2017年10月26日

遺伝病への偏見

遺伝性疾患を隠すのが日本人の特徴と言ってもそんなに間違いじゃなさげです。
ヒトはもちろんそれが犬であっても。
ほんっとこの問題、悪徳業者だけが悪いとは言えないんですよ。
モノを知らない愛誤なバカどもはこう言うと目くじら立てますけど、
悪徳業者と言われる繁殖者にも犬への愛情はあるんですよ。たいてい濃いです。
(無いのは知識。あと勇気?)

遺伝病をなくそう!とか遺伝性疾患を出す店や犬舎は劣悪だ!っと騒ぎすぎなことが、
犬の遺伝性疾患が減らない原因の半分くらいだとワタクシには思えます。
とどのつまり、
犬の繁殖販売業者は遺伝病を「商売の邪魔になる風評被害」と思い、
飼い主さん側は遺伝病を「犬の遺伝子が劣っていること」のように考えがち、
開業獣医師は「あんまり知らない」&「触らぬ神に祟りなし」的な他人事。

といった偏見のほか、あと目立つのは擬人化です。
人間だって病気するんだから犬の病気をある意味「自然」と考える、
飼い主も遺伝病を持っているがそれが悪いのか!!と激高する、
老いと病気がセットなのは当然だとか避けられないと思う、
そんなあたり。

次に素人考えに端を発するカンチガイ系、
純血種と遺伝病は切り離せない、
遺伝子検査ができないなら避けられっこない、
遺伝病かもしれないけど遺伝病じゃないかもしれない、
勘違いの相乗効果で血統書が悪いザッシュサイコー!
的な。

そんなこんなで日本人は偏見から遺伝に変に敏感で繊細な傾向がある気がします。
ワタクシも日本人だからそう思う根拠や気持ちなんかは理解できるのですが、
恥や外聞から隠すと言うよりは根底にあるのは他者への配慮かもしれません。
遺伝病だと言われたら・思われたら・バレたら、カワイソウってのが。
結局は「偏見」でしかないけれど、やっぱり「悪意」はそんなにないわけで。
自分に悪意が無いから自分の偏見を見逃しがち、な悪循環。

そういうあたりが犬の遺伝病が減らないどころかますます増え続ける理由。
病気しない丈夫な掛け合わせだから流行りだしたはずのF1雑種が遺伝病だらけな理由。
世界一犬の遺伝病が多い国の座に居続ける理由。
近頃そんなふうに感じています。

偏見は、学ぶことでしか直せない。
逆に言えば学びさえすれば人間性を変えたりしなくても客観視できるようになるはず。
→ホームページを見てネ★

擬人化は、いつも同じ言い回しになってしまうけど、
犬は自然には増えないということを腹から理解しなければ。
→説明文を考えてみよう。

・・・・・
犬は必ず人間の手によって生まれてきます。
子犬を産むのはもちろん母犬ですが、生み出しているのは飼い主、人間です。
飼い犬が1頭だけだろうが100頭いようが、
どのオス犬とメス犬と掛け合わせるかを決めているのは人間ですよね。
犬の意思は入らないし自然の摂理も飛び越えています。

ということは生まれた子犬が持っている遺伝子は人間が選んで渡したものです。
とりあえず病気のあるなしに関わらず。

わたしたち人間は妊娠中に「元気な子が生まれてくるといいな」っと願います。
ふつうのことだし正しいことですよね。
それを犬に当てはめてしまうと繁殖における究極の擬人化です。
自称プロのブリーダーも、それから素人繁殖者もけっこう言ってますよ。
「元気な子犬が生まれてくるといいな」って。
「万が一カラダの不自由な子犬が生まれても可愛がろう(あるいは売ろう)」って。
・・・・・

ながい。飽きる。これじゃあダメだ・・・・・。
いい案あったらコメントくださーい。




これってマジで。

posted by あきこ at 20:00 | Comment(7) | 遺伝性疾患を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

殺処分減

8月末にニュースや新聞なんかで見たかたも多いでしょうが、
昨年平成28年度の殺処分数が前年に比べて大きく減少しましたよね。

グラフよりこの図のほうがわかりやすい
ss.jpg

(出典;https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/statistics/dog-cat.html
環境省統計資料平成28年度犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況)

怖いのは犬の「返還・譲渡数」です。
ほぼ10年間、年に3万頭ずつ誰かに貰われています。
「犬を飼える人・世帯」は年々減少しているのに。
ってのは数字をまとめた環境省もわかっているようで、
愛護団体が全国にあるからとりあえず貰ってくれて殺す分が減った(大意)、
ときちんと把握してはいますが。
(わかってんならちょっとは金出して協力しろよとも思いますが)

JKCや日保など大手犬籍団体の登録数は減る一方、
犬籍が無関係な雑種が流行っているとはいっても爆発的な数でもなし、
そして誰もが知るように少子高齢化の我が国、
総合すると「犬を飼える人・世帯」が年々減少しているという結論になりますよね。

・・・・・・・・・・。
(いろいろ飲み込んでる)

今晩はこのへんにしておきますか。
反動が少なきゃいいですよね(「反動」自体は避けられんだろ・・)。




環境省のマッチングに言及したポスター見て激しく脱力してます

posted by あきこ at 20:00 | Comment(0) | 殺処分・保護問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

不要犬バンザイ

[保護犬] ブログ村キーワード


↓こういうの本気で止めようとせず野放しにすると、
やっぱり類似がどんどん湧く印象ですね。
2013年11月08日 レスキューごっこは ×

年数経つごとにいっそパワーアップしてるわ。まぎれもない保護ビジネス。

たまたま目に付いたレスキューごっこを1箇所紹介。

ドッグシェルター&ブリーダーズ・アンテナショップ
子犬のしあわせエージェント
ユニーク・ドッグ・ジャパンさん
http://uniquedog.jp/


ひっどい低クオリティ。
一部引用します。
mirac.jpg

( 画像出典;http://hogo-one.jp/group/4 )

犬種として、というか、生き物として低すぎるクオリティの犬が、
「ホゴシテクレルココロヤサシイヒト」を頼って、

今日も明日もバカスカ生まれるわ。



明後日も。明々後日も。来週も。来月も。ダッテキットダレカガホゴシテクレルカラ。





そしてこの犬を「買う」人は「うちの犬は元保護犬です」ってか
posted by あきこ at 20:00 | Comment(2) | 殺処分・保護問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

チワワの色素遺伝子

[毛色遺伝子] ブログ村キーワード


チワワだけは遺伝の仕方が違うというブリーダー(全体的に大爆笑)がいますが、
チワワもちゃんと遺伝の法則にしたがって生まれてます。

file000996208976.jpg


対立遺伝子の種類が多いからチワワはいろんな毛色があるんですよ。
頭数が多めで知名度の高い犬種では最多でしたっけ?毛色の数。
久々なのでいろんな意味であやふやです。
間違っている箇所があれば都度直しますので賢いかたはご協力ください。
以下はあくまでも基本です。

チワワの色素遺伝を知りたい人のための入門編

Aシリーズ ユーメラニンとフェオメラニンの分布域
ay  ay/ayというホモ接合でレッド
aw  ホモ接合とヘテロ接合上位でバンデッド、ヘテロ接合下位ではブランケット
at  ホモ接合とヘテロ接合上位で「&タン」、ヘテロ接合下位ではシェード、グリズルの条件その1
a   ホモ接合のみユーメラニン100%

awがフォーンの基本かもしれない。でもあまり真剣に考えたことがない。

Bシリーズ ユーメラニン
B   黒
b   レバー(あるいはチョコと呼ぶ)

Cシリーズ フェオメラニン(の濃淡か?)  ※このシリーズは遺伝子未確定
C   作用せず
cch  ホモ接合時のみクリーム
ca   ホモ接合時のみアルビノ

※アルビノも含め暫定的というか仮のものですこの座。

Dシリーズ ユーメラニンの希釈
D   希釈しない、作用せず  
d   ホモ接合時のみ希釈する、ブラックをブルーに、レバーをイザベラに

※フェオメラニンには作用しないのでブルーフォーンのようなわかりにくい毛色になる。

Eシリーズ メラニンの分布域と分量 色素ポイントに影響大
EM  ブラックマスク
EG  条件が揃った時のみグリズル
E   ユーメラニンの拡張
e   ホモ接合時のみユーメラニンを制限しフェオメラニンにしてしまう

Kシリーズ ユーメラニンの分布域と分量
KB  Aシリーズに対して顕性でフェオメラニンはすべてユーメラニンへ
kbr  ホモ接合かヘテロ接合上位のみブリンドル
ky  ホモ接合時のみ作用せず、グリズルの条件その2

Mシリーズ 両メラニンの色素を抜く
M   メラニンをランダムに切り継ぎ、両メラニンともに作用
m   ホモ接合時のみ作用せず

Sシリーズ メラニンの別なく白斑が覆う
S   不完全顕性の可能性。一応ソリッド因子
si  ホモ接合とヘテロ上位接合時アイリッシュマーク配分
sp  ホモ接合とヘテロ上位接合時パーティーカラー配分  
sw  ホモ接合時は全身の毛がほぼ真っ白

アイリッシュマークとパーティーカラー配分は因子1つだけだと胸や四肢の先に小範囲に白。
swもおそらく同じように出ると思われる。

-----
リクエストくださったかたへ
現時点でワタクシが把握できている分なので間違いがあるかもしれません。
が、ミスがあったとしても大筋は変わらないはずです。はず。

このほか「Gシリーズ」「R(T)シリーズ」はワタクシがよくわからないので外しています。
「退色」と「ローン柄(ティッキング)」シリーズなので後回しでもなんとかなるし。
また、上記のうちCシリーズとSシリーズの遺伝子の正体が現在ではまだ不明です。
なので今後外国の研究者さんたちによって内容が変わる可能性があります。
が、他の因子もそうだったように大まかな考えかたはそんなに間違いがないと思われます。

というわけで上記にあげた各遺伝子座の対立遺伝子はこういうのがあるという紹介ではなく、
「チワワという犬種内に存在していると考えられるもの」です。
ね?ラブと比べたらその違いがよりわかるでしょ?
チワワのリクエストを出したらラブを書かれて内心困ってませんでしたか?(笑
比較のためだったのでした。

このようにチワワは対立遺伝子の種類が多いので、毛色が豊富な犬種なのです。
ただし1頭のチワワが対立遺伝子をたくさん持っているのかと言うと、
当たり前ですがそういうことはなく、他のすべての犬種や雑種と同じように、
1つのシリーズにつき因子を2個持っていて、その組み合わせで表現型が決まっています。

書かれていたように「ダックスは毛色遺伝がよく知られているけどチワワは不明」とは、
「そのチワワ鰤さんの認識」が不明になっているだけです。つまり知らないだけ。
自分がわからないからチワワは他と違うから難しいとかって言ってるだけ。
チワワもちゃんと遺伝の法則にしたがって生まれてますよ(笑
それにしても「なに色でも許される」をはきちがえた馬鹿者ばかりなので、
マールを早めに非公認毛色にしたのは唯一GJでしたねJKC。




病気がちじゃない2キロ未満のちわわってあのウルウルのCM以降なんびきいるんでしょねー?
posted by あきこ at 20:00 | Comment(4) | 毛色の遺伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

ラブラドールの色素遺伝子

[毛色遺伝子] ブログ村キーワード


リクエストをいただきました。ネタ提供ありがとうございます。

ラブラドールレトリーバーはご存知毛色が3色の犬種で、
犬の毛色の遺伝そのものを考える際の入門編として知られています。
チョコラブの配列は「bb EE」か「bb Ee」ってやつです。

2800858_1124461838_90large.jpg

参考写真;いわゆるダッドリーイエロー b/b,e/e
かなり前に毛色説明時用に使用許可をいただいた写真なのでこのコももうお空の上かな。


BシリーズとEシリーズの組み合わせ図を使った説明を長く公開されておいではこちらさま。
C.K.Beck犬舎さんのチョコラブのコートカラーのページ
http://www.eonet.ne.jp/~ckbeck/chocolate1.html

そして文字だけですが非常に丁寧な説明のサイトはこちら。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4312220&id=44162750
超お勧めなのは身内びいきだけでもないんですよ。
このヒトは犬の色素遺伝子を学びだすのにダックスから始めたんです。
いきなり上級編というか最終研究段階とでもいうべき究極の犬種(笑
(って笑ってるのはワタクシも同じだからです。笑うしかないよね)
だからこそつまづきやすそうなポイントが考慮されているので読めば読むほど親切なんですよ。

そんなこんなで、入門編は上記mixiや他の図説サイトで納得し終わったら、
BシリーズとEシリーズ以外の遺伝子座も一緒に頭に詰め込んでください。
ではどうぞ。


Aシリーズ 
両メラニンの分布域と分量を決定する座で対立遺伝子は4種類(全部潜性)。
ラブはどの因子があってどれはないのかが不明な犬種。
1種類だけなのか4種類すべてあるのかまったく不明。

Bシリーズ
体表のすべてのユーメラニンがブラックなのかレバー(チョコ)なのかを決める。
B 顕性因子なのでホモ接合でもヘテロ接合でもユーメラニンは黒のみ。
b 潜性因子なのでホモ接合時のみユーメラニンはレバーになる。

※Bシリーズは必ずどちらか一方のみが表現される。
「ブラック&チョコ」的な配色の犬が存在しない理由。

Cシリーズ
現時点ではフェオメラニンの補完と考えられる座で、
そうであるならラブは潜性のcch固定ではとワタクシは考えている。
ラブならばどのラブもcch/cchのホモ接合。

C座については遺伝子検査はまだできないので想像のみ。

Dシリーズ
ユーメラニンの希釈の座なのでラブは代々D/D固定の犬種。
ブルーラブ、イザベララブが存在しない理由。

Eシリーズ
対立遺伝子は4種類あるが、その中の2種類が犬種内に継がれている。
顕性のEと潜性のeの2種類。
EE 顕性ホモ接合。他シリーズで決定された両メラニンを後押しするような働き。
Ee ヘテロ接合。働きはEEと同じ。
ee 潜性ホモ接合。他シリーズで決定されたユーメラニンをフェオメラニンに変えてしまう。

ブラックマスクのラブがいない理由。

Kシリーズ
ラブの毛色は3色あるが柄や模様のないソリッドカラーのみ。
ということは顕性のKB固定という証明になる。KB/KBのみ。
ブリンドルやブラックタンがいない理由。
片親がラブの雑種は相手の犬種が何であってもKB/*を持って生まれるので基本ソリッドが多くなる。
片親がラブの雑種にブラックタンが出にくい理由。
たとえば黄ラブ×ゴールデンレトリーバーで黒が生まれる理由。

不思議に黒毛の雑種が目に付く感じの検索ヒント
Popular Labrador Retriever Mixes で画像検索。ポピュラーは無くてもそんなに変わらないかも。

Mシリーズ
犬種内にマールを持たないほかのすべての犬種と同様にラブはm/m固定の犬種。
マールがいない・マール柄のラブが生まれないということは、
マール(の遺伝子座)が無いのではなくて、
代々非マールの潜性(劣性)因子だけを子に伝えているから。

このことはマールの犬との間に簡単にマール柄のラブ雑種が何頭でも生まれるからそれが証明になる。
そして遺伝の法則を知っていればテストをしなくても充分正しい予測がつく。
毛色だけではなく性質や体質にも同じようにあてはまる。
それが育種。ブリーディング。ブリーダーがしていること。
増産業者や工場式裏庭生産とはそこが違うのにブリーダーならひとくくりに同じと広く思われている。

Sシリーズ
これも考えかたはマールなどと同じ。
ラブはSシリーズは代々S/S固定、だから白斑のラブがいない。ソリッドのみ。
ラブの祖先犬種セントジョンズウォータードッグが四肢の先などが白い犬で、
その血がメダル(胸の白斑)となって時折現れるとされているが、
その祖先は500年も前の話なので、かなり苦しい言い訳に聞こえる。

S座の顕性因子は、不完全顕性か、あるいは不完全顕性ちっくに働くので、
たくさんの犬種に胸や四肢の先の少量のミスマークが存在している、
のかもしれない。ラブもそれと同じ。祖先の血は無関係なくらい薄れてるはず。

-----
以上、毛色の因子の話以外のラブについての諸情報はお手軽ネット検索を基にしています。
ので、もし間違っている部分があったらご存知のかたは教えてくださいね。



明日はチワワでこれやります

posted by あきこ at 20:00 | Comment(2) | 毛色の遺伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

デメリットの皮膚病も根拠ナシ

[去勢避妊] ブログ村キーワード

話題がホットなうちにまとめておくほうがよさそうですね。
心の友よ。ネタ提供に感謝だわ。

「去勢手術後に皮膚の状態が変化した(悪くなった)」と思える例に対しての意見。

ネット検索してみたらガセネタの氾濫っぷりに驚きました。
ひどいわこりゃ。どこもかしこも。
避妊去勢のデメリットを調べようとしている人が騙されるのも無理ない。
無理はないけど冷静に考えてみて。
お医者さんじゃないんだからホルモンの何もかもを知れなんてもちろん言わないけど、
「医学的根拠が有るのか無いのか」くらいは気にしようよ。

-----

避妊去勢をしたせいで皮膚病になる的に書いているサイトが現在多数ありますが、
獣医学的根拠が何も示されていずただの噂レベルの憶測によるものだったり、
別のサイトに書かれてある文章の一部をコピペしたようなものだったり、
主に腫瘍が原因のアンドロゲン過剰やエストロゲン過剰状態による性ホルモンバランスの乱れの病気の例を勝手に避妊去勢に置き換えたアタマの悪い創造だったり、
果ては卵巣と子宮を取り違えているのに気づかず尤もらしく説明してみるなど、
残念ながらザンネンなサイトばかりが目立っていますね。
ページ内のその他の部分はそれなりに正しい情報もあるから余計タチが悪い。
(パナ爺氏のように全体的に偏っているとその意味では返って親切です)

あちこち読んでこの問題の原因は素人考えのこじれだと思われました。
ほら見ろだから浅慮だと何度、、っと言いたくなりますが、
や、でも、このブログよりもずーっと本格的っぽいデザインのサイトばかりだから、
あっちやそっちに書いてあることが本当っぽく見えてもしかたないね(笑

ひとつ例をあげてみましょうか。
「犬のホルモン性脱毛」で検索。
上位ヒットしたサイトはペット生活さん。獣医師監修っとデカデカと書かれていますね。
必要箇所のみ引用します。
http://pet-seikatsu.jp/articles/55848
犬のホルモン性脱毛症の原因について
性ホルモンによるもの
先天的な卵巣異常、もしくは後天的に起こる精巣腫瘍や避妊去勢手術に伴うホルモンバランスの変化などによって性ホルモン分泌に異常が起こり脱毛が起こることがあります。
避妊去勢のせいで脱毛が起こる例があると書かれていますね。まことしやかに(笑
次にこちらをご覧ください。
光が丘動物病院グループさんの獣医師が書くブログ
http://makasetakunaru-kyoseitohinin.net/2970
ホルモンの影響による皮膚の脱毛。 それって避妊が原因なの?
動物病院で犬が「ホルモンの影響による脱毛」と言われた場合、精巣や卵巣を中心に作られる性ホルモンの病気を指していることはほとんどありません。
犬では性線以外の内分泌器官から分泌されるホルモンによる脱毛症の方が一般的だからです。

んね?素人考えのこじれでしょ?

えー。
話の流れで去勢メインになっていますがメスの避妊も大部分が当てはまります。
オス犬の去勢手術で極端に減少するホルモンとはアンドロゲンとテストステロンがほとんどで、
(正確にはテストステロンはアンドロゲンに属するステロイドホルモン)
男性ホルモンという言葉が一般的でしょうが犬の話なので雄性ホルモンのがいいかな。
まず大前提。
雄性ホルモンには「皮膚の状態を健康に保つ」、
みたいな作用がそもそもありません。

上記で紹介した獣医師監修じゃなく獣医師が書くほうでもこの説明がありますね。
少量の女性ホルモンも精巣から分泌されるそうですが元々少量なので割愛します。
精巣の他は副腎からも分泌がありそちらは去勢手術をしても当然影響はありません。

この副腎からも分泌されるという点が実は重要なポイントでして、
生命維持に直結する体調管理の面に必要な分は副腎から分泌されている、
のが常識と言えばいいのか当然と言うか当たり前田のクラッカーです。
生殖器(この場合精巣と卵巣)から分泌される分は、量は多いけれど使い道が生殖オンリーなのです。一応「基本的には」っとしておきます。

そして「量が多い」とは言っても四六時中分泌されっ放しではありません。
発情期が明確な動物は発情した時のみ性ホルモンが多量に働くんです。
メスなんかとくにそうですよね。発情サイクルによってホルモンに出る出ないがあるのに。
この説はその仕組みが全解明はされていませんがふつうに誰もが知っています。
科学的なことはわからなくても感覚的に世界中で長い間知られているのに、
近頃の日本の一部の犬の飼い主だけが擬人化や過保護をベースに大騒ぎ・・・・・・。

「ホルモンは生命維持に不可欠」を素人考えでこじらせると、
去勢で雄性ホルモンの分泌量が減少→バランスが崩れた!っとなり、
誰も彼もがまるで事実のように「ホルモンバランスが崩れる」と口にします。
元々ヒトの更年期の期間に分泌が増えたり減ったりを繰り返す「病的に不安定な状態」をバランスが崩れると表現しているだけなのに。
一度切除したらその後増減せず減ったままの状態の動物に対しては言葉が不適切だと早く気づいてください。
言葉が実は不適切だと前提そのものからして間違えて捉えている可能性があるので、
避妊去勢に反対だと言うなら尚更、自分の認識を客観的に見直してから再度ホルモンバランスについてを考えてみるといいですよ。
だって愛犬のために最善だから不妊手術に反対してるんでしょ?
それって揺ぎ無い根拠があるからなんでしょ?
だったらそれが浅きゃ意味ないじゃんよ。しっかりしなさいよ。



今日UP分の記事は別に用意してたのになぁ

posted by あきこ at 15:00 | Comment(12) | 不妊処置−避妊と去勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

チワワの毛色遺伝のデマについて

[毛色] ブログ村キーワード

チワワの毛色遺伝の詳細サイトがそのうち誕生するかと思っていましたが。
やっぱ無理なのか。

・ブラックとブラックタンはまったくの別モノですよ

混同して説明しちゃってる鰤がーと情報をいただいたので。
ちわわのBLKとBLK&TNで考えられる配列

ソリッドブラック@ KB/* Aシリーズは全ての組み合わせ
ソリッドブラックA ky/ky a/a 
ブラックタン    ky/ky at/at のみです。

ソリッドブラックの@とAはおそらく見た目では判別できません。
因子が違うので呼びかたは@は顕性(優性)ブラック、Aは潜性(劣性)ブラックですが、
Aが潜性だから@より薄いとか白っぽいということにはならないはず。

「黒毛」が標準に存在する犬種は、たぶんどちらか一方が基本なんだと思います。
おそらく顕性(優性)ブラックだけ持つほうが多いとも思います。
潜性(劣性)ブラックの有名どころはGシェパとシェルティのバイカラー(黒白の2色)。
(シッパーキ、アメリカンエスキモー、プーリーもっと御用達に書かれていますが、
ワタクシにとってはそれらはモデルさんが側にいないのでよくわかりません)
ポメもそうだけどちわわはポメよりさらにもう1段階許されしカラーが多い犬種なので、
顕潜どちらも犬種内に存在してるっと前から思っております。ワタクシは。

で、それぞれの親犬や子から因子が予想が確定に変わることはありますが、
それを知るために必要なのは実際の犬の情報だけですから、
ブリーダー歴がどうとかはまったく関係ありません。
ちわわの鰤ってほんっと独特な人が湧きますよね。ロングが流行りだして以来ずっと。


・色素遺伝子は常染色体遺伝しかしないはずです

ネコじゃないんだし。
○○色の子が欲しけりゃ父犬が▽▽色で母犬が○○色を選べとか、
ひどいのは「そうじゃないと生まれない」的に書いてありますね。
母犬が▽▽色で父犬が○○色だと子は▽▽色になる〜だって。バカじゃねーの。

たまたまそういうケースが続くことはそりゃあるでしょうが、
常染色体が何なのかをふつうに把握すれば誰にだってわかりそうですが。
カラー遺伝子に相性がある???競馬ゲームのやりすぎだっつの。


て感じで少し事情があって、その流れで他も見てみたくなりまして。ちょっとご紹介。
「チワワの毛色 遺伝」とグーグル先生に聞きました。Q&Aサイト以外です。

ブリーダーのお店CanCanさん
(※URLが長すぎるので表示させずリンクさせています)
あらららら。全体的に無理しすぎです。
合っている箇所はありますが、頓珍漢な箇所が足を引っ張っているのでは。

☆【犬】毛色☆研究会コミュの【研究】チワワの毛色
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4312220&id=48617263
トピ主は知り合い(笑)です。
今となっては更新すべき情報もありますが書き込めば答えてくれますよ。
よかったらどちらさまもどうぞご利用ください。

チワワ専門ブリーダー マダム辻岡さん
なんじゃこりゃ(笑
URLも長い。
マールに関する情報は、残念なことに、間違ってしまわれていますから、あー。気をつけて。
毛色が非公認になったのは疾患のせい(笑)じゃありません。
原産国が雑種疑惑を宣言したからでしょ。

☆La.Noirさん
http://lanoir.web.fc2.com/keiro.htm
上記のマダムを「あほちゃうか?と思える記事」と書かれていてワタクシを笑かします(笑
内容は非常に正しいですしわかりやすいのですがちわわオンリーではないです。

☆Qoon [くーん]さんのちわわの毛色ページの一部
https://qoon.jp/I0002374?page=3
出たなまとめサイト系。
それよりもイイ感じの出だしなのにマダムの意見を参考にしちゃってます。残念。

☆ワンニャンホンポの生体入荷情報!!さんのブログ記事
https://ameblo.jp/air-0309/entry-11472012826.html
たまに引用してくださってますよね。今後もよろしくどうぞ。

☆パス。ってかデタラメひどし。自分の願望を事実と言い張るのは血なんでしょうね。

☆nuthouseさん「レアカラー」
http://www.nuthouse.jp/pg8.html
だからどうしてちわわ鰤はそんなにテキトーなの???なんだその強弱の法則(笑




天界のちわわんたち、力不足でほんとすまん。

posted by あきこ at 20:00 | Comment(0) | 毛色の遺伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

どうでもいい近況報告

あ゛・・・・・・。
せっかく10月はキレイに1日置きに更新してたのに昨日日付け間違ってUPしちゃった。
ざんねん。

ブログの引越しについての後日談です。
引越ししたい主な理由はseesaa標準仕様の機能が段違いにショボくなったからなのですが、
いくつか試した無料ブログはどこも同じで、大元はやふーのSSL化でした(涙
こういうものに詳しい賢い人々は、無いものは無いんだからさっさと諦めろと言います。
はー。
そんなわけで引越しは取りやめの方向に行こうと思います。
更新頻度は相変わらずでしょうけどね。

ブログを始めようとしたとき、seesaaブログを使っている人が近くにいたので、
わからないことがあったら教えてもらえそうって思ってseesaaにしただけだけど、
(何度も親切に教えていただきました。わかみさんには感謝感謝)
特大のサーバートラブルなんかが他のどこよりも多いらしいけど、(笑
まあいいか。
ブログ名は当時犬が3頭だったから。そんな自分のセンスは嫌いです。

-----

こないだね、スマホで電話をしてたんです。
ふつうに手に持っていたつもりなんだけど、なんかちょっと熱い?っと、
スピーカーにしてスマホをテーブルの上に置いてみたんです。

そしたら、どうしてそうなったかはわからないんだけど、ライト機能が点灯してて。
ってかその機能使ったことなかったからどうして点灯しているのかわからない。
通話はまだ終わりそうになかったので、相手に気取られないように気を遣って。(笑

でもスピーカーだと話しにくくて苦手なんですよワタクシ。昔から。
だから手に持って通話して耳が熱くて耐えられなくなったらスピーカーにして、
って20分くらい繰り返し続けました(笑
通話中にライトを消そうとしてあちこちタップなんかしたら、
絶対に電話を切ってしまいそうだったから。
通話終了後になんとか消灯できました。あんなとこにあったのね。

-----

一時期ネット自体から少し離れ気味だったんですよ。
このブログの更新記録見たらわかるでしょうが3年くらい?
特別な意味もないんですけどね。なんとなく。

で、今回先月か先々月から久しぶりに犬の話題のあれこれに触れています。
間を空けたからそう感じるのかもしれませんが、気がついたことは、
保護団体が一気に増えてる。リアルでもネットでも両方。
保護団体のふりをした引取り屋的なアレも一気に湧きだした印象です。

どんなことでもそうですが、ただ数を増やすと困った点も同時に増えますよね。
本人は自分にできる精一杯のことをしています!なんだろうけれど、
悪気無く引き取り屋をやっちゃってる人や団体が目立つなぁとも感じました。

犬の病気について検索をすると、失礼だけどその分野のレベルが低いサイトが上位ヒットする。
これも一気に増えたっとワタクシには思えました。
なんのこと?っと思ったかたは「プードル かかりやすい病気」あたりでググッてみて。
情報商売とか犬販売関係の業者の簡単まとめばっかり。
内容が合ってるならまだしも説明不足で誤解を招くものが多々。多々すぎ。

ちょっと用事があって別の犬種名でも複数検索しようとしたら皆同じで、
10ページくらい進んでも延々とそんなんばっかりみたいです。
半分くらいはネットでライター雇って素人にまとめを書かせるタイプかな?
これもSSL化の影響か〜。あーあ、ですね。



飼い主さんたちにとってヨクナイ傾向だと思う
posted by あきこ at 22:11 | Comment(9) | 犬情報“ググってもカス”問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

誰も彼もが遺伝病をスルーする国

[フレンチブルドッグ] ブログ村キーワード

そういえばこれここのブログで取り上げてませんでしたね。
たいへんたいへん。



ふつうではあり得ない、かなり異常な状態ですからね、これって。
なんてかわいそう。
この犬も母犬のその後も遺伝病てんこ盛りのようですし。

飼い主さんや関係者さんに対して何かをするつもりは一切ありませんし、
悪意があってのことではないと充分理解しているつもりです。
ただ、この状態が正常ではないことがネット上にあまり出ていないようなので、真実を。

このカテゴリの名前は「遺伝性疾患を知ろう」です。



フレブルの新生子は飽きるほど見てきてるんです、ワタクシ

posted by あきこ at 20:21 | Comment(2) | 遺伝性疾患を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

雑種強勢!ミックス犬は丈夫!

[ミックス犬] ブログ村キーワード

あと世界で唯一の存在っ(はぁと)!ってか。
大爆笑ですよねほんとに。

img_7024e302a810e52355f0d86effe36f0c75949.jpg

生後7ヵ月時エナメル質形成不全と診断されたシュナウザーとダックスの雑種
(画像出典;http://diamond.jp/articles/-/97098?page=3

※犬の遺伝性疾患であるエナメル質形成不全に関する当ブログ内の過去記事
2013年07月09日エナメル質形成不全症 http://kotavi2002.seesaa.net/article/368740609.html
2014年02月01日国外遺伝子検査    http://kotavi2002.seesaa.net/article/386726624.html

以下、ブログ村(というブログランキングサイト)の「MIX小型犬」
https://dog.blogmura.com/mixdog_s/ranking_pv.html
に、登録しているブログにおじゃまさせてもらってきました。
「遺伝性疾患」という言葉は見つけられなかったけど。

ヨーキー × ちわわ  膿皮症
マルチーズ × プードル 腎臓病、ほか
プードル × ビションフリーゼ 甲状腺機能低下症、尿結石、ほか
ポメラニアン × プードル 乳歯遺残
マルチーズ × シュナウザー(推定) アトピー性皮膚炎
マルチーズ × ちわわ 僧帽弁閉鎖不全症
マルチーズ × ヨーキー(?) 尿結石、関節炎
ポメラニアン × マルチーズ 片腎、ほか(4歳死亡
マルチーズ × ちわわ パテラ


25件ほどのお宅におじゃました結果です。
1位から25位まででこれ。
しかも基本「病院」とか「病気」のカテゴリがあるお宅のみ。でこれだけの数。

誰も「遺伝性の〜」みたいなことは書かれていませんでした。
ちょっと覗き見しただけだから本当のところはわかりません。
あと、「腎臓病」とか大雑把なのはワタクシの判断も混じっているものもあります。
全部が遺伝病に間違いないなんてもちろん言いません。
犬の遺伝病おたくなHPの管理人目線で見たままがこういう結果になりました。

遺伝性疾患の可能性がとても高い病気を持たされたミックス犬さんたち。
動物病院に連れて行っても獣医師が言わなきゃ飼い主さんは気づくわけがない。
飼い主さんが気づかなきゃ生産者であるブリーダーは知る由もない。
その前にペットショップで売り買いするから元々生産者責任を皆で放棄してる。


ね?

遺伝性疾患で苦しむ犬が

減るわけないでしょ?



mixiでミックス犬が丈夫だなんてウソだから信じちゃダメと、
あれだけ訴えてきたワタクシたちは一体何だったんでしょうね・・。
最初のエナメル質の犬の文章を書いた人があまりにもまともで的確だから、
余計にむなしさを感じてしまいました。
全6ページで先頭はここです。
http://diamond.jp/articles/-/97098

はーあ。



バカに斬り込まれた時よりコタえるわ

posted by あきこ at 20:50 | Comment(0) | 遺伝性疾患を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする