2017年11月29日

ホワイトミニピンの噂

アルビノ同士の掛け合わせって大丈夫だとは思えないけど大丈夫なんですか?
アルビノ×アルビノでホワイトミニピンが…という記事を見かけた、
といった感じのコメントをいただきまして、わからないなりに検証してみました。

その他情報
twitterで見かけた内容なので発信者に確認しました。
http://idolkido.web.fc2.com/
ちゃんとしたアルビノではないのかも。
ボラ仲間さんが保護者したそうで
「アルビノなので耳が聞こえない」と仰っていたとか。マールじゃないのか…と思った次第です。

----- -----
----- -----

アルビノとは皆さんもご存知のように先天的なメラニンの欠損を言うので、
絶対に真っ白でなければならないわけではなく、部分アルビノなども存在します。
いろんな生き物で遥か昔から知られてますよね。
犬の場合も全身から部分までアルビノの程度はさまざまですが、
全身アルビノの犬は寿命を全うできないケースがわりとあるようで、
毛色の種類が豊富な動物種のわりにはアルビノ個体はほとんど見かけません。
albino_rottweiler_picture.jpg
White-Doberman-DuchessVanBee.jpg

画像出典;http://www.ruffingtonpost.com/beautiful-albino-rottweiler/
上がロットで下がドーベルマン。


次に部分アルビノを考えてみましょう。

151.10.12b_minipin_whitechocotan_osu2_a.jpg

画像出典;http://idolkido.web.fc2.com/item_minipin.html
この写真は「ホワイト、イザベラ&タン」という毛色の呼び名を付けられたミニピンとのこと。
マールにも思えるけどちょっと確定はできない感じです。
でも同じサイトの同胎犬は非マールで間違いないように見えるので、
この犬も非マールの可能性のほうが高いっと考えられます。
つまりこの程度の白毛の多さで難聴を併発していてもマール因子は無関係かもしれません。

ミニピンは(ふつうは)こんな犬です。
Minipinsaz.jpg

画像出典;英語ウィキ
ですよねー。

次に参考になりそうなハルクインピンシャー Harlequin Pinscher
日本語ウィキではジャーマンピンシャーの色変わりのように書かれているが、
これってどう見てもミニピン寄りじゃないのかな?
harlequin-pinscher_profile_350x400.jpg

画像出典;https://www.petpremium.com/dog-breeds/harlequin-pinscher/

ってか、ハルクインピンシャー見てたら見つけちゃったこちら。
Italian Grey Min Pin
http://www.pinsdaddy.com/italian-grey-min-pin_Kpjg6RbI6KAOZowqf1MMKMC6opIKycK789mAt3HIj08/

あー。イタグレ混ぜるのが一番簡単だよなぁ。白っぽいミニピンっぽい犬を売るなら。
なんかどんどんマールと難聴の話から遠ざかってしまいました。
ので、続く。




さすがF1雑種の本場(?)だよねー



posted by あきこ at 20:01 | Comment(0) | 毛色の遺伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。