2011年01月08日

犬の不妊処置 手術済みのご意見

犬の避妊去勢(不妊処置)についてのアンケートからです。
手術をしない理由をどうぞ教えてくださいといった意味で設置しました。
なぜなら大半は知識のすれ違いといいますか
もっと簡単にいえば多くが誤解だからです。

現在の結果は「すでに手術済みだ」が51.5%、
「わからなくて悩んでいる」が9.9%、
なんらかの理由を選んで「しない」とのお答えが38.6%。

さて、しない理由への誤解を解くという意味でワタクシの見解を述べる前に、
すでに不妊処置を済ませた飼い主さんのご意見をちょっと拾ってみました。
いちいちレス形式にしているように見えるかもですが、
独創性にまるで欠けるワタクシの発言のきっかけのためにお借りしたまでです。


: アメリカの学会で避妊去勢した方が長生きと発表があったそうです。 (女性)

「発表があったそうだ」の段階で精査せずに決断してしまうと、
万が一手術が失敗に終わったとき「アメリカの学会」を恨みたくなりませんか?
ワタクシは不妊処置をするかしないかで迷うくらいなら
まずはとっとと済ませてから考えを広げろとは思いますが、
こういうご意見には賛成しかねます。

避妊去勢した方が長生きしますよもちろん。
木の芽時の脱走が減ることで事故に遭う確率が下がり
過度なテリトリー意識が薄らぐことで諍いが減り
性ホルモン由来の病気の発生率は格段に下がりますし。
具体的な数字が非常に出にくいことなので信憑性に欠けると思われがちですが、
平均的な寿命が延びるであろうことは獣医学会に頼るまでもないです。

: 保護犬ダックスメス2歳 (女性/50代/神奈川)

愛犬が保護犬だったから、ということかな?
愛護団体経由であればそこで手術済みだったということも多いですね。
それを残念がる人間は案外と多いもので、
不妊処置問題はけっこうレスキューの足を引っ張ります。

: 言葉は悪いですが、「ヤリたくてしょうがないっ!」という状態が続くほうが精神的にかわいそう。 (女性/30代/神奈川)

そういうことですね。本当に可哀想。
あ、たとえば不妊手術時の麻酔が怖いってよく聞きますが
何らかの手術ミスで回復が遅れた場合「カワイソウで涙が止まりません」
系の応援レスをわりとしょっちゅう見かけます。
じゃあ「ヤリたくてしょうがないっ!」にも涙を流せよ
と考えたりつい言ったりしてしまうワタクシもそこそこカワイソウです。攻撃されて(爆

: 悩んだ末に決断しました。 (女性/30代/北海道)

おつかれさまです。

: 一般の人は、避妊・去勢するほうがいいと思います。 (女性/40代)

しなくてはならないと言ったほうが色々な意味で正解ですが
もっと正解なのは「一般の人は」の部分が間違いで
「スタンダードからはずれすぎた犬は」に代表される「ブリーディング個体以外は」
避妊・去勢してあげなきゃ可哀想ですねぇ、です。

: 自分が飼えるペットの頭数限界を知ってるから。 (男性/30代/神奈川)

一見すばらしいお覚悟ですが限界になるまで殖やすのは可、なんでしょうか。
もしそうだったら間違いですと言わざるを得ません。

: 不幸な犬が多すぎます。また長生きになってきて病気の予防だともいいますので賛成派です。 (女性/60代/東京)

不幸な犬・・貰い手がないばかりに殺されている犬や
遺伝病で不便を強いられたり苦しんだりさせられている犬や
出産マシーンと化して一生涯不当に扱われる犬なんかでしょうか。
不幸な犬は元々幸せな繁殖で誕生したはずなんですよね。

: 毎日たくさん仔犬が処分に持ち込まれているのを見ています。手術しないのは虐待だと思います。 (女性/40代)

仰る通りです。

: 手術しておけばならずにすんだかもしれない病気の手術にいくつも立ち会ったので (女性)

メスの子宮蓄膿症や乳腺腫瘍、オスの会陰ヘルニアや肛門周囲腺腫が有名どころ。
あとメスは卵巣腫瘍オスには精巣腫瘍や前立腺肥大。
このうち乳腺腫瘍・会陰ヘルニア・肛門周囲腺腫・精巣腫瘍は遺伝性疾患と判明しています。
(たぶん他の病気も遺伝的な背景が原因の一つだろうとは思いますが)

生殖器・性ホルモン由来の病気予防をメリットに掲げる意見に対し、
「うちのメス犬は18歳ですが乳腺腫瘍なんか一度もなってません」
的な反論?が出る場合があります。
その犬は乳腺腫瘍を起こす因子が少ないとか持たないとかそういう体質であるだけで
実はまったくアドバイスにはならないという豆知識。

: ♂と♀の二頭を飼っていますが、どちらも仔犬のときに手術を受けて正解でした! (女性/40代/大阪)

最近は生後6ヶ月が手術可能時期の目安という獣医師の意見を見かけるようになってきました。

: 乳腺腫瘍の再発防止で避妊。摘出した子宮に病気が見つかりました。

子宮蓄膿症はやや重症にならないと病状がわかりにくいですね。
上にも書いたけど乳腺腫瘍は遺伝性疾患なので血縁犬に知らせてあげてね。

: 今の子もうまれてきたものの、いらないのか里子に出された子です。こんな子は増やしたくありません。 (女性/30代/北海道)

そういうことです。
ただ、「里子」に出された犬だからこそ家族を持たせて幸せにしてやりたい(はぁと)
的な方がけっこういらっしゃって残念に思います。

: 避妊去勢賛成派(爆)病気、特に雌に起こる生殖器の疾患を考えれば、手術を行った方が良いのです。 (男性/50代/千葉)

子宮蓄膿症は発見が遅れたり放置すると死ぬしかないし、
乳腺腫瘍がいったん発生すると50%は悪性だそうで、なんでしょうが。
不妊手術をおこなったほうが良いご意見には全面同意でも、
病気予防のために手術をするのだという考えは間違い。




 北陸わんのため よろしくです
 ranking-green.gif





posted by あきこ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不妊処置−避妊と去勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

避妊去勢に反対〜!

のアンケートを作りました。
どちら様もお気軽に投票しちゃってくださいまし。
←左のサイドバーに設置してます。

人気ブログランキングの投票機能でございまして題して
犬の避妊去勢 〜避妊去勢をしない理由〜

無いノーミソを揺すりながら選択肢を決めてみたんですが
出来栄えは完璧には程遠い・・
作成者は後から修正したりもできるみたいなので
こんな理由もあるんですけどーみたいなご希望はご遠慮なくどうぞです。

あと多分、性別・年齢・地域は非選択のままで投票ボタンを押せます。
そもそもどこのどなたがどれを選んだってのはワタクシにはわからないです。

posted by あきこ at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 不妊処置−避妊と去勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

去勢避妊をせい

 動物愛護法第37条

 犬又はねこの所有者は、これらの動物がみだりに繁殖して
 これに適正な飼養を受ける機会を与えることが困難となる
 ようなおそれがあると認める場合には、
 その繁殖を防止するため、
 生殖を不能にする手術その他の措置をするように努めなければならない。


 よく見聞きするもので
 繁殖制限の重要性を理解している獣医師などの立場のかたの言葉に
 「繁殖する予定がないのなら去勢避妊をしましょう」
 ってのがあります。

 ちょっと待ってよ、無責任ね。

 本当はそうなんですけどね。
 いまのところ日本の風潮では繁殖するしないは飼い主の勝手、
 みたいな部分がありますので至極当然のお言葉のようですが
 繁殖はとっても奥が深く膨大な知識を必要とする命を作り出す行為です。
 ウチのオス犬とお宅のメス犬で子犬を産ませましょう♪
 それは繁殖とは言えません。増殖なんですね。

 血統を読むとか考えるなどの言葉があります。
 普通これを聞くと、ウチの子は血統書にこだわっていないから
 と返されて、そうよね、ミテクレが少々不足していても
 可愛い愛犬にかわりは無いから難しいことはいいわよね
 と、納得しかけてしまいます。

 ここが勘違いポイント其の一でございまして
 優秀なチャンピオンの血統≠ネどはどちらかと言うと
 ほとんどアテにならなかったりするもんなんです。
 だって、そこいら中にゴロゴロしている遺伝性疾患。
 それって、チャンピオンたちが広めたものが多いから。
 遺伝性の疾患は重篤なものばかりでもないので、
 大事な愛犬が遺伝で伝えてはイケナイ何かを持っていても
 気付かずに子孫に受け継いでしまっているケースが多いです。
 それが発症ではなくてキャリアだったりしたら余計そうですね。

 遺伝性疾患を持つ犬を減らしたい。

 これは誰もが願うことだと感じています。
 
 ただ・・
 ちょっと皮膚が弱め
 なんだかちょっぴりフケ症
 走ると疲れるみたいで散歩が好きじゃない
 何度かブツブツが出来るけど心配ないと病院で言われた
 この子はもともと骨が細いから脱臼しちゃうの
 少しだけアレルギーがあるけれど飼い主に似たんだわ
 毛が多量に抜けることがあるけどこの犬種にはよくあること

 なんでだか個性≠竍犬種≠ナ片付けられている、
 ほんのちょっとした他個体との相違点。
 遺伝子が危険信号を発しているのに気付かない場合がたくさん。
 
 生まれつき腎臓が弱めの犬だからこそ子孫を早めに残したい
 というようなお考えもかなり危険なんですが・・。
 



 ブログランキングに参加していますので
 クリックで応援いただけると大変ありがたいです。
美女シスターズ
 

posted by あきこ at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 不妊処置−避妊と去勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

犬、去勢

 多いんですよ
 去勢のメリット、デメリット
 手術の効果、失敗
 去勢後の管理、変化

 で検索してたどり着く方々が。
 ワタクシはこのことについて
 たいした記事は書いてないんで参考にはなってないと思いますよ。
 
 って。
 それだけではあんまりなので、
 うちの場合で気付いたことをひとつふたつ。

 注意:手術をするかしないかお悩みのかただけお読みくださいね。


 オス犬の去勢は、
 しないほうが可哀相です 
 病気でもないのに体にメスを入れる・・
  病気になってから間に合うこともあるけど、遅いことも多いんです。
  ワタクシ自身が統計上の数字を出せないことがもどかしいですが、
  大切にされて長く生きるほど、犬はいろいろな病気に罹ります。
  歳をとって、病気に罹って、弱っているときに行う手術と
  若くて健康なときの生殖器除去手術。回復はどちらが早いか。

 麻酔の事故が心配
  正体のわからないものを恐れている人がほとんどではないですか

  どんな麻酔方法があるか調べてはみましたか

  人の医療もそうですが、医者任せにしないことが大切では。


 性格が変わる、マーキングやマウンティングの増減?
  本質的な性格なんて、何を取ったってつけたって変わりゃーしません。
  よく聞くことのひとつに、タマを取り去ると、
  男らしさが無くなるので大人しくなる、優しい性格に変わるなんてのがあります。

  違いますってば。「変わった」と感じることのすべてが
  子孫を残す本能に由来することだったんです。
  性格が変わったと思えるのなら、その犬は去勢してあげて大正解だったと言えます。
  だって、子孫を残せないのに、その機能だけがあるって・・。

  周りにメス犬がいないから大丈夫ってわけでもありません。
  特に、人間だけに囲まれて暮らしている犬は
  本能の命じるままに、その思いを人間やぬいぐるみなどにぶつけます。
  飼い主が気付いていないだけ、あるいは可愛らしい行動と勘違いしているだけで
  けっこう多くの犬がストレスを溜めていることでしょう。
  社会化に失敗した犬は、犬を同族とは考えずひたすら人間に恋する子もいます。

 
  マーキングやマウンティングの増減・・
  普通、一旦は減ります。
  普通でない場合は手術によるホルモンの減少期と
  犬自身の成長期がすれ違った時期かもしれないし
  手術だけで減少するはずと、躾を怠ったのかもしれません。

  未去勢の犬をチカラ技で押さえつけるマーキング防止の躾と
  去勢したんだから、この態度で当然でしょと正々堂々と挑む躾。
  多分、内容は違いますよね。
  
 飼い主は愛犬の保護者ですから、まず愛犬の痛いことや苦しいこと等の
 不快な状況を取り去ってやらなければ、、、と思います。
 快適な環境に置いてあげた上で初めて、
 人の社会で暮らすルールを教えてあげることが 犬の躾 です。


 去勢手術後、うちの小太郎はエリザベスカラーなしでしたよ。
 獣医さんに持って行きますかと聞かれましたが
 「多分必要ありません」と断りました。
 帰宅後、数回縫合糸のあたりに口を持っていきましたが
 その都度「ダメ」と言って止めて気をそらしてやりましたので。

 散歩も、何かに傷口が触れないよう注意して
 当日からとことこ歩いて済ませましたし
 排尿排便も、もし躊躇する様子なら我慢させてコマンドでさせようと
 その時のために「ちっこ」で出来るようにしていましたが、
 たいした問題なく済んでしまいました。

 小太郎の場合は4針縫って、1週間後に抜糸でした。
 タマは2ヵ月くらいかけて徐々にしぼんでいきました。
 もともと攻撃性のかけらも無いので、変化した点はありません。
 
 と、淡々と書いていますが・・
 手術日は眠れませんでしたよ。ワタクシが。
 1泊の入院で、迎えに行った時なんか涙も出ましたし (笑)。
 ねっ、こたちゃん♪

スッキリ〜 (?)
posted by あきこ at 17:57| Comment(16) | TrackBack(0) | 不妊処置−避妊と去勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

涙の去勢後裏話

 去年・・だったかな。
 散歩中に出会った女の子ビーグルの飼い主さんが
 フレンドリー小太郎を気に入ってくれて
 いいビーグルですね ( まあね・笑 ) って言ってくれて
 ヒートが終わったばかりなので
 次の機会にはぜひ、お婿さんになってください!って

 うちの父が言われたそーな。
 飼い犬を褒められて悪い気はしない。
 父は嬉しそうに「そう言われたんだぞー」と
 話してたっけ。

 
 どうママの贔屓目で見ても小太郎は繁殖に向くタイプとはかけ離れてるし
 第一、血統書ナシだから全然問題外。
 でもそんなことを他人に言われると
 やはり小太郎の子犬時代なんかを思い出しちゃって
 ひとり妄想の世界に入っていたりして。


 で、先月たまたまその飼い主さんに再会したんです。
 その方は社交辞令じゃなかったみたいで
 去勢の事実をお伝えすると 非常にがっかりして
 それでも諦めきれない顔つきで
 小太郎の尻尾を持ち上げて 確認するように覗き込んでいたそうな。

 ( いや、ほんとに 無い から。もう )

 残念ですー、残念ですーと繰り返して去っていった飼い主さん。
 人様をワタクシの決断ひとつでがっかりさせてしまったことと
 妄想の中に出てきたミニ小太郎たちと
 他人様に惚れていただいた嬉しさと
 そして、人間の都合で痛い思いをさせられた小太郎のことが

 ぐるぐる渦巻いて、不覚にも涙ぐんでしまった。


 日頃の
 「飼い犬は不妊手術をしましょー!
  犬の繁殖とは深い知識と大きな責任感と愛情がなくては出来ませーん!
  手術のメリットはたくさんありまーす!
  家庭のペットは不妊手術をすることこそ、愛情でーす!
  こればっかりはアメリカあたりを見習いましょー!」

 とかって、叫んでる勢いはどこへ行ったやら・・・。
 まったくもって勝手なもんです。

 や、だからこそ!
 そんな複雑な悲しい思いをする人が減るように
 素人や自称プロがオスとメスを買って安易に繁殖することが
 世間一般の非常識となる日のために
 何よりも悲しい犬をなくすために
 ワタクシは今日も明日もブログを書くぞ。

 ( あ、かっこつけすぎ )
 ( しかもくっだらないネタの方が多いし、ここ・・・ )

 
  
posted by あきこ at 21:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 不妊処置−避妊と去勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

去勢したら発情しない?


 こんな質問がありました。


 去勢済みのチワワ(オス)2歳10ヶ月がいます。
 先日、Mダックス(メス)9ヶ月を頂きました。避妊はまだです。
 避妊手術はした方がいいのでしょうか?
 できればいずれ産ませてあげたいと思っているのですが、
 先住犬のことを考えるとメスが発情してる時のストレスを考えると・・・。
 それとも去勢したオスは発情期のメスと一緒にいても
 全く興味を示さないのでしょうか?


 さてさて? どこかの偉そうなおばちゃんは何て答えたのか?


 その個体によります。
 若いうち(生後6ヶ月以前)に去勢を済ませたオスであっても
 発情期のメスのニオイで目覚めて、そばにいれば交尾をしてしまうこともあります。
 (精巣が無いから受胎出来ないだけで、交尾そのものは出来るんですよ)
 反対に性成熟後に去勢したオス犬とヒート中のメスを一緒にしても
 一切気にせずにまったりと過ごせるケースもありますので。

 ダックスにいずれ出産を希望されているようですが
 お産の時に母子ともに死んだり、
 ミルクも自力で飲めない障害を持った子犬を死ぬまで育てる
 などの覚悟は出来ていますか?決して脅しではありません。
 ダックスは乱繁殖されすぎていて、本当に健康な子犬を生み出すのは
 プロのブリーダーでも難しいことなんですよ。

 まずは今いる子たちをどこに出しても恥ずかしくないくらいに育て上げて下さい。
 繁殖はそれから・・・考えてみましょう。




 
posted by あきこ at 23:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 不妊処置−避妊と去勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする