業者の資格は得ることができます。
だって別々な話ですから。
お互いに関係があるようで無いので。




犬種を育てるんだよ番人だから。ただ増やすのとは次元が違うのになぁ。ってかそんなに難しい問題なのかこれって



posted by あきこ at 20:00 | Comment(5) | 犬情報“ググってもカス”問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
動物取扱業、とりましたがとりあえずなんの役にたってません。
ブリーディングの方針はかなり細かく書いたのですが、意味がなかった気がします…
よっぽどスウェーデンケネルクラブ発行のanatomi(スウェーデン語のテキストにしてます)の方が役に立ちます。

昔、私うちの犬種で有名なブリーダーになぜうちの犬種はハックニーゲイトなのか(私はいまだ疑問なんです)聞いたことありましたが答えてもらえなかったですし、あるブリーダーはJKCスタンダードに書いてあるからハックニーなんだそうです。
私が聞きたかったのは解剖学的な理論でした。

和訳、ほんと難しいです。
私は犬のはだいたい英語を読んでますが、それでも難しいです。
スウェーデン語なんて先生なしじゃ厳しい!
Posted by ちあき at 2017年11月21日 13:13
ぶりーだーのお話だったので質問です。
アルビノ同士の掛け合わせって大丈夫だとは思えないけど大丈夫なんですか?
アルビノ×アルビノでホワイトミニピンが…という記事を見かけたので。

うちのれもんさん、某SBのCMで有名になった白ポメの血縁なのだそうですが、パテラはグレード3、肩もちょっと変。おまけに物凄い怖がりでストレス掛かると直ぐ粘膜便でPになります。…この子の子どもたちは大丈夫なのかほんとに心配です…。
Posted by いちごまま(ままれもん) at 2017年11月21日 18:25
●ちあきさん●

動取は販売のためでしょうからね〜。「まだ」でしょうね。

方針って「犬猫等健康安全計画」のことかな?
もしそうなら、これだけでも公的な資格めいた制度がいかに無理かがわかっちゃいますよね(笑

ハックニーと言えば、以前ちあきさんの犬種とチャイクレをかけちゃった飼い主さんがいて、
私の「F1雑種は乱繁殖にほかならない」という意見にがっぷり咬みついてこられたことがあります。
結局はその飼い主さんは、愛があるから乱繁殖呼ばわりされて面白くなかったようなのですが、
私が他犬種でハックニー歩様が見られれば通常は関節疾患を疑いますがその点はどうお考えですか?
っと聞いたらブチ切れちゃいました(爆
仕舞いに複数生まれた雑種子犬は1頭だけ飼うみたいで残りは「サトオヤボシュウ」してまして、
あれ?愛はどこに・・・?っと不思議に思ったもんでした(笑

スエーデン語ってかスエーデンはまだ英語が通じるからマシですよー。
通じるっていうか、英語に合わせてくれるじゃないですか、北欧なら。
スペインとかイタリアなどなどはあくまでも自国語にこだわりません?あとロシアもわりと頑固にロシア語で!
FBで英語で文章書いてる所にロシア語でコメントが来たりして、ごめん日本人だから日本語と少しの英語しかわかんないって返事しても、
ロシア語で友達申請が届くんですから、笑うしかないです(笑


●いちごままさん●

ホワイトミニピンは初めて聞きました!
なので当然未確認ですが、ちゃんとしたアルビノ(?)ではないとは思いますが。
ちゃんとしないアルビノとは地色がなに色系であっても薄いタイプを漠然と指してるんじゃないかなぁ。
文章だけでも写真だけでもどちらでももしURLがわかれば教えてくださいー。

>れもんちゃん

あららら。あと歯並びわるくて毛の伸びが遅ければポメのベーシックプランのフルコースですよ。
れもんちゃんの血統書はもらえなかったんですか?やっぱり?
Posted by あきこ at 2017年11月21日 20:39
あっという間に月末に。。。汗

twitterで見かけた内容なので発信者に確認しました。
http://idolkido.web.fc2.com/
ちゃんとしたアルビノではないのかも。
ボラ仲間さんが保護者したそうで
「アルビノなので耳が聞こえない」と仰っていたとか。マールじゃないのか…と思った次第です。
れもんさん、歯並び…見られません…。最近やっと、指で歯を触れるようになりました。コートの伸びはどうなんだろ。足裏とは意外と早いような気がします。
血統書どころかどんなブリの元にいたのか全く不明です。情報が何も無い上に強気な怖がりさんなので苦労してます。w
Posted by いちごまま(ままれもん) at 2017年11月28日 12:31
●いちごままさん●

URLのお知らせありがとうございまーす。
早速新しい記事にて書き始めてみましたが、なんだか脱線してしまい、今日はこれで挫折します(笑
数日中に続きを書くつもりなんでそのうち思い出したら見にきてくださいねー。
Posted by あきこ at 2017年11月29日 20:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。