2014年01月15日

無理な繁殖 vol.6


無理な繁殖ってなんなんだろう?についていくつか記事を書いたので、
今度はじゃあダメじゃない繁殖ってあるのかな、みたいなことを。
なんて簡単に話が進めばなんてことないんだけどね。
犬の繁殖とは、飼育というか犬とヒトとの暮らしそのものの集大成であり、また原点なんです。
実は。
だからこそ今までにも何度か触れているとおり、助産の技術みたいなものはさほど重要ではなくて。

このへんをワタクシのアタマのレベルではうまいこと簡潔に説明しにくいので(アホだから)、
みなさんからいただくコメントやリクエストがあればあるほどありがたいんです。
犬の繁殖のことを何年も考え続け(ってなんかいやらしい雰囲気・・)ていない人は、
どの点が疑問だったりどういう経験や思考で自家繁殖を決行しちゃうのかが、
繁殖について考え続けている(もういいや、いやらしくて)ワタクシには漠然としてて、
それでなんとなくわかったようであやふやな一般論にはしたくなくて上から目線の紋切り型になってます。
まあいいか。

えー、助産の技術・産婆のノウハウみたいな事柄が犬の繁殖の勉強につきものと思われがちです。
有名なところでへその緒の処置の仕方あたりでしょうか。
正常な分娩では1頭の胎児が娩出された直後〜わりとすぐにその新生仔の胎盤もずるんと出てくるので、
胎盤が子犬のへその緒とつながったまま母犬の体外に出てからほんの数センチ残して切るとかの。
切る前にどんな糸でどこをどう縛るかとか縛ってから何でどう切断するのかの手順は覚えても、
仕組みそのものがイマイチな人がとても多いので、胎盤娩出前に縛ってみたり切ってみたり、
母犬が自然に噛み切った後に糸で縛ってみたり、切り取った胎盤側を消毒したなんて話もたまにある。
そしてプロもアマも猫も杓子も何が何でも動物病院へ駆け込むのが最良と信じてみたり。

へその緒の処理の仕方なんて知らなくてもいいくらいの分野なんです。人間は。
正常な出産をおこなう正常な母犬が驚くほど自然に済ませてしまいますから。
あえて過激な表現をするなら自分で産んだ新生仔のへその緒の処理ができないメス犬ならば、
その後繁殖すべきではないしその腹から出た子犬も繁殖に適さないし当然繁殖させないようにする、
人工的な環境で暮らさせてはいるが種の生命力は維持しなきゃいかんだろってことです。

この部分にすら「ウチの子の赤ちゃんが!」なお花畑風味の感情を寄せてしまうと簡単に乱繁殖。
いわゆる素人繁殖の脳内は多くがお花畑、なんとブリーダー(ケッ)の大半もそうなんですよ。
ブリーダーを自称する人たちと会って話せば話すほど実感します。お花畑だと。
へその緒の流れで言うならその処置は見事な人が多いです。
100グラム強ほどの新生仔の皮膚から0.7ミリ地点を手早く器用に縛ってチョキンと。
母犬がその様子を気にもせず自分のオマタのみに集中しててもこれまた気にもしないで、
その正確さとスピード感がザ★ブリーダーの仕事だ、的な雰囲気すら漂わせ。

違うんですよ。
アンタのはそれ子犬の生産と販売って意味で仕事がブリーダーだろってね。
あーあ。漠然としてますねー(へるぷみー)。でも続くけどね、たぶん。





***********************************
***********************************
2014年1月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************



そらくんがんばれ月間 赤い糸はどこにつながってるのかな〜?
banner (2).gif
にんきブログランキング


「ツイート」の右となりの「ブックマーク」をクリックするとmixiやその他ソーシャルボタンが出ます。

posted by あきこ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬の繁殖・乱繁殖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

無理な繁殖 vol.5


年の瀬も押し迫った粉雪の夜に、1年の汚れを落とし家中ピカピカ。
・・になった夢を見ました(へんな時間に寝て今起きた)。
そんな、現実は身も蓋もないんだぜという話。

2013年12月20日の記事、無理な繁殖 vol.2の最後に、
「無理な繁殖」に対抗できるのは「知識」のようだと行き着くのですよと書きました。
より良い繁殖をおこないたい人は犬の繁殖に関する知識を求めるもので、
他人に聞くなり教えを請うなりして知識を得ることは良いことなのかもしれませんが、
犬が生まれた話を聞くたびにワタクシなどは脱力することがしょっちゅうです。
なぜなら、、

・メス犬の発情周期
・スメア検査の意義と時期
・オス犬の発情の時期

・交尾の所要時間
・片方あるいは両方が交尾をしたがらない場合の保定の仕方
・オスメスが別々の家に住む場合の交尾場所の確認(オスを預けたらどんなトラブルが予想されるかとか)
・交尾直後のメス犬の安静についての確認(直後に車に乗せたら流産するとか)(しねぇよふつう)

・オスメスの血統書を見比べて親子か兄弟姉妹でないかの確認
・オスメスとも生後9ヶ月以上5歳以下であるかの確認
・子犬の血統書発行の手順の確認

・妊娠の診断方法の確認(いつエコーやレントゲンなのかとか)
・妊娠中のメス犬の栄養管理(いつパピーフードに切り替えるか)
・妊娠中のメス犬の散歩について
・妊娠中〜出産までの温度や湿度管理について

・出産を手伝ってくれる動物病院の選定
・陣痛の兆候の見分け方
・異常分娩の見分け方
・子犬のさすり方
・子犬のへその緒の切断と結紮のやり方


とまあ、知るべき事柄の種類(と言っていいのかどうか??)はそこそこ数があるけれど、
とりあえずこういう感じの事柄が「繁殖の勉強」と広く思われているようなのです。
なんせポイントは、母犬なり父犬なり繁殖させる愛犬主体なのがおわかりいただけるでしょうか。
ほんとは繁殖させるなんてもんじゃない交尾させて出産させる愛犬主体ですけどね。

これらの項目をネットや書籍、先輩ブリーダー(ケッ)や愛犬出産経験者や獣医師(なぜ??)なんかに、
見たり聞いたり調べたり教えてもらってある程度頭に入れるとゆー。
「繁殖の勉強をした!」って言ういわゆる素人繁殖者さんがやった勉強とはこんなもんです。
もしかしたら遺伝子検査を1つだけ済ませてる人も今ならいるかもしれませんが。
なお、一般家庭でおこなわれる素人繁殖だけでなく、ブリーダーにもこんなもんな人が大勢います。

ああ、1コ忘れてた。

・出産に耐えうる健康さがあるかどうか獣医師に診てもらう

ふっ。
アホか。





***********************************
***********************************
2013年12月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************



そらくんがんばれ月間
banner (2).gif
にんきブログランキング


「ツイート」の右となりの「ブックマーク」をクリックするとmixiやその他ソーシャルボタンが出ます。

posted by あきこ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬の繁殖・乱繁殖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

愛犬の血筋を残したい


2013年11月26日の記事、残すべき血の続編で、
愛犬を愛するあまり一般家庭でおこなわれる、いわゆる素人繁殖では「愛犬の血筋を残したい」、
と思うことがそもそも思い込み?勘違いあるいははきちがえではなかろうかという話。

ふつうにペットとして飼い始めた1頭の犬があまりにも可愛くて好きになりすぎてしまうと、
飼い主さんというものはその愛犬の血筋を残したり広めたりしたくなるもののようだ。
実行するかは別として、そう考えることはとても自然で、愛ゆえの感情だと多くの人が思うだろう。

だろうと言うのは、実はワタクシにはその感情が理解できないからなのだ。
話の流れから「愛犬の子が見たいと思うのは自然な感情で、それ自体は悪ではない」
などとさもわかったように言ったり書いたりしてきたのだが、
本当のところはどこらへんが自然な気持ちなのかわかるようでわからない。

だってその愛犬は、ペットショップでの衝動買いにしろ熟考の末の購入にしろ、
近所でポンと生まれたのをほいほいっともらってきたにしろ、
行き場をなくしたのを保護したにしろ専門ブリーダー(ケッ)から買ってきたにしろ、
血筋を愛したゆえ迎えたわけではないではないか。

愛犬を好きになることと血筋を愛することはたいてい別物だ。
愛犬の10代前のご先祖犬はもとより、その繁殖者がどんな想いで繁殖したのかを知ろうともせず、
愛犬の血筋を残したいから交配しました出産させましたー。ってそんな。
ちゃんちゃらおかしいのである。

子犬が生まれるには、必ず人為的な関与がある。
もしかしたら2012年前の昨日この世に生まれたスーパースターが降誕するより以前から、
人間は身近にいるメス犬に役立つ犬を産ませたくて優れたオス犬を代々選んでいるのだ。
犬の繁殖に人間が手出しできることは何百年何千年前からただひとつ、
繁殖するオスメスを決める・選ぶこと。
過去の組み合わせはすべて素晴らしいとはもちろん言わないけれど・・。

先人の努力や栄光や挫折と、おびただしい数の犬たちの犠牲がおそらくあって、
血筋が継続されたのが今いる犬たちとも考えられる。
過去を振り返るな未来を見据えろなんて言葉に反しなければ簡単に乱繁殖になってしまう。
過去を見て触れて知って、可能な限り未来を正確に予測する方法が世に存在するのに、
ごく一部を感じて全部を理解した気になったり最初から過去の血筋をスルーしながら、
愛犬の血筋を残したいから産ませましたー子犬は元気でかわいいでーす。ってそんな。
ちゃんちゃらおかしいのではないだろうか。





***********************************
***********************************
2013年12月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************



そらくんがんばれ月間
banner (2).gif
よかアフターメリークリスマス (よかったらクリックで応援してねって意味です)(次のネタが思いつかん!)


「ツイート」の右となりの「ブックマーク」をクリックするとmixiやその他ソーシャルボタンが出ます。

posted by あきこ at 23:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 犬の繁殖・乱繁殖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月24日

無理な繁殖 vol.4


たった今撮影したてほやほやの写真
SH3J0039.jpg

毎年おもしろかわいいクリスマスカードがワタクシのもとに飛んでくるんです。
「今年こそはワタクシも贈ろう」と思いながら早や数年。
この時期は年賀状のことしか頭にないためいつもいつもうっかりしてしまいます。
今年なんか出先で絵葉書やシールを買い求めたりして準備万端だったのになぁ。
また今年も年賀状での返事になるよ。ほんとごめんよZoeさん。コーヒーうまいよ。


それでは。途中で話が飛びましたがvol.2のつづきみたいなもんです。
vol.1から3までのおさらい。無理な繁殖とは、
・出産させる母犬に精神的な無理をさせることではない。散歩に行けない、ケージ閉じ込め飼い
・同じく肉体的無理をさせることではない。1歳になる前の初回発情から連続で出産、など

と言うことは逆もあてはまるわけで、出産をさせるorさせた1頭の犬の散歩を毎日していても、
「犬のお産に最適な年齢」とされる2歳前後でたった1度だけの出産であっても、
ついでに生まれた子犬がみんな病気知らずで長寿だったとしても、
無理な繁殖ではなかった、とは言えないのです。

vol.2にいただいたコメント引用も織り交ぜてみると、
・清潔な環境で親犬を育て、ペットショップで一括買い上げ。
・劣悪環境でせり市でやってきた犬達に比べたら全然違う。
・もちろん産地直送空輸ならもっとブリーダー風味満載。

と思ってしまっていませんか?なのです。
わざとこういうふうに書いてくれてますが、これらと無理な繁殖とは似て非なるもので、
じゃあ無理な繁殖って結局何なんだと聞かれたら、
・健全性に配慮していない繁殖?
・子犬の質の向上を求めない繁殖?

となるわけです。
ところがこの文章を見た繁殖者、繁殖経験者からは「親犬は元気(だった)」と返ってきそうです。
だって誰だって健全性には十分配慮してるんですから。
ゼイゼイと末期一歩手前の呼吸で自力で立ち上がることもできないメス犬に発情期がきても、
他人から悪徳業者と呼ばれちゃう人だって交尾なんかさせませんから。

個体の健全性には配慮してる、ただしその繁殖者の知識の範囲内でと注釈がつくだけ。
そして子孫の健全性は、わからないだけの人がほとんどです。
一般家庭で愛犬に出産させるいわゆる素人繁殖だけでなくブリーダーを自称する大多数の繁殖者も、
決まり文句の「生き物だからなにが起きるかわからない」「病気も個性」を合言葉に、
ひっじょーーーーにレベルが低いと言わざるを得ない根拠でもって繁殖を敢行してるんですね。
大事なことなので大きい字で書きますが、

わからないだけ、知らないだけで、

悪意なんてふつうありません。

どんなに重症な遺伝性疾患を子犬に持たせたとしても。


今日のまとめ。
無理な繁殖の内容はさて置き、犬の乱繁殖とは、まさか乱繁殖になると思いもしない人がおこないます。
まさかあの人が盗みをするなんて・・みたいな意味でなく、まさかこの行為が厳密には窃盗なのか!
的なものです。
愛情も手間隙もたっぷりかけて手塩にかけて育て上げたカワイイ愛犬にお産を経験させる、
生まれた子犬の健康状態が良くても、これ以上に無理な繁殖なんてないくらいの無理さなんです。





***********************************
***********************************
2013年12月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************



そらくんがんばれ月間
banner (2).gif
よかクリスマスイブ (よかったらクリックで応援してねって意味です)(ようやくイブまでこぎつけた)


「ツイート」の右となりの「ブックマーク」をクリックするとmixiやその他ソーシャルボタンが出ます。

posted by あきこ at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬の繁殖・乱繁殖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

無理な繁殖 vol.3


世界で一番カワイソウな犬、
それは日本のダックスフント。
基本的にミニ(今やカニも同列だが)限定。
 
1位独走期間は11年間。生来頑丈で多産なばかりに乱繁殖の代名詞にされてしまった犬 。
最初の4桁数字は年号、順位とその次の数字はJKCの登録頭数を表しています。
登録頭数とは「その年に血統書の申請があった犬の数」で、犬籍団体の移動や輸入などもありますが、
大多数は誕生による数字と考えて差し支えないと考えられます。
また、空白欄はワタクシではわからなかったものです。
参考;「愛犬選び方カラー図鑑/1998年西東社」、「犬のカタログ'97/成美堂出版」、JKC公開データ

1992         12,177
1993         14,822
1994  7位     19,129
1995  3位     26,873 ←カニンヘン初輸入・初登録
1996  3位     36,907
1997  1位
1998  1位
1999  1位     76,711
2000  1位     97,178
2001  1位     122,589
2002  1位     150,742 
2003  1位     171,144 ←この年の全登録頭数の実に3割を占める
2004  1位     159,272 ←この年か前年あたり俗称チワックス全国的に増産開始
2005  1位     138,163
2006  1位     116,505
2007  1位     93,073
2008  3位     79,156
2009  3位     66,467
2010  3位     53,845
2011  3位     45,430
2012  3位     39,325


ワタクシが大人になってからの記憶では、
「登録頭数の多い血統書つきの犬」は長らくマルチーズでした。
手元の資料によると1971年から1989年まで18年間連続で1位だった模様。
時代が違うと言ってしまえばそれまでとしても、最大ピークは1982年の36,142頭。
そして1990年の1位シーズー33,413頭、ハスキーが91年50,714頭、92年58,381頭の1位、
93年〜96年まで1位に返り咲いたシーズーはピーク時の95年で55,158頭、
そして上記のとおり97年のダックス独走時代に入ってからが本当にヒドイ。ヒドすぎ。

2000年の1年間でおよそ10万頭のダックスが登録されたということは、
1回の出産頭数を5頭で単純計算すると2万組の交配があったわけだけど、
全体の頭数が多い人気犬種には不受胎や死産・新生仔死亡が通常以上について回るもの。
血統書発行のために登録しない出産もへたすれば登録数に及ばずともかなりのものがあるのだから、
(母犬の死亡や予定外の別犬との交配やいわゆる素人繁殖など)
2万組の交配ではなく2万頭ずつのオスダックスとメスダックスが繁殖に供されたのかもしれない。
1年間に合計4万頭のダックスが交尾した可能性。
ついでにピークの2003年を同じように計算すると7万頭から8万頭のダックスが交尾を強いられた、かも。

ふつうに考えてみれば1種類の犬種に、次世代を残すべき親犬が4万頭もいるのはあり得ないことで、
ダックスのこのブームはあまりにも異常でした。
異常さのしわ寄せは間違いなく犬に蓄積され、あり得ない遺伝病の多さがダックスに残されました。
ワタクシ事で恐縮ですが、犬の毛色に興味を持ったのも、遺伝病に疑問を持ったのも、
それから「血統書つきの純血種が殺処分されることがある」ことも、
すべてダックスという犬種がきっかけです。
どうしてダブルダップルのミニダックスが生まれるのか、
どうして全国の動物愛護センターにいつも必ずミニダックスがいるのか、
どうして英語の資料では大型犬しか症例のない遺伝性疾患を発症してるミニダックスがたくさんいるのか。

どの答えも繁殖にしかないのに、愚かな人間が起こしたダックスの悲劇を生かせないのもまた人間で。
昨年2012年の1位プードルが2000年のダックスに近い約9.3万頭の登録があって、
トイプーの平均産子数を3頭で計算すると親犬は約6万頭、ちわわなら4万頭の親犬。

・・・。

ねえ、いる?

次世代に血を残すべきトイプーが60,000頭も日本にいるの?

ペコペコしてない前足が真っ直ぐで勇敢なちわわが40,000頭?

どこに?





***********************************
***********************************
2013年12月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************



そらくんがんばれ月間
banner (2).gif
よかクリフトはクレフトだった (よかったらクリックで応援してねって意味です)(ごめんcleftの発音間違ってたー)


「ツイート」の右となりの「ブックマーク」をクリックするとmixiやその他ソーシャルボタンが出ます。

posted by あきこ at 22:10| Comment(11) | TrackBack(0) | 犬の繁殖・乱繁殖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

無理な繁殖 vol.1


ペットの保険でおなじみのアニコムさんの「家庭どうぶつ白書」より、
ここ数日の記事に合うお話を見つけたので一部引用します。引用はじめ。

第3部. どうぶつの疾病統計
http://www.anicom-page.com/hakusho/statistics/index.html#chapter1
疾病別罹患率
2008.01.11 寒い冬はとくに気をつけたい関節疾患
のpdfファイルはこちら。2ページだけなので軽いです。
http://www.anicom-page.com/hakusho/statistics/pdf/m080111.pdf

骨関節疾患は、先天的素因(遺伝)が大きい。
(中略)
これらの骨関節疾患は、無理な繁殖が繰り返されることにより、発症率が上がるといわれている。
「この子の子どもが見たい」「一度は産ませてあげたい」「人気犬種だから」
という人間側の思いだけで、わが子やその子どもに大きな負担をかけることは絶対に避けたい。

引用おわり。


出ましたよ。無理な繁殖が。
無理な繁殖関節の病気の発症率が上がるんですよ。

ここんとこご訪問くださった方にはおわかりでしょうがもう一度説明しますと、
「無理な繁殖」とは、1頭の犬に精神的あるいは肉体的な無理を押し付けることじゃないんです。
糞尿のこびりついた段重ねケージ内で何年も過ごす犬はかわいそうですけどね、
その無理と繁殖の無理は別の問題なんです。
ペットショップで買ってきた1頭の犬を家庭で出産させる、
そこからもらってきた別の家庭でまた出産させる、
別の家庭にやらずに最初の家で代を重ねて孫まで生ませても変わりません。

ネットで「素人繁殖」という言葉を目にしたことが皆さんおありかと思います。
嫌な印象の言葉ですよね。
何も知らない素人呼ばわりされて、アタマの軽い無責任人間扱いされて、
悔しがったり悲しがったりして「お勉強」を始める人もいるようですが、
ネットで良い繁殖について情報を集めようとするとまず間違いなく悪徳業者が出てきます。
段重ねケージと目に見える奇形なんかがほぼ必ずセットになって。

そうすると、ウチのケージは清潔だし犬自身も元気でかわいいし、
子犬を売って儲けるつもりはないし何よりも愛情のかけ方が違うし、
だいたい連続で出産させるとか犬に無理させる気もないから・・
と、その人が思い込んでしまった「無理な繁殖」と比較して安心しようとします。
いわゆる素人繁殖をおこなう人の大多数は。

つづく。




***********************************
***********************************
2013年12月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************



そらくんがんばれ月間
banner (2).gif
よかクリフトプレート (よかったらクリックで応援してねって意味です)(きゃあー)


「ツイート」の右となりの「ブックマーク」をクリックするとmixiやその他ソーシャルボタンが出ます。

posted by あきこ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬の繁殖・乱繁殖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月16日

繁殖の組み合わせ


数日前からSeesaaブログのご機嫌がかんばしくありません。
記事を書いてアップしたはずなのに反映されてなくて申し訳ない。
この記事も12/16に作成してますがいつ陽の目を見れるやら。

2013年12月12日の小型化と弊害から派生した組み合わせてはイケナイ繁殖の話。
「スタンダード」とか「遺伝」とか「結婚でも出産でもなく繁殖」のような言葉を使ってますが、
ブリーダー向け・一般向けの区別なく、犬の繁殖をするなら誰でも気にすべきことだけ書いてます。
そんでもって今日は繁殖の組み合わせの入門偏、劣性遺伝から。

そこそこ長いことチャイニーズビーグル症候群と呼ばれていた劣性の遺伝病がありまして、
名称に登場するビーグルに発症数の多い病気です。
今は Musladin-Lueke syndrome と新しい英語名がついています。
分類はたぶん筋骨格結合組織系で、見た目の症状がとても独特ですが、
さすがにこーゆーのはフリーの写真は手に入らないのですみませんがリンク先に各自飛んでください。
文章が英語なのでワタクシのように常に読みたくない気分の方は写真だけ見てきてください。
Animal Genetics UK の Musladin-Leuke Syndrome (MLS)
http://www.animalgenetics.eu/Canine/Canine-disease/canine-MLS-Musladin-Lueke-Syndrome.html

上記のイギリスのラボのほか、アメリカの大学でも遺伝子検査が可能です。
アメリカなんてAKCに症例紹介ページがあって、尚且つそのページから遺伝子検査機関に飛べる。
頼むからJKCよ。真似をしてくれ。

ひきかえ我が国では検査ができないだけでなく、この病気を知らない獣医師が複数存在する模様。
英米で遺伝子検査が確立していて、しかもシンプルなARの遺伝病なのに。
「Musladin-Leuke」と検索&画像検索したら複数頭のビーグルの症例がヒットするのに対し、
日本語で「チャイニーズビーグル」やその他ワードで検索しても自分で書いたものしか出てこん。
その代わり(?)「ビーグル つま先立ち」で見つけたブログにMLSビーちゃん発見してしまいました。
飼い主さんは劣性遺伝の病気とはご存知でなく、獣医師から頓珍漢な病名を告げられておられ。

・・・・・・もう。
だからさ、みんな。
遺伝性疾患を知ろう!
っと、ついそう書きたくなってしまうってもんです。
MLSの治療法や対処法をきちんと知るにはMLSの仕組みを理解するのが先決で・・って、
あぶないあぶない。劣性遺伝の組み合わせの話なのにまた横道に逸れました。自重。

えー、シンプルARというのは、単純な劣性遺伝の、って意味です。
単純な病気と言うわけではなく、1コ(1種類)の遺伝子(の変異)が病気の元だということで、
上で紹介したイギリスのサイトに「Results:」の下に3段の簡単な表があり、
Affected Carrier Clear の文字が見えると思いますが、当ブログでもよく使うカタカナ英語に訳すと
アフェクテッド キャリアー クリア です。

この病気の場合にあてはめるならこんなふうに考えるとよいでしょう。
アフェクテッド = 発症、ホモ接合
キャリアー = 因子持ち、運び屋、ヘテロ接合
クリア = ノーマル、病気にならない、因子を持たない、ホモ接合
アフェクテッドとクリアが両方ともホモ接合なのでご注意ください。
ホモ接合とは「ある遺伝子座の対立遺伝子が同じ」つまり AA aa みたいなことです。
MLSは劣性遺伝病なので a の劣性遺伝子を aa のホモ接合を持ったら発症犬になり、
AA のホモ接合を持った犬は「MLSに対してノーマル」です。

ヘテロ接合は「対立遺伝子が異なっている」つまり Aa です。
(記号のAはただの例なので、AA Ao BB Bo oo とヒトの血液型でもなんでもお好きなものを例にどうぞ。
ワタクシは血液型がA型ですが、父親がA型で母親がO型なため、中身はAo型 = ヘテロ接合です、
ワタクシの妹はO型なので我々の父親もワタクシと同じAo型であることがわかります、など)

アメリカやイギリスでは、ビーグルの繁殖をしている人たちが、MLSの発症を予防したい、
と思ったのが最初です。
それで犬専門でもない遺伝子検査機関(ラボ)が協力をしてくれて、検査方法が確立しました。
これはたとえばボーダーコリーのセロイドリポフスチン症(CL症)や、
日本ではMLダックス、プードル、ラブ、コッカー、カーディガン、ハスキー、チャイクレ、
などが検査可能な進行性網膜萎縮症(PRA)なども、元はだいたいそんな感じです。
検査機関として商売が成立するかと、ヒトの治療に役立つかも的なことが根底にあることもあります。

ビーグルや他の犬種や雑種にMLSという病気の遺伝子が存在していて、
そのうちビーグルだけはアメリカとイギリスで遺伝子検査が存在していて、
検査方法は専用の綿棒で口の中をこする痛くも痒くもない簡単なもので、
1頭の犬がキャリアーとわかったなら、その犬の繁殖を止めるかまたは相手にクリアを探すか、
もしキャリアー×クリアで繁殖をしたなら子犬たちの検査をしてから譲渡なり販売なりして、
自分の手元から巣立たせるキャリアー子犬は念のため不妊処置を条件にしておく。

組み合わせとはこーゆーことなんです。ただこれだけ。
繁殖者がどこまで把握できるかどうか。ただそれだけ。
プロがやろうと素人がやろうと同じですよね。
少なくともアフェクテッドの犬の立場になってみれば、自分がどこで誰の手で生まれようと関係ない。
飼い主に愛情があるから、飼い主の家が裕福だから、飼い主はビーグルを100頭育てたから・・、

・・、だからなに? by発症犬(なんて。犬はそんな投げやりなこと思わないけどね)




***********************************
***********************************
2013年12月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************



そらくんがんばれ月間
banner (2).gif
よかクリア (よかったらクリックで応援してねって意味です)(やっぱクリアが一番無難なんだ)


「ツイート」の右となりの「ブックマーク」をクリックするとmixiやその他ソーシャルボタンが出ます。
posted by あきこ at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬の繁殖・乱繁殖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

繁殖に向かない犬


って面と向かって言われたことのある方は少ないんじゃないでしょうか。
繁殖に向かない犬の数のわりには。
ふつうの家庭のいわゆるペット犬はたいてい繁殖向きではないのに、
誰も教えてくれないどころか賛成して応援して協力してくれる人が皆さんの周りにいるようで。
人によっては面白くない内容なので先になごんでからお進みください。

こんなにおりこうなビーグルは初めて見た!
と言われたことが今までに11回くらいありまして(年に1回ペース。ただいま11歳)、
そのうち2回おムコさんにと希望されまして、実はひそかに自慢です。
(さんざん素人乱繁殖のうんちくを並べてから「去勢済みですすいません」と言った鬼畜なワタクシ)
SH3J0038.jpg


さて。
とりあえずチェック項目はこんな感じ。
・ペットショップで買った犬
・血統書の無い犬
・拾ったり保護した犬
・持病持ち、病気がちな犬
・雑種
それから、

・犬種標準(スタンダード)で認める骨格が複数外れている犬

・犬種標準(スタンダード)で認める犬種の性格が1つでも外れている犬


非常に重要なので大きい字で書きました。
2012年度のJKC登録頭数1位から5位まではプードル、ちわわ、ダックス、ポメ、ヨーキーですが、
骨格面で一番わかりやすいものをあげると、5犬種とも「前足はまっすぐ」と記されています。
犬が自然に立っていて、正面から見たとき、前足は真っ直ぐなのが正しい骨格(の一部)。
昨日の記事のロットの写真のようにピシッと。
肘が外を向いて腕全体がカーブしていてはダメ。
足先が自然に内股になるのも、足先だけが外側に向いてるのもまるでダメです。

それから、習性/性格面をほんの一部紹介します。

プードル 利口、活発、従順で、しかも活動的な動作を示す。
ちわわ  機敏で注意深く、活発でありたいへん勇敢である。
ダックス 生まれつき友好的で、落ち着きがあり、神経質であったり、攻撃的ではない。情熱的で、辛抱強く、すぐれた嗅覚をもちすばやい狩猟を行う。
ポメ   常に注意深く、活発で主人に対して格別な忠誠心をもつ。大変物覚えが良いので訓練しやすい。臆病でも攻撃的でもない。
ヨーキー 用心深く、利口なトイ・テリアである。気質は安定しており、勇敢である。

犬種のスタンダードってわざと難しい言い回しを探してるだろと思うくらいわかりにくいもので、
この性格にしたって抽象的で個性が無いように感じられる方もいるかもですが、
ともかくその犬種として最低限必要なことなので、活動性の低いプードルは繁殖に不向きだし、
物覚えの悪いポメは飼い主のシツケがどうであっても親犬にしてはイケナイのです。

ペットショップもブリーダーも獣医師もトレーナーもついでに愛護センターの職員さんも、
みんなが「ドッグショーに出るのでなければスタンダードなんて関係ない」と言うでしょう。
「スタンダードは傾向であって犬の性格は飼い主次第」とか「ダメ犬は飼い方が悪い」とか。
さらに一般の飼い主はスタンダードと聞けば一に体重二に毛色と考える人がほとんどで、
骨格の個体差を無視して標準体重に収まるよう子犬時代から食事制限をしてみる人がいたり、
反対に規格外だけど自分は愛犬を愛してるから関係ないと表現してみたり。

そうじゃないんですよ。
飼い犬がスタンダードから外れた性格なのは、なにも考慮されない繁殖で生まれたから。
性格・性質・犬種特性は、持って生まれたものが大部分なんです。ほんとに。
持って生まれた性質とは極端に言うと年単位でケージに閉じ込めて飼い続けたって消えるもんじゃない、
だからゆっくりしか歩けないちわわは繁殖には不向き、
他の生き物に攻撃的なダックスも浮き沈みのある臆病なヨーキーも、繁殖に向かない犬。





***********************************
***********************************
2013年12月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************



そらくんがんばれ月間
banner (2).gif
よかクリアー (よかったらクリックで応援してねって意味です)


「ツイート」の右となりの「ブックマーク」をクリックするとmixiやその他ソーシャルボタンが出ます。
posted by あきこ at 23:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 犬の繁殖・乱繁殖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

犬を小型化する、とは


先日いただいたお題でブログを書こうと読み返したところ、
「小型化」についてなんにも書いてないことが判明しました!
自分にビックリです。
とりあえずフリー写真を載せてごまかします。(こいつ顔が真剣すぎでカワイイ)(なにその正しく揃えたおててwww)
file000749156170.jpg


犬を小型化するとは、小柄な犬が生まれるような組み合わせで繁殖をおこなうことなんですが、
その組み合わせをするためには、ある程度の範囲内で均質なオスメスを親に選ぶ必要があります。
なぜなら、体高が高くて体格の良い犬から元気なミニミニサイズ犬ばかりぽんぽん生まれないと、
誰だって知ってるし予想できることなんですね。
スタンダードプードル同士の交配からはふつうスタンプーだけが生まれるってことです。
スタンプーからスタンプーとトイプーがいつも半々生まれるなんてことはないですねって意味です。

体のサイズだけの話だと、同じ犬種同士から生まれる中には小さいのも大きいのも出ますが、
小さいと言ってもふつうのロットワイラーから成犬体重が2キロのロットは生まれないし、
同じように大きいと言っても50キロを越すビーグルはいない、あり得ないと実は誰もが知っていて、
(体重50キロの体格で盗み食いをされると思うとマジで背筋が凍りつく。絶対いらねーそんな犬)
いくら突然変異が起きてもロットはビーグルを生まないことも皆さんご存知のとおりです。

つまり小柄な犬が生まれるような組み合わせとは、小柄なオスとメスを交配させて、
親のどちらに似ても小さいのが遺伝するといいなーといった、ほのぼのしたものなんです。基本的には。
最初の世代でほのぼの願ったとおりに小ぶりサイズが1頭生まれればそれを親にして、
同じやり方で誕生した別の系統(血統)の小ぶりサイズ犬と掛け合わせる、
別の系統がいなければ親犬や兄弟犬も含む親戚犬など近場で済ませることはあるけれど、
犬の乱繁殖話題でよく聞く「小型化は近親繁殖の結果」は思うより少なめです。

たしかに近親繁殖を繰り返すと、専門用語で近交退化と呼ぶところの現象が目に見えて起こりやすくなり、
具体的には劣性遺伝病発症の増加と体格(骨格)のサイズダウンが現れやすくなるのですが、
サイズダウン・小型化は1代目に必ず起こるわけではないし起きても微小なので非現実的です。
近交退化は近交係数という「同じ遺伝子を持つ確率」を計算し数値から傾向を考えるもので、
畜産分野とくに和牛と乳牛でかなり研究が進んでおり、ネットで簡単に情報を得られます。
が、あくまでも確率ですから参考程度に。

劣性遺伝病の増加というのは(常染色体劣性遺伝を当ブログではARと略します)(同じく優性はADです)、
血が近づいたから隠れていた病気が出たんじゃなくて
どんなに健康で病気知らずな犬もARの病気の遺伝子を5種類10種類20種類と持ってるものです。
そしてADの病気の遺伝子は1種類以上持っている犬が多いだろうと考えられます(高齢発症など)。
もともと。
どの犬も。
だってワタクシたちヒトでさえそうなんですから。

犬種に関わらず純血種も雑種もみんなが数種類の病気遺伝子を持っているけど、
ARだからその遺伝子を1つ持っただけでは発症しないしたいていなんの影響も出さないので、
その犬を見ただけではどんなに偉くて凄い学者さんでも全くわからないんです。
ついでに「無理な小型化をされた純血種」を気の毒に感じている人がいるかもしれませんが、
小型犬種しかかからない遺伝の病気なんてものは、たぶんありません。

結論。
ティーカッププードルと呼ぶトイプーよりさらに小さなプードルは、
思うほど「無理な繁殖」をさせられているわけでもないだろうと思える。
ただし、だからといって乱繁殖じゃないとは到底言えない。
ティーカッププードルを作りまくって売ってる繁殖者は、
目に見える心身の異常がその犬や親犬たちに出ていなくても、
ワタクシ風に言うとザンネンぶりぃだぁでしかない。




***********************************
***********************************
2013年12月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************



そらくんがんばれ月間
banner (2).gif
よかクリフハンガー (よかったらクリックで応援してねって意味です)(プロットじゃなくて映画の方、スタローンの吹き替えは羽佐間さんが好きなんだにゃ)


「ツイート」の右となりの「ブックマーク」をクリックするとmixiやその他ソーシャルボタンが出ます。
posted by あきこ at 21:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 犬の繁殖・乱繁殖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

小型化と弊害


人気犬種を小さくするために無理な繁殖をして下半身麻痺や目の無い子が生まれている
という話をネット上で見かけたといういちごままさんからの話題提供です。
毎度どうもありがとうございます。

小さく誕生させられる人気犬種の有名どころは現在ティーカッププードルが代表的です。
ティーカッププードルとは皆さんご存知のように俗称に過ぎず、
1990年代の終わり頃にアメリカの雑誌(名称など詳細はわからなかった)に写真が載った、
生後1ヶ月くらいの1頭のトイプーの子犬が紅茶用のカップに半身がすっぽり入っていたそうで、
その前からアメリカのトンでもぶりぃだぁは極小型犬の小柄な子犬をティーカップパピーと呼んでいて、
そんなこんなでティーカッププードル人気が我が国にも飛び火した模様。

-----
ティーカッププードルのブリーダー(ケッ)が自分のとこだけは病弱な未熟児とは違うー
みたいなことをどいつもけっこう主張してるけどあれはまずアテにならんのでご注意を。
何がプードルの遺伝病かなんて全然わかってないから。ほとんどが。
全部が健全性に問題のある未熟犬だって言うわけじゃないけどね、
たいていパテラは避けられないとかほざくレベル、パテラに種類があるのとかも知らん人ばかり。
-----

余談ですがウチの心の友が毛色のマールの遺伝的作用を知るにつれ、
マールの毛色が気持ち悪くなってきた、みたいなことをよく言ってるんですが、
ワタクシは顔バリしない(似合わなくて出来ないも含む)プードルや性質に難アリすぎの赤系トイプーや、
体重1〜2キロ台のトイプーを見かけると気の毒さが高じてキモチワルくなりゲンナリします。

プードルのオリジナルはドッグショーの花形、スタンダードプードルですが、
(ワタクシの友だちになってくれたモルダくん、友情出演)
2800858_2018524536_96large.jpg

諸説はあれどかなり古い犬種で、トイプーは18世紀にすでに存在したらしいです。
(絵は下手だわ写真も下手だわ・・よくペットブログを書こうと思ったもんだなワタクシ)

で、今やプードルは国内第一位の人気犬種で、プードル系の雑種も含めると、
1年間に誕生させられるプードル・プードル系の犬は軽く20万頭を超えていることと予想されます。
往年のミニダックスにその乱繁殖ぶりは及ばずとも、ヒドイプードルは今後も減らないでしょう。
「どういった繁殖が無理な繁殖に当たるのでしょうか」の答えは、20万頭/年(予想)です。
親犬にすべきでない犬が交配させられまくり=無理な繁殖。

親にすべきでない犬とは繁殖に向かない犬のことですが、
この言葉だけで自分や愛犬を否定されたと感じられる方はものすごく多いです。そんなんじゃねーっつの。
あ、この問題だけで記事を一つ書いても良さげかも。
なので詳しいことはまた次回にしますが、繁殖に向かない犬がいるのと同時に、
組み合わせてはいけない繁殖というのも山ほど存在するんです。
前者は優性遺伝、後者は劣性遺伝の話に繋がるもの。

「下半身マヒ」と「目の無い犬」については該当する遺伝性疾患がいくつかあります。
少なくとも次にあげる点は「無理な繁殖」とイコールにはならないので、

・体のサイズが小さい犬を親にする
・販売単価の高いレアカラーや極小を親にする
・民家やビルの片隅にケージを並べ運動もさせない犬を親にする
・下あごが溶けたり乳や外性器がたるむほどでも発情期ごとに毎回連続で出産させる

犬の乱繁殖に反対するならやっぱり面倒だけどいろんなことをある程度知るべきなんですよね、、
ハッ。
いちごままさんたらさてはこれが狙いね(笑
「繁殖に向かない犬」「組み合わせてはいけない繁殖」「下半身マヒ」「目の無い犬」っと、
4つもお題をもらっちゃったのでお礼のキスマーク





***********************************
***********************************
2013年12月現在 新飼い主募集中  当ブログ内の記事  北陸わんの里親探し
hokuriku
バナーをクリックすると北陸わんに飛びます
***********************************
***********************************



そらくんがんばれ月間
banner (2).gif
よかクリアクリーン (よかったらクリックで応援してねって意味です)


「ツイート」の右となりの「ブックマーク」をクリックするとmixiやその他ソーシャルボタンが出ます。

posted by あきこ at 22:03| Comment(7) | TrackBack(0) | 犬の繁殖・乱繁殖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。