2018年07月05日

犬/ハイブリダイゼーションの可不可

こんちはー!
(半年もの無言ブランクを明るい挨拶一つでごまかしてみた)

お篭り中にいただいたコメントをネタに記事を捧げてみましょう。
katzewaonさん、ネタ提供ありがとうございまーす。
これは当ブログ過去記事の続編になりますかね。↓です。
2017年10月08日 知床で全身真っ黒キタキツネ
http://kotavi2002.seesaa.net/article/454032557.html


さて、タイトルのハイブリダイゼーションは
hybridization のカタカナ訳で、広義では交雑です。
この単語、今は遺伝子学の実験用語的に扱われることが多いそうですが、
うん十年前にワタクシが最初に覚えた意味合いはハイブリッドメイティング、
遺伝的にとても近い異種間の交雑そのものを指すもので、
つまりイヌ×オオカミ、オオカミ×コヨーテ、などの交配のことです。

この話題はわりと騙くらかされている人々をネット上でたくさん見かけますが、
犬とキツネの間に子は生まれませんよ?大丈夫ですか?
「稀に生まれるらしい」「そういう噂がある」「数少ないが証拠らしきものが存在する」
とか思ってるなら今すぐ改めたほうがいいと思います。
だって、あり得ないでしょ。ふつうに常識で。

ネッシーやイエティやツチノコと同じレベルのお話ですよ。火星人はタコだ、みたいな。
証拠写真(笑)や現代の目撃談も昔の文献も、あるっちゃある。あれらと一緒。
だからドクス(ドッグ×フォックス、の意味の呼び名だそう)の存在を信じる人がいるのは、
あー、しかたない、と言うか、まあしゃーないのかもしれません。
科学的根拠なんかよりも自分の夢や希望を大切にするんでしょうからね。
こう、なんてか、、ロマンを追いかけちゃう系の、ドリーマーさんね。
もし心から信じているのならばそうとしか思えません。


犬とのハイブリダイゼーションが可能な種かどうかは下の図で覚えるとわかりやすそうです。
日本語版は文字だけだったので絵付きの英語版から。種はキンイロジャッカル以下のみ。
Wiki cani-P.tree.jpg
画像出典 英語Wiki 「Phylogenetic tree of the extant wolf-like canids」

※オオカミには亜種がいっぱいいます
※アメリカアカオオカミも交雑可能です
※ディンゴの分類は犬なのであえて説明もしません
※ヒツジ×ヤギのギープ(geep、sheep–goat chimera)のようなキメラは別問題です
※調べたい人用ワード コイドッグ・Coydog、スリモヴドッグ・Sulimov dog
※これまで各種オオカミ犬をガンガン作ったアメリカでは現在では州法で制限も


●オオカミ Canis lupus
Yellowstone_Wolves.jpg
画像出典 英語Wiki イエローストーンの群れ


●コヨーテ Canis latrans
2009-Coyote-Yosemite.jpg
画像出典 英語Wiki ヨセミテのコヨーテ


●キンイロジャッカル Canis aureus
Golden_jackal_Corbett.jpg
画像出典 Wiki


●セミエンジャッカル Canis simensis
別名 エチオピアウルフ、アビシニアジャッカル、etc
IMG_20180613_145819.jpg
画像出典 平成4年発行・週刊朝日百科 動物たちの地球 045号 


一番最後の画像はワタクシの手持ちの動物図鑑系で比較的新しいものから紹介しています。
「平成4年」が「比較的新しい」のはスルーしてくれてかまいませんが、(笑
軽く読める感じのネット情報ではセミエンジャッカルと呼ぶサイトがほとんどなかったので、
参考のため本棚から引っ張り出しましてスマホで撮影しました。
このように昔からあるカタカナ呼び名で、ワタクシには染み付いとります。はい。


で、念押し 結論。
ドクスなんかいません。無理。不可。
近頃何かと話題のフェイクニュースですらありませんから。
犬がキツネの子を生むくらいなら先にネコとの子が多数いなきゃおかしい、的な与太話。
知らないことを調べて知って知識に換えたいとき、ネットはチョー簡単便利だけども、
あまりにも低レベルなうっかり勘違いを身に着けてしまう可能性が高いのが玉にキズ。







人気ブログランキング

posted by あきこ at 22:00 | Comment(7) | 犬猫以外の動物話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

知床で全身真っ黒キタキツネ

foxblack.jpg

この画像は動画からのキャプチャです。
こいつが知床博物館のカメラに偶然映っていたそうです。
↓ キツネは正味5秒だけ出演




YouTubeの動画説明欄にも投稿者さんによって書かれておりますが、
昔飼われていた黒色の個体が野生化して代を重ねているものか、
キタキツネの変異じゃなくて多様型個体なのかはわかっていません。
毛色の突然変異、、じゃなくて。あれ?突然変異はナニになったんだっけ?

北海道では5年とか10年に一度くらいはこうした真っ黒キツネの目撃情報があります。

キツネは誰もが知るとおり基本はキツネ色です。こんがりと(笑
が、もしかしたら犬と同じくらい変異が起きやすい、、ん?何て言うんだこの場合。
多様なバリエーションが起こりやすい、でいいのかな。
えー、起こりやすい可能性が高そうなイヌ科動物です。
ので、真っ黒一色のキツネ自体は珍しくもないのですが、
元々の野生型でないことは明らかなので、謎を知りたいものです。

白化個体と違っておめでたさや神々しさ?に欠けるから誰も研究しなさそうだけどね。

ダメだ。使い慣れないから言葉が難しい。。。



人気ブログランキング

posted by あきこ at 20:00 | Comment(2) | 犬猫以外の動物話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

エゾシカに吹き矢を吹くというニュース

があったんですよ。昨日の新聞記事です。
朝日新聞デジタルより一部引用します。
(2017年8月22日朝日新聞デジタルより)
街のシカ、吹き矢捕獲作戦 稚内市

■銃の効果上がらず 事業費、補正案計上へ

 市街地に出没するエゾシカに頭を抱える稚内市は、麻酔薬を仕込んだ「吹き矢」による捕獲を決めた。銃による捕獲は民家近くではできず、場所も限定され、苦戦していた。一般会計の9月補正予算案に事業費を盛り込み、定例市議会で可決されれば10月にも着手する。

人々が暮らす場にエゾシカがごっそり出没して何が問題かというと、
第一に交通事故などの事故で人が死ぬことがあげられます。
エゾシカはシカですから基本的にはおとなしい草食動物でも、
エゾなのでデカイんです。大型。メスでも100キロ越しちゃうのがいるくらい。

ウィキからエゾシカの形態について引用
頭胴長140-180cm、尾長約13cm、体重は雄で90-140kg、雌で70-100kg。
最も重いもので170kgに達する個体もいる。
ニホンジカの亜種の中では最大級の大きさで、小型のヤクシカと比較すると2-3倍の重さがある
(→ ベルクマンの法則)。
体重や脂肪体積は秋に最大となり、こうした特徴は多雪寒冷環境への適応と考えられる。

ワタクシもクルマ走行中エゾシカとの接触事故に遭ってしまったことが1回だけありますが、
体重100キロ超の四足で走る動物ってのはある意味クルマと同じでした。
それから作物や森林の食害や踏みつけの被害、人間含む他動物への寄生虫感染、排泄物、
繁殖期のオスや授乳期のメスの攻撃性系の事故がちょっぴり、でしょうかね。

C.n.yesoensis--modified.jpg
     写真 出典 ウィキ     なんて立派な動物

銃による捕獲は人がいるところでは使えないのと、
音など状況から捕獲以外のエゾシカが警戒するようになり後々困るから、
吹き矢の麻酔でひっそりとシカ知れず眠らせればバレないだろうという。

ワタクシは鹿と暮らしたことがないから想像でしかないけど、
バレないとは言えないけど警戒されだすまで時間がかかりそうな気はする。
だからこの案はとても有効そうなんだけど、
麻酔で眠らせた後どうするのかな?っと思ったら
食肉やペットフード用として近隣の業者さんに渡す予定なんだそう。

え、起きるじゃん。

って考えたらおかしくなってきて、ブログネタとして発表した次第です(笑
吹き矢吹く前にものっすごい準備万端整えておかないと、
1頭首尾よく眠らせても2頭めに命中するまでちょっと時間がかかっちゃったら、
1頭め、起きちゃうんじゃ?
運搬車の荷台に載せてからそばにいる人と世間話とかしても起きそうじゃ?
すぐ業者さんのところに出発しなきゃ。
もたもたしていられなさそう。
ってか、輸送途中で目を覚ましたら・・(笑



人気ブログランキング

posted by あきこ at 17:00 | Comment(0) | 犬猫以外の動物話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

世界一大きいネコ


にゃーにゃー。
2月2日はネコの日にゃよー。

おおきいネコさん パパは虎、ママはライオン タイゴン 虎由来の遺伝が強めに出る個体が多い
Tigon4.jpg


パパがライオンでママが虎だと ライガー なんとライオン由来の遺伝が強めに出る個体が多い
800px-Liger_couple.jpg


2014年版ギネスに載っちゃった現在世界で一番大きい猫さん ライガーのヘラクレス!強そー!
Liger Hercules.jpg


タイゴンもライガーも繁殖能力が無いって昔から言われてるけど、
虎とライオンのF1世代がメスならば子を産んだケースがいくつかあるそう。
その前にオスもメスも平均して短命らしい(多くが各種遺伝性疾患により6歳くらいで死亡)。
ヘラクレスは2001年11月生まれの12歳、体長3メートル体高1.2メートル体重418キロで、
一日に10キロ前後のお肉を食べて、楽しく毎日過ごしてるんですって。
背中に乗せられてるのは子ライオンかな?
すっごくかわいいし大きくてステキだけど、バランスの悪い体型だにゃー。




***********************************
***********************************
2014年1月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************


そらくんがんばれ月間 赤い糸はどこにつながってるのかな〜?
banner (2).gif
にんきブログランキング


「ツイート」の右となりの「ブックマーク」をクリックするとmixiやその他ソーシャルボタンが出ます。

posted by あきこ at 22:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 犬猫以外の動物話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

木ねずみが揺するよ


いつものお散歩コースにエゾリスたちが住んでいます。
ヤツらは小さいし素早いしワタクシのカメラの腕は悪すぎるしで、
良い写真、どころか姿がわかる写真を写せたためしがありません。
過去記事で何度か話題にあげるも姿は見えず、、
そんな、当ブログではまるで幻の生物扱いだったエゾリスの、
「あ、これならエゾリスに見えるよ」的な写真の撮影にさっきようやく成功したので見せびらかします。

じゃじゃーん
SH3J0405.JPG


タイトルの「木ねずみ」は、ワタクシの親戚一同がエゾリスをこう呼んでいて、
ペットとして飼うシマリスをリスと呼んで区別していたため、
子守唄「ゆりかごのうた」の3番の歌詞「きねずみがゆするよ」の木ねずみはエゾリスだと、
小さい頃から信じていたのです。

木の枝を揺すってる様子
SH3J0406.JPG


けっこうガンガン揺すってました。
すやすや眠る赤ちゃんの邪魔をすることが目的だ、くらいに勢いよく。
たぶん、テリトリーに侵入した不審な人間と犬がジロジロ見てることに対する威嚇の行為。
そういや昔飼ったことのあるシマリスやハムスターは、
どちらかと言うと不満があるときにケージの金網や登り棒や渡り綱なんかを揺すってました。

美しい歌詞の子守唄はそれはそれで全然いいんですが、
夢と現実の違いを知った時、人は大人になるんだね、という話。




***********************************
***********************************
2013年11月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************


banner (1).gif
ありがと!更新のはげみになります

posted by あきこ at 13:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犬猫以外の動物話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする