2017年10月13日

誰も彼もが遺伝病をスルーする国

[フレンチブルドッグ] ブログ村キーワード

そういえばこれここのブログで取り上げてませんでしたね。
たいへんたいへん。



ふつうではあり得ない、かなり異常な状態ですからね、これって。
なんてかわいそう。
この犬も母犬のその後も遺伝病てんこ盛りのようですし。

飼い主さんや関係者さんに対して何かをするつもりは一切ありませんし、
悪意があってのことではないと充分理解しているつもりです。
ただ、この状態が正常ではないことがネット上にあまり出ていないようなので、真実を。

このカテゴリの名前は「遺伝性疾患を知ろう」です。



フレブルの新生子は飽きるほど見てきてるんです、ワタクシ

posted by あきこ at 20:21 | Comment(2) | 遺伝性疾患を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

雑種強勢!ミックス犬は丈夫!

[ミックス犬] ブログ村キーワード

あと世界で唯一の存在っ(はぁと)!ってか。
大爆笑ですよねほんとに。

img_7024e302a810e52355f0d86effe36f0c75949.jpg

生後7ヵ月時エナメル質形成不全と診断されたシュナウザーとダックスの雑種
(画像出典;http://diamond.jp/articles/-/97098?page=3

※犬の遺伝性疾患であるエナメル質形成不全に関する当ブログ内の過去記事
2013年07月09日エナメル質形成不全症 http://kotavi2002.seesaa.net/article/368740609.html
2014年02月01日国外遺伝子検査    http://kotavi2002.seesaa.net/article/386726624.html

以下、ブログ村(というブログランキングサイト)の「MIX小型犬」
https://dog.blogmura.com/mixdog_s/ranking_pv.html
に、登録しているブログにおじゃまさせてもらってきました。
「遺伝性疾患」という言葉は見つけられなかったけど。

ヨーキー × ちわわ  膿皮症
マルチーズ × プードル 腎臓病、ほか
プードル × ビションフリーゼ 甲状腺機能低下症、尿結石、ほか
ポメラニアン × プードル 乳歯遺残
マルチーズ × シュナウザー(推定) アトピー性皮膚炎
マルチーズ × ちわわ 僧帽弁閉鎖不全症
マルチーズ × ヨーキー(?) 尿結石、関節炎
ポメラニアン × マルチーズ 片腎、ほか(4歳死亡
マルチーズ × ちわわ パテラ


25件ほどのお宅におじゃました結果です。
1位から25位まででこれ。
しかも基本「病院」とか「病気」のカテゴリがあるお宅のみ。でこれだけの数。

誰も「遺伝性の〜」みたいなことは書かれていませんでした。
ちょっと覗き見しただけだから本当のところはわかりません。
あと、「腎臓病」とか大雑把なのはワタクシの判断も混じっているものもあります。
全部が遺伝病に間違いないなんてもちろん言いません。
犬の遺伝病おたくなHPの管理人目線で見たままがこういう結果になりました。

遺伝性疾患の可能性がとても高い病気を持たされたミックス犬さんたち。
動物病院に連れて行っても獣医師が言わなきゃ飼い主さんは気づくわけがない。
飼い主さんが気づかなきゃ生産者であるブリーダーは知る由もない。
その前にペットショップで売り買いするから元々生産者責任を皆で放棄してる。


ね?

遺伝性疾患で苦しむ犬が

減るわけないでしょ?



mixiでミックス犬が丈夫だなんてウソだから信じちゃダメと、
あれだけ訴えてきたワタクシたちは一体何だったんでしょうね・・。
最初のエナメル質の犬の文章を書いた人があまりにもまともで的確だから、
余計にむなしさを感じてしまいました。
全6ページで先頭はここです。
http://diamond.jp/articles/-/97098

はーあ。



バカに斬り込まれた時よりコタえるわ

posted by あきこ at 20:50 | Comment(0) | 遺伝性疾患を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

Gシェパード変性性脊髄症

[シェパード犬] ブログ村キーワード
[ホワイトシェパード] ブログ村キーワード


つい先ほど、冬の便りがワタクシの耳に直に飛び込んでまいりました!
ハクチョウの編隊の掛け声が。
来たか今年もー。ようこそー。
キミらのことは大歓迎だが寒さも一緒に引き連れてくる印象が・・まあしゃーない。

あいつら真っ暗闇でも平気で飛びますからね。
証拠写真は無理ですから皆さん期待なんかしないでくださいよ。
「暗い夜」「夜空」「はるか上空」「飛ぶ=動く」「もう寒い」
ワタクシの腕前ではぜったいに写真が撮れないキーワードが並ぶ並ぶ(笑

----------

さて。
ジャーマンシェパードの飼い主さんに犬の遺伝子検査ご協力のお誘いです。
情報発信元は「DMゼロを目指して」さん。(早速リンクもさせていただきます)
各自がされた検査の結果情報提供していただけませんか?
というお願いです。

何よりも誰よりも愛しい存在である愛犬のからだを通じて、
変性性脊髄症という恐ろしい遺伝性疾患に触れられたご経験をお持ちの、
ワタクシたちと同じ、ふつうの一般飼い主さんたちの集まりです。

banner.gif

バナークリックで飛びますが念のためURLはここ http://mat-23.com/dm_project/

「DM」とは英語の病名の頭文字をとった略語で、変性性脊髄症のことです。
変性性脊髄症(変性ミエロパチーとも) Degenerative Myelopathyについて、
「DMゼロを目指して」さんのトップページの案内用説明を引用します。
DMは知らないと怖い。知れば防げる。

DM(変性性脊髄症)とは、8〜12歳位までに発症する、進行性の神経麻痺疾患です。 最初は後ろ足のフラつきから始まり、徐々に麻痺が全身に広がっていき、最終的には呼吸が止まってしまう恐ろしい病気です。
この病気が発見されるまで、G.シェパードといえば8歳ぐらいで後肢に支障が出て来ることはよくあることだと思われてきました。
しかし、医学の進歩でたんぱく質に色々な型があることが発見されてからは、遺伝子のある一部が変異していることが発見されました。
実際は、老齢で足腰が弱って立てなくなっただけではなかったのです。
そして、遺伝子検査によって、陰性、キャリア、陽性に分けられ、その検査結果を参考にした繁殖をする事により、病気(DM(変性性脊髄症))の遺伝を避けられるという事が分かりました。

つまり常染色体潜性遺伝する遺伝病だということになりますね。
我が国では岐阜大動物病院でけっこう前から(10年くらい?はっきり覚えてないですが)、
ペンコギ(ウエルッシュコーギーペンブローク、ふつうのコーギー)の症例が研究されています。
岐阜大学動物病院神経科ウェルシュ・コーギーの変性性脊髄症はこちら
https://www.animalhospital.gifu-u.ac.jp/neurology/medical/spine_dm.html

それもあってペンコギではわりあい知名度のある遺伝病と言えそうですが、
OFAを見ると(アメリカなど英語圏のラボで)DNAテスト犬種が他にもこんなにいます。

バーニーズマウンテンドッグ
ボクサー
チェサピークベイレトリーバー
よくいるコーギーとカーディガンコーギー
ジャーマンシェパード
ゴールデンレトリーバー
グレートピレネーズ
ケリーブルーテリア
パグ
ローデシアンリッジバッグ
シェルティ
ワイアーフォックステリア、他

そして検査対象犬種にはなかなか登場できないようですが、
プードルの遺伝性疾患としても以前から有名です。

いろいろ言いたいことはあります。
ありすぎますがこの記事はご案内なので1つだけで我慢することにします。

Gシェパのブリーダー!

お前らがこれやれよ!!!!!!




コホン。失礼いたしました。
英語圏ではこういう話題は繁殖者からよく出ています。
ブリーダー同士で情報交換したものを元にラボが検査に着手する、的な。
同じ常染色体潜性遺伝する遺伝病ではボーダーコリーのCL症も、
最初はオーストラリアでそういう流れだったようです。

アメリカ人が偉いとか真剣だとかではなくて(や、偉い人いるし真剣だろうけど)、
この「犬の遺伝病に関する問題」には、実は民族的な宗教観や国の歴史の文化的な背景、
それらから来る死生観の傾向なんてことの影響が想像以上に根底にある気がしています。
うまくまとめられる気はしないのでなかなか書けないんですけどね。

・犬は具合が悪くたって自分で病院に行けないし薬も買えないし飲めない。
・犬は自然には増えない、人間が繁殖し誕生させている。
・犬が重い病気になったらかわいそう、気の毒、苦しいことが少ないといい。

って、皆さん納得できるでしょう?ふつうのこととして。
犬の繁殖(というか生産)を商売にしている大勢のブリーダーも同じなんですよ。
同じならどうして犬の遺伝病が減らない&増える一方だ!って思うでしょ?
遺伝子検査が少しは知られてきて、ブリーダーは全員うちの犬はノーマルって言う。
なのに病気の犬があちこちにいる。その病気は大半が実は遺伝病。って思うでしょ?

そこまで来れたら答えまであと一息です。
ワタクシが「犬の遺伝病を失くそうと言ってはイケナイ」と何度も訴える意味まで。



「DMゼロを目指して」さんを広めようではありませんか!日本生まれの犬たちの未来のためにリンク!

posted by あきこ at 22:40 | Comment(0) | 遺伝性疾患を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

優性・劣性から顕性・潜性へ

言葉を変えましょうと、日本遺伝学会が。

日本遺伝学会

↑こういう断りかたって他ではしないだろうけど(笑)人間用のサイトです。

今までもあった言葉ですしそう表現している人やサイトや法人や書籍なんかがありましたが、
もっと広く「優性」は「顕性」に、「劣性」は「潜性」に言い換えますという動きです。
どうしてかと言うとご想像のとおり間違えやすいからですね。漢字の与える意味を。
今後は普及に努め学校教科書も顕性・潜性とするよう文部省に働きかけるだとか。

無題.jpg


犬の繁殖の話をしていて「それは劣性遺伝ですね」と言えば、
自分や愛犬が劣っているという指摘だと思い怒り狂うぶりぃだぁがよくいますから、
ある意味助かる、かもしれないです。
変換できないのは辞書登録すれば済むし。

本音を言うと、今更めんどくさいです。
漢字の印象から早とちりするバカのために手間かけて直していくのが。
「よく嫁アホめが」で済ませてしまいたい。

でも、「バリエーション」の訳語の一つだった「変異」は「多様性」とするそうです。
つまり「色覚異常」や「色盲」は「色覚多様性」にってことだそう。
そっか、なら仕方ないね。私も変更に付き合うし従うよって思いました。
色覚が異常という診断名を当事者がどう感じるかという問題ってことなんでしょう。

で、
このブログではご存知のように犬のことだけしか書いていません。
なのですがブログを読むのは人間の皆さんですから、人間のルール改正に従うのが正解と考えています。
だから今後は顕性・潜性、変異は多様性方式か、または(旧優性遺伝)のように表現しますが、
ですが過去記事の言葉遣いは基本的に訂正しません。ご了承くださいませ。


あー。絶対何回か間違えそう・・。


posted by あきこ at 15:38 | Comment(2) | 遺伝性疾患を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

犬の膝蓋骨脱臼の考察


すまん、いろいろ忙しいので今日のブログはワタクシメモより。
-----

前十字靭帯(ぜんじゅうじじんたい、Anterior Cruciate Ligament; ACL)は、膝関節の中にあって大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)を結ぶ強靭な紐で、関節を安定に保つ支持機構をいう。脛骨が前方へ変移する(ずれる)ことを防ぐ。 (ウィキ)

パテラ
多因子遺伝+環境要因
*パテラを発症した個体を生んだ親や発症個体の兄弟をキャリアーとは呼ばない

重要
先天性と後天性の両方がたしかに存在しますが、
小型犬あるいは人気犬種の後天性パテラを免罪符にしてはいけません。
だいたい後天性のパテラとは、ふつうに元気に日々暮らしている家庭犬がフローリングごときでそうそう発症するもんじゃないですから。
家庭のフローリングの床材で多少滑った程度でなんでホネが外れるの?
ふつうの犬はホネが外れる前に滑らないように歩くことを勝手に学習しますって。
外傷だけが原因だと固く信じている人もなぜかいるけれど、
犬が自分で転んだだけでなんでホネが外れるの?
よっぽど運の悪いケースはたしかにあるだろうけど、外傷による後天性パテラってのは、
成人(人間)の頭の上から地面に叩きつけられるくらいの力が加わりでもしないと、
折れも外れもしないように頑丈な作りになってるのがひざの関節なのだから。
もともとひざの皿がズレてしまいやすい体を持った犬が後天的(生後数ヶ月〜数年経過後)にパテラを発症、
そしたら原因はフローリングではなく繁殖ですよ。


パテラを起こす病的因子が複数または多種類ある状態が多因子遺伝で、因子を特定するのは非常に困難なので、パテラ以外でも多因子遺伝病というのはどの病気もほとんど全解明はされていません。
ただし、骨格そのものの遺伝にマイナス要素が働いていること、
寛骨と大腿骨と脛骨それぞれの角度や長さのバランスを決めるのは遺伝情報、
ホネを作り上げるために必要なカルシウムなどの体内の運送問題、
外からは触れない内側の筋肉の栄養障害や神経伝達障害、
そしてご存知のとおり靭帯の強度などいくつか別々の要因がパテラを引き起こすとわかっています。

結果的にパテラの症状があっても原因がひとつとは限らないので病気を理解しにくいのかもしれません。
似たようなことはJAHDの膝蓋骨脱臼の詳細のページにもさらっと書いてあるんですが、
こういうことが書いてあると読み取れる繁殖者はまずめったにいません。
http://www.jahd.org/jahdnet_d.html
その他、ホネのカタチや靭帯には一切異常のない内分泌由来の病気でパテラが起きることもあると知られています。

ハッキリと常染色体性の劣性遺伝だと確認されている病気は犬の遺伝病の数パーセントですが、
でもパテラは絶対に単一因子ではないということはわかっています。
そして股関節や肘と同様に膝の関節疾患の多因子とは、優性遺伝の割合が大きい、と思われます。
たとえば骨格そのものの形状の遺伝でパテラを発症する場合、膝の皿には一切関係ない膝関節の一部のホネのカタチの問題であるケースがあります。
正式には脛骨粗面の位置異常と呼ぶそれの場合は親犬の骨格が優性遺伝することでパテラ発症と考えられていて、優性なので親犬のどちらかも原則として同じ症状が出ています。
また、優性遺伝の場合は両親ともが異常な骨格なら確率的に子犬の半分が異常になります。

でも犬のパテラは脛骨粗面の位置異常だけが原因なこともあるけど、
後肢の筋肉の栄養障害(食べ物の栄養失調とはふつう関係ありません)かもしれないし、
両方が原因でパテラを発症する犬ももちろんいます。
パテラの手術をして治る犬と治らない犬がいることの大きな原因がこういうことなんです。
膝の皿の位置だけの問題であるなら執刀医の技術や病院の設備の違いがあったとしても、どの犬も基本的にほぼ100%に近い完治が望めるはずですから。

原因となるハッキリした疾患が他にある場合(靭帯の強度とか骨形成不全とか)と、
簡単にはわかりにくいけれど明確な原因が無い場合おもに多因子+環境要因によって発症するもので
たとえば滑車溝(ヒザのミゾ)が浅いとか皿に対してスネの骨がねじれるように曲がっているなら一目で診断がついても、
膝蓋骨の内部組織の栄養不良とか内側広筋の軽い拘縮とか膝関節屈筋の解離とか脛骨粗面の位置の異常など
どこにある筋肉がどんな状態なのか言葉だけでわかる小型犬の繁殖者はまずいなく、
動物病院で撮るレントゲンに写るものでもないので獣医師もそこまで気にしないこともあり得ます。
とにかく、パテラの全症例がヒザの皿がずれただけという単純なものでないから、
外科手術の方法が骨切り術やミゾ堀術やスジの縫い縮め術など何種類もあるし、
手術をしたのに完治しなかったり再発したりするケースが多く、ヤブ獣医と呼ばれる人が増える(笑)のかもしれません。

そんなわけで、パテラは通常、優性が強い多因子遺伝性疾患と繁殖上は捉え、
パテラを予防するために繁殖ライン上で考えるべきことは、
できるだけ多くの血縁犬のヒザの状態の正しい把握です。
「足を引きずったことが無いから」「動物病院でパテラと言われたことが無いから」「親犬は健康だから」
などはすべて遺伝性疾患の予防・縮小にはならないですから。
せっかくJAHDがあるのに繁殖者はほとんど誰も利用しないことが問題で、
誰かがパテラの犬を産ませたとか買ったらパテラだったとか、
そんなことを言い合っているうちは残念ながらザンネンな繁殖は減りようがありません。
痛く不自由な思いをする犬を殖やさないためには人間同士仲良く正しい情報を共有する、
犬の遺伝病の検査機関とはそのために存在していると、繁殖者ならそう考えるべきです。




***********************************
***********************************
2014年2月現在 ビーグルとビーグルとフレブル系 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************


そらくんがんばれ月間 保護パピヨン
banner (2).gif
にんきブログランキング


「ツイート」の右となりの「ブックマーク」をクリックするとmixiやその他ソーシャルボタンが出ます。

posted by あきこ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遺伝性疾患を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

国外遺伝子検査


OFAで紹介されている犬の遺伝子検査リストの増加分の簡単説明です。以前の記事はこちら
1.http://kotavi2002.seesaa.net/article/181480222.html
2.http://kotavi2002.seesaa.net/article/182069165.html
3.http://kotavi2002.seesaa.net/article/183382868.html

書かれている犬種は検査対象犬種ですが、対象でないからその犬種はこの遺伝病とは無関係、
ではありません。
犬種によってDNA情報の微妙な違いがあるため、1頭の犬や1つの犬種で原因遺伝子を確認しても、
すべての犬の遺伝子変異部分が同じだとは限らないだけ、みたいです。

検査機関は疾患や犬種によっていろいろですのでご利用になる方はご自身でご確認を。
OFA CURRENTLY AVAILABLE DNA TESTS
http://www.offa.org/index.html


Alaskan Malamute Polyneuropathy (NDRG1) アラスカンマラミュートの多発性神経炎
(両側対称性の)四肢の先のしびれ、悪化すれば歩行困難や呼吸困難に至ることも。
スエーデンの獣医神経学会?のサイトにウンチングスタイルっぽいマラミューさんの写真。
http://www.neurovet.se/forskning/index.html
対象犬種はそりゃまあマラミュートだわな。

Benign Familial Juvenile Epilepsy 良性家族性若年性てんかん
てんかんです。予後は良いめの。
犬種の別名「汚れプードル」(ひどい)。ああウォータードッグだなって感じのサイズと毛質の犬です。
ロマーニョウォータードッグ

Canine Multiple System Degeneration (CMSD) 多発性硬化症
多発性の中枢神経変性で病変箇所によって症状はさまざま。視力低下だったり尿失禁だったり。
アイリッシュレッドアンドホワイトセッター

Cleft Palate 1 (CP1) 1型口蓋裂
えっ?マジ?とまず思いました。
ワタクシが見聞きしたうちでは口蓋裂はそれ単体だけの話でないと考えられるケースが多いので、
ほとんどが短命でした。他の箇所にも1つあるいは複数の異常が同時に起きていて、
たまたま人間の目に付く症状が口蓋の癒合不全なのかしらと漠然と思っていたもので。
いわゆる「犬の奇形症候群」は、礼儀正しく飼い主の感情を思いやる獣医師により「不運な弱い子犬」
と説明されることがたぶんほとんどでしょうが、なんとこの犬種ではシンプルな劣性遺伝も存在してると。
80犬種300頭以上の犬の検査もしたそうだけれどこの変異は犬種独特に近いのかも。
ノバスコシアダックトーリングレトリバー

Craniomandibular Osteopathy 頭蓋下顎骨症 とうがいかがくこつしょう
別名あごオステオパシー、ライオンあご、ウエスティあご、ウエスティ病、下顎骨膜炎。
高リスク犬種はウエスティのほかにスコッチとケアンとボステリもいる。
やわらかめに表現すると口元の骨格のトラブルとでも言うか。痛みが強いらしい。
ウエストハイランドホワイトテリア

Dry Eye Curly Coat Syndrome
名前のとおり涙がちょっとしか出ない体質でドライアイ、必要以上に毛がクルクルするのでカーリーコート。
あと歯の永久的トラブルや脱毛にも悩まされるらしい。
生まれたての巻き毛のキャバ子ちゃんの写真 アメリカのキャバリアヘルス基金のサイトです。
キャバリアって小型愛玩犬の中では群を抜いて真面目に繁殖や飼育に取り組む印象がありますね。
http://www.cavalierhealth.org/curly_coat.htm
キャバリアキングチャールズスパニエル

DVDOB (Dings) ドーベルマンの前庭難聴
早いと生後1〜2週間からバランスが悪かったり頭の傾きが不自然だったりするようですが、
全体的に健康で難聴が進行性なため気づいたときには加齢によるものと思われるケースがありそう。
ドーベルマン

Ectodermal Dysplasia 外胚葉異形成
歯や足先の骨格不全、乳腺の発育不全、爪の異常、皮膚が弱く乾燥し毛がまばらなどが一般的ですが、
どうも症状の個体差が大きいようです。合併症の代表例は口唇口蓋裂や難聴。
(ワタクシのメモより抜粋 未熟児で生まれて毛も生えそろっていず弱く早死にするオスの子犬はこれも疑わしい。社会化期を半分超えるほど育てば生命予後は良い)
チェサピークベイレトリバー

Episodic Falling 発作性転倒
運動や興奮やストレスが発作の引き金になり、四肢を硬直気味に転んでしまう症状。
硬直は子癇よりは緩めな印象(って誰がわかるねんこんな比喩で)。
こないだ買った雑誌を発行してる会社のサイトに動画があったのでご興味のある方はどうぞ。
CAP ON LINE DAMNIT-Vで学ぶ神経病学各論[脊椎・脊髄疾患の各論]の第33回の動画です。
http://www.pet-honpo.com/cap/sinkeikakuron/peji03sekizui.html
これ見たキャバ飼いさんがビタミンAの少ないドッグフードを探すとか短絡思考に走らぬよう祈ります。
キャバリアキングチャールズスパニエル

Familial Enamel Hypoplasia (FEH) エナメル質形成不全
以前書いたので省略します。
イタグレ

Familial Nephropathy 家族性腎症
だいたい生後6ヶ月から2歳までに発症する遺伝性の致命的腎臓病。進行度は個体差がある、
が総じて予後不良。
ほかの犬種では優性遺伝やX連鎖が知られている。
多飲のわりに少尿、嘔吐や下痢、成長遅延と体重減少という代表的な症状と毛吹きの悪さも見られる。
Eコッカー

Gangliosidosis ガングリオシドーシス
これもどこかに書いたような記憶がぼやんとある。ライソゾーム疾患。致命的。


Greyhound Polyneuropathy グレイハウンドの多発性神経障害
ポリニューロパシーは多発性神経炎とも。
生後3ヶ月〜9ヶ月に多くが発症し、筋力低下と運動不耐性、歩様はバニーホッピングなのが主症状。
ウサギ跳びのような歩き方が出るということですね。日本以外では安楽殺が人道的だろうね。
ワタクシ御用達NCBIに罹患犬の写真がありました。2頭の比較写真の四肢の姿勢にご注目。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20582309
お察しのとおり対象犬種はグレイハウンド

Hemophelia B 血友病B
犬の出血性疾患は「血が止まりにくい」よりも「関節内出血による破行(関節炎)」が目立つことも。
「足を引きずるから動物病院で診てもらったら関節の骨格がキレイだと言われたので大丈夫」みたいな。
体型が小型、痩せ型になるほど突然破行しちゃうらしい、だからって太らせろとは言いませんよ。
ブルテリアとラサアプソ

Hereditary Necrotizing Myelopathy (ENM) 遺伝性壊死性ミエロパシー(ミエロパシーは脊髄症)
生後3ヶ月〜1歳の間に発症するケースの多い進行性の後肢麻痺。後肢がもつれたりしびれたり
脊髄の神経が途中で切断されちゃってしかもそれが切れるとマズイ部位で、結果的に細胞が壊死するそう。
(ウォーラー変性ってのが起きるんだって。専門的用語すぎてよくわかんないや)
いろんな犬種で症例があってプードルやコーギーやGシェパでも劣性遺伝と確認されてるけど、
遺伝子検査の対象犬種は今のところコイケルだけみたい。
コイケルってどんな犬だっけ〜な方はhttp://www.kooikerhondjeusa.org/health-concerns/

Hyperuricosuria 高尿酸尿症、高尿酸血症 (以前の記事より)
(血液中の尿酸が多くなる状態、悪化すると通風を引き起こす。通風は数日間の強い痛みのあと
痛みが薄れる期間が最初より長めに続き、また強い痛みの数日間を繰り返す。
高脂血症と合併することが多い。高尿酸尿症下ではシュウ酸カルシウム結石が形成されやすい)
これは以前からダルメシアン特有の病気のように言われていますが対象犬種が増えてました。
アムスタ、オゥシー、ブラックロシアンテリア、ブルドッグ、Gシェパード、Gシュナ、
ジャックラッセル、ラブラドール、Lミュンスターレンダー、パーソンラッセル、ポメ、
アフリカンマスチフ、ワイマラナーと多種。

Ichthyosis 魚鱗癬−ぎょりんせん (これも以前の記事より)
(魚の鱗のように皮膚の表面が硬くなり剥がれ落ちる病気)
ノーフォークテリアのほかにゴールデンレトリバーがOptigen(アメリカ)で検査可能になったみたい。

Juvenile Addison's Disease (JADD) 若年性アジソン病
ドビーのデーブイデーオービー以外ここまで翻訳機能を使わずに病名翻訳してますが合ってるよね?
犬のアジソン病は日本語で解説したものが書籍でもネットでも簡単に知ることができます。
副腎皮質が低形成だったり萎縮したり機能が低下したりするとアジソン病、
反対に過形成だったり機能が亢進(イケイケ状態)するとクッシング病、クッシング症候群。
クッシング症候群に似た症状が出るけど副腎皮質に異常なしなのが偽クッシング病。合ってると思・・う。
ノバスコシア

LAD3 何かと思ったこれ。略称すぎてわかんねっつの。
おそらく、Canine Leukocyte Adhesion Deficiency イヌ白血球粘着不全症のV型とかかなぁ。
それなら前の記事にあるんだけど易感染性の解説を勝手に始めたくなったので始める。
易感染性は「い・かんせんせい」と読み(エキカンセンセイと思ってたワタクシ阿呆)、
「い」は容易の「い」、要は予防に注意してても感染症に罹っちゃうような状態。
リアル競り市経由でペットショップに入荷しましたー、その子犬を買いましたー、パルボに罹りましたー、
あるいは専門ブリーダーから子犬を買いましたー、テンパー発症しましたー、感染症は補償しませんー、
のような、たまに見聞きする話を思い浮かべてくださいってことです。

子犬がうじゃうじゃいる環境の繁殖場ほど伝染病が怖いですから、ワクチンうってる方が多いんです。
(そのワクチン接種を素人スタッフに任せるとかはまた別の話で)
それでも感染して発症すると「子犬だから抵抗力が弱い」とふつう思いますよね。
でもじゃあ、同じ場所にいた似たような月齢や体格の子犬が感染しないのはなぜ?
ったら易感染性体質だったのではなかろうかとワタクシは思うわけで。
すべてのケースとはもちろん言いませんけどね、こういう劣性の遺伝病なら色々と納得がいく。
(易感染性を示す遺伝病は免疫不全などほかにもあります)
動物病院ではパルボに罹ったかどうかはわかるけどCLADかLAD3かは調べられないから。
V型の対象犬種はGシェパード

Lupoid Dermatosis ルポイド皮膚炎
全身性エリテマトーデス(SLE)というメスに多い関節炎やてんかん発作や口内や皮膚のただれや潰瘍、
などの症状が出る遺伝病があって、そのSLE遺伝子に関与する皮膚エリテマトーデスのことのよう。
ジャーマンショートヘアードポインター

Osteochondrodysplasia 骨軟骨異形成
ヌコのスコ(スコティッシュフォールドという猫種)で有名なアレです。犬もほとんど劣性の。
ごく小さいうちはわりと平均的だけど、売り頃買い頃くらいの時期から骨の成長がゆるく止まってしまう。
短肢性低身長症とも言う、骨格の発育異常です。
写真は撮れませんでしたがこれかなっと思わされるティーカップーを見たことがありました。
このサイトは全文読もうとしたらじんましん出そうなので上のほうの写真だけ
http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0051917
(ミニチュア)プードル

P2Y12 Receptor Platelet Disorder P2RY12欠損血小板症
術後出血症とも呼ぶ場合があるように、ふだん血が止まりにくい症状は少ないらしい病気です。
グレータースイスマウンテンドッグ(巨大なバーニーズみたいな犬)(バニよりふた周りくらいデカイ)
(スイス原産の犬って山関係の仕事出身が多いのかな)

Perianal Fistula 肛門周囲瘻 (別名フルンケル症)
ワタクシの解説なぞ不必要な名の知れたこの病気が遺伝子検査が存在する遺伝病なんて驚き。
英語圏でも7歳以上で症例が多くなるそうです。検索して何を見ても「大型犬に多い」とありますが、
ここでワタクシが自信を持って「日本では人気犬種であれば小型犬にも多い」と発言しておきましょう。
だって肛門嚢(のう)炎が悪化すれば肛門瘻(ろう)になりますもん。
肛門腺がたまりやすい犬は要注意。
飲み薬だけで軽快することもよくあるので気になったら早めに動物病院へ。
ジャーマンシェパード

Pituitary Dwarfism
下垂体性小人症
症状のひとつとして極端な小ぶり状態を犬でも小人症と呼び、
その原因が下垂体の成長ホルモン分泌不全にある症例のこと。
ちなみに去勢避妊とは無関係で、子犬のうちから小ぶり、寒がり、乾燥肌や毛吹きがよくない、
成長遅延、あと下痢や便秘などお腹が弱いなど犬の症状はわりとハッキリしてるみたい。
リトアニア語のこのサイトは犬の小人症をネットで調べてると必ずヒットするところ(写真見ただけ)。
http://agiesha.blogas.lt/sunu-liliputizmas-dvarfizmas-2571.html
Genoscoper(フィンランドの検査会社)(たぶん会社)で以下2犬種の検査アリ。
ジャーマンシェパード、チェコスロバキアンウルフドッグ 

Primary Ciliary Dyskinesia (PCD) 原発生繊毛不動症(繊毛ジスキネジア)
湿った咳や膿っぽい鼻汁が主症状で子犬のうちから膿っぽいと予後不良。
長らくウイルス感染と思われていたが、カルタゲナー症候群のように繊毛障害と今世紀に判明。
別名にアイリッシュウルフハウンド鼻炎というのもあるのに検査対象犬種は違うという。
オールドイングリッシュシープドッグ

Primary Open Angle Glaucoma 原発性開放隅角緑内障
頭に難しい用語がくっついてますが緑内障です。いろんなタイプの緑内障のうちの一種。
ビーグル

Spinocerebellar Ataxia *脊髄小脳変性症(の主症状が運動失調なのでAtaxiaかなぁと)
ミズーリ大学の病気研究ページに動画がありました。
見たらわかるけど元気なんですよ。ちょっと傾いてるだけで。
でも、そう言っていいのは何も知らずにその犬と出会った飼い主さんだけ。
繁殖者はプロアマ問わずガッツリとすべての遺伝病を把握しろやゴラ。
http://www.caninegeneticdiseases.net/SCA/
ジャックラッセル、パーソンラッセル


あらやだ。相当がんばってたのに最後だけ本音が漏れちったわ。






***********************************
***********************************
2014年1月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************


そらくんがんばれ月間 赤い糸はどこにつながってるのかな〜?
banner (2).gif
にんきブログランキング


「ツイート」の右となりの「ブックマーク」をクリックするとmixiやその他ソーシャルボタンが出ます。

posted by あきこ at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遺伝性疾患を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

おくち


昨日のつづき。
家庭の犬ならばひどい歯周病でも目に見えてあごがなくなってしまうほど骨が溶けることは少ない。
なぜなのでしょう。
1位 臭いから飼い主が気づく
2位 食欲が落ちたり好き嫌いが激しくなったり目立つ症状が現れるから気づく
3位 ケージに閉じ込めっぱなしの繁殖場よりはいろいろな理由で進行が遅い

そんなことかよと思われるかもしれませんがこんなもんです。
動物病院に連れて行ってもらえない犬はたくさんいるでしょうが、
硬いドライフードを嫌がるならふやかしてくれたり半生タイプに替えてくれたりするかも。
「年だから食欲が落ちて」、ドッグフードを小粒タイプや半生タイプに替えたら食べるようになった、
あるいは老犬飼育経験者からふやかしフードなら食べると聞いて与えたらそのとおりだった。
などはワタクシも実際に何例も見聞きしております。

口臭があって食欲が落ちたならまずは口の中を見てみりゃいいだろと、
それで凄そうなら動物病院に連れてきゃいいだろうと考える飼い主さんは大多数でもなく、
家庭の事情で治療費が用意できないとか、そもそも飼い犬の口の中なんて見られない人もいますから。
いろいろですね。

低カタラーゼ症以外の遺伝性疾患や遺伝的な体質が原因で下あご溶け病になりそうなのは、
・あごの骨格と歯のサイズが合ってない(骨格に対して歯が大きい)
・歯並びが悪い(乳歯遺残、アンダーやオーバーなどの咬合不全)
・歯の数が多いまたは少ない(過剰歯、欠歯、部分的無歯症)(過剰歯の根はだいたい短い)
・歯肉肥大症

あたりでしょうかね。
これらは犬の場合ほぼ遺伝=親から受け継いだ(遺伝≠親と同じ、親に似ている)もの。

あ、それと、崩壊繁殖場で下あごを失ってる犬はまず小型犬なのですが、
まずは得意の図で示します。

歯.JPG

無色の多角形は犬の下あごを、赤い三角は歯を、青いのは歯の根を現しています。
別にこんな図で示さなくても実物を見れば一目瞭然で(こんな図って自分で言っちゃった!)、
成犬体重5キロ〜以下程度の小型犬と、中型犬や大型犬ではいろんなところに差が見られるわけで、
口というか口元の大きさが確実に違うのはまあ当然。
それにプラス、極小型犬はたいてい下あごが薄いのです。

だから歯周病菌が歯の根に到達する速度は体型によって変わりなくても、
その歯の根からあごの骨に到達するのは口元が小さく薄っぺらい犬だと早い。
なので繁殖場であごが崩れ落ちてしまった犬はちわわ、マルチーズ、ポメ、ヨーキー、トイプー、
あとミニチュアダックスがほとんどで、オスメスは同じ数くらいいるはず。




***********************************
***********************************
2014年1月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************


そらくんがんばれ月間 赤い糸はどこにつながってるのかな〜?
banner (2).gif
にんきブログランキング


「ツイート」の右となりの「ブックマーク」をクリックするとmixiやその他ソーシャルボタンが出ます。

posted by あきこ at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 遺伝性疾患を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

繁殖犬のあご溶け病


もしくは多頭崩壊の下あご溶解病とか連続出産の母犬の顎の骨なくなり病とか。
タイトルも含めそんな病名はありませんが、
実際に犬の大規模レスキュー現場に1頭くらい、主に下顎がまるで溶けたような、
口内環境もひどくてお口が半分くらいしかなくなっちゃった感じの犬が時々います。

だいぶん前にこのことについてリクエストをいただいてるので、忘れてたのを今頃思い出した
原因の一つであるとも考えられる遺伝病をご紹介いたします。
ヒトにも同じような原因と経過をたどる疾患がありまして、おそらくその流れで病名は
低カタラーゼ症、または低カタラーゼ血症と呼ぶようです。
Hypocatalasia または hypocatalasemia

カタラーゼとは生き物の体内に存在してる酵素で、ヒトも犬も屁っぴり虫も持っていて、
細胞内の酸化と解毒をちゃちゃっとやっちゃう物質とのこと(化学は苦手)。
とにかく、ヒトならばカタラーゼがきちんと働かないと細胞の元気がなくなるモノみたいです。

参考サイトその1
日本学士院
昭和39年日本学士院賞受賞の高原滋夫岡山大学医学博士(耳鼻科のお医者さんだった方、故人)による
無カタラーゼ血液症の発見とその研究(の受賞審査要旨) (pdfです)
褒め称えてます。ヒトの話です。
http://www.japan-acad.go.jp/pdf/youshi/054/takahara.pdf

上記の文章を拝見すると無カタラーゼ症の代表的な症状は口の中に壊疽が起こるが、
それ以外の箇所にはとくに病変がなく、なんら変わった症状がない、ようです。
(壊疽えそ とは体組織の腐敗に特徴づけられる壊死の合併症、壊死が進行した状態)

こっちは犬の話です。参考サイトその2
東北大学の学術研究成果及び教育成果を収集し広く公開することが目的の
東北大学機関リポジトリ"TOUR:TOhoku University Repository"の学位論文内容要旨(平成13年)
無カタラーゼ血液症ビーグル犬に関する生化学的および分子生物学的研究 (pdfです)
http://ir.library.tohoku.ac.jp/re/bitstream/10097/15222/1/Y2H120435.pdf

論文は平成のものですが研究対象の無カタラーゼ症ビーグルが見られたのは昭和57年で、
症状はヒトとほぼ同じ「高原氏病と非常に類似した口腔内壊疽が認められた」そうです。
犬はもともとカタラーゼが少ない(活性が低い)ので低カタラーゼ症の犬は聞いたことがないと書かれています。

英語の病名で検索しても「Takahara's disease(高原氏病) 歯周囲組織の進行性壊疽性病変」的に、
ごく簡単に説明してあるものしか見当たらなかったのはヒトも犬も日本の研究が主流だからか。
いろいろ読ませていただいた結果、犬の低カタラーゼ症は無カタラーゼ症 Acatalasia
と同じものと言えるとワタクシは思いました。
犬では遺伝性疾患で、18番染色体にあるカタラーゼ遺伝子(CAT)の突然変異(ミスセンス変異)が元だが、
正確にいつどの犬種に発生したのかはわからない。
常染色体遺伝でおそらく劣性。

っと、こんだけ書いてあれですが、顎の骨溶け病は「ただの歯石」が元のほうがたぶん多いです。
歯周病菌→ 歯石→ 歯の生え際の炎症→ 歯根の炎症 と進む頃には、
1本の歯と同じかそれより大きいほどのサイズの歯石がカチカチの緑色系の塊になってるだろうという、
レントゲンで見ると歯根がぼんやり溶けてるだけならふつうのご家庭の犬にもよくありますね。
動物病院のブログなんかで歯周病の例として写真つきであちこちで見ることができます。
だがしかし、ひどい歯周病でも目に見えてあごがなくなってしまうほど骨が溶ける犬は少ない。
なぜなのでしょう。

つづく。





***********************************
***********************************
2014年1月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************


そらくんがんばれ月間 赤い糸はどこにつながってるのかな〜?
banner (2).gif
にんきブログランキング


「ツイート」の右となりの「ブックマーク」をクリックするとmixiやその他ソーシャルボタンが出ます。
posted by あきこ at 21:25 | Comment(3) | TrackBack(0) | 遺伝性疾患を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

かごしゅ?のポリポー?


Colorectal hamartomatous polyposis and ganglioneuromatosis
*過誤腫性大腸ポリポーシスと神経節神経腫

ちょこっと用語解説。
過誤腫 (hamartoma)
腫瘍と奇形(形態発生異常)の中間的な性格の病変

ポリポーシス (polyposis)
一定部位の粘膜面に無数のポリープが一面に広がって発生する疾患、ポリープ症

神経節神経腫(神経節細胞腫) (ganglioneuroma)
神経節に由来する交感神経や肋間神経などの神経から発生する腫瘍


タイトルは犬の遺伝病であるこの病名を初めて知ったときのワタクシの感想です。
頭が「colorectal」なので大腸の何かなのはいいんだけれど、
次の単語がちんぷんかんぷんで、さらに次の「polyposis」を声に出して読んで、
そのときはポリポーシスという言葉を知らなかったのですが、
「ポリィポシス?ポーリポ・シス?・・?ポリーってなんだっけ・・ポリと言えばポリー・・プ、ああっ」
ハッと思い当たって、ふんぐうううううう!
と大声でうなってしまった3年前のあの秋の朔の日。

驚いてうなったのは「ダックスに多い大腸ポリープ、大腸がん」を思い出したからで、
不妊手術のデメリットと勘違いされることのある糸アレルギー(縫合糸反応性肉芽腫)(無菌性脂肪織炎)
が遺伝的体質が背景にある免疫系のトラブルだと知ったとき以来の衝撃でした。個人的に。
ほら見ろ。また一番の犠牲はダックスだよ・・てな思い。

英語で犬の症例を検索すると以下のようにばらばらで、

診断された月齢・年齢 犬種
5ヶ月 グレートデン
18ヶ月 オーストラリアンテリア
18ヶ月 ドーベルマン
7歳 シーズー
10歳 ボクサー
12歳 ラサアプソ
15歳 ペキニーズ

新生児 馬 (腸閉塞)

検索ワードの頭にダックスと入れて1コヒットしたサイトをチラ見したら「Kagoshima University」。
日本だし(涙


何度も同じことを書いて恐縮ですが、犬の遺伝病はとても誤解しやすい、されやすいです。
テレビやネットで取り上げられる犬の遺伝病とはたいていとてつもなく重い病で、
営利第一の乱雑な繁殖をおこなう業者の姿勢に疑問を抱かせ、
同時にふつうの一般人の飼い主さんの献身的な愛情も魅せる。みたいな。
テレビ番組はともかく、そのような闘病経験がネット上にあることがもちろん悪いわけではないです。
悪くはないのですが、、
我を忘れるほどの激痛を伴って苦しみあえいでなすすべなく死んでゆく遺伝病もあれば、
生涯を通して微妙な症状が出たり気づかなかったりの遺伝病もあり、
そのどちらも私たち人間が犬に背負わせることのない世の中にしましょうと言うだけの話なのです。

そりゃーたくさん痛いよりちょっとだけ痛いほうがマシなことはマシですけどね、
犬に関わる人や犬を飼う人は可能な限り正しく理解しませんか、ってことです。
とくにこの記事のターゲットは犬を診察する動物病院関係者、獣医療従事者さん。
犬の繁殖と遺伝性疾患をふつうにまともに理解して正しい道を示してくれと切に願う。
この病気はヒトのコーデン症候群に似ていて、犬も常染色体遺伝するとほぼ確認されたケースがあり、
交尾の斡旋してる場合じゃないし交配依頼をすげなく断って愛護精神自慢してる場合じゃないっての。

大腸にポリープが固まってたらほとんどの飼い主さんの意識は良性か悪性かに向く、
だから外注検査して正しく診断して治療する、それはいいんだけどもうちょっと勉強するともっといいよ。
パソラボさんのパソラボ情報の第1回と第2回を読むだけじゃ足りないよ。



かごしゅせい大腸ポリポーシスと神経節神経腫の、
・家庭で見られる主な症状
食欲不振
下痢や嘔吐
元気消沈
血便
しぶり腹(排便ポーズを何度もとるがウンチがまともに出ない)
直腸脱

・動物病院でわかる主な症状
大腸以外の消化管トラブル
大腸内の複数〜無数のポリープ
大腸内の炎症
ポリープ状結節を伴うびまん性粘膜
粘膜下肥厚

・診断
レントゲン
直腸診
内視鏡

・確定診断
PCR法でのPTEN変異の確認

・治療
内科的療法
外科的切除(内視鏡下切除、プルスルー術)
両方の併用

・特記事項
早期発見早期治療であるほど生命予後は良い
会陰ヘルニアと間違えるケースがあるかもしれない
無治療で症状が悪化しない犬もいれば肛門から腸がボールのようにはみ出る犬もいる
「ただの良性ポリープで良かった〜」と思うのは個人の自由だが遺伝病


まあ。また3時になっちった。




***********************************
***********************************
2014年1月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************


そらくんがんばれ月間 赤い糸はどこにつながってるのかな〜?
banner (2).gif
にんきブログランキング


「ツイート」の右となりの「ブックマーク」をクリックするとmixiやその他ソーシャルボタンが出ます。

posted by あきこ at 03:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遺伝性疾患を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

遺伝病 −ヒトとの違い



犬の遺伝性疾患の多くがそうなのですが、
同じ病気がワタクシたち人間にも発症することがあるため中々気を使います(これでも)。
病名や症状が同じでも、人間と犬の遺伝病の背景には決壊することのない大きく高い壁が存在します。
同じ生き物だろうとか犬の命も尊いだろう、みたいな次元ではなく、
犬を殖やすのが人間だけなんだという話です。

ヒトを対象にした遺伝学者や遺伝科の医師など専門家はよく、
「遺伝病とは遺伝子の異常が原因で病気になることで、親から遺伝したとかしないとかは関係ない」
みたいに説明するもののようです。

これは、もちろん正解ですし当たり前のことです。
遺伝病=親から受け継いだ、親の責任、親のせい、な図式がもともと人間社会では根強く、
ある人が遺伝病を発症した年齢が低いほど、とくにお母さんが自身や周囲に責められる、
そういう時代がかなり長く続いた歴史が根底にあるのではと思われます。

遺伝形式や遺伝子変異の実体など遺伝病の中身が科学的に解明されるにつれ、
おそらくすべての人間が遺伝病の元になる因子を持ち、また、変異の機会は誰にも必ずあると知られ、
さらに専門家は人間が生まれる生殖とは誰かのせいでどうにかなるようなものではないと教えてくれます。
本当にそのとおりなんです。
人間は。

ただ、現在では結婚や妊娠の前後に遺伝カウンセリングを受けることも普通になってきていますが、
医師と遺伝病の話をする機会というものはご本人が当事者である可能性が多いことと、
遺伝病を特殊なものとして無意識のうちに差別するような風潮がこれまた根強いため、
たいへんデリケートに扱ってしかるべき問題だと思われます。
人間は。


と前置きしたうえで、
当ブログ内の「遺伝病」とは「継承の有無に関わらない遺伝子の病気」ではなく、
親から子へ遺伝して伝わる病気、あるいは体質を指しているので、
「遺伝=親から受け継いだ」、「メンデル遺伝病(多因子含む)」です。
犬の遺伝病は決定的な治療法のないものが多いけど、そもそも治療を受けるかどうかの決定権は犬になく、
病状を故意に放置されたり、誤った診断と誤った治療をされたりの悲惨な状況によくなるんですね。
犬だから。
自覚症状を聞かれても意味がわからないし、第一言葉で伝えられないから。

ヒトと違うのは、遺伝子の異常が原因でその病気になったかどうか以前に、
親の代からそっくり受け継ぐ病気を予防できる方法が存在するということ。
運命的に出会った恋人同士の愛が実って結婚するんじゃないんですから、
交尾相手の選定から交尾時期も回数もいつの発情期は休むのかも犬の意思は入らない、
犬の遺伝病は親犬が子犬に継がせました、けど継がせるべき遺伝子を用意するのはすべて人間。






***********************************
***********************************
2014年1月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************



そらくんがんばれ月間 赤い糸はどこにつながってるのかな〜?
banner (2).gif
にんきブログランキング


「ツイート」の右となりの「ブックマーク」をクリックするとmixiやその他ソーシャルボタンが出ます。
posted by あきこ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遺伝性疾患を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする